日本の鉄道

懸賞 2011年 01月 06日 懸賞

さっきテレビで
外国と比べて日本の鉄道の優れているところをやってました。

時間に正確
掃除が早い
車体がきれい
シートの座り心地が良い
駅員が親切
乗客が並んで待っている
等々

そういえば、昨日、旭川駅に着いたとき
特急スーパーカムイが1分遅れたことをお詫びされたわよ。
「1分遅れたから取り返しのつかないことになった!
どうしてくれる!」という人、いるかしら。
[PR]

by hamhaha | 2011-01-06 07:58 | たわごと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/14704108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2011-01-06 17:32 x
1分遅れてすみませんなんてー。
イギリスでは5分以内の遅れは定刻扱いだよん。
いつ止まってもいいように、水・食料持参で乗るのだ。

責任感とサービス精神のある日本の鉄道は、安心して乗れますね、すばらしいことです。
Commented by hamhaha at 2011-01-07 01:07
ろきさん、こっちもこんばんは。
日本の優秀な鉄道を視察に来る外国は多いようだけれども
日本の鉄道の優秀さはもちろんハード面もだけれども
人間の心構えという点も多いと思いますよ。
でも、時間厳守をやりすぎると
福知山線脱線事故のようなことも起きるので
ほどほどでいいと思うわ。
1分はお詫びしなくていいかも。
でも、5分はきつい。
日本人は結構タイトな乗り換えスケジュールを組むから、5分遅れると乗り換えられないかも。

イギリス人はきっと、
「必死で間に合わせることがそれほど大事?」と思っているのかも。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< しっぽ狩りするシンリンオオカミ   背中を向けるハムスター >>