函館・五稜郭とカール・レイモン

懸賞 2012年 06月 25日 懸賞

土曜日、急によんどころない用事ができて、函館に行かなくてはならなくなりました。
あわててホテルを予約しようとするとどこも満室!
風呂・トイレ共同の和室の宿とかは空いていましたが、
最低条件としてバストイレ付、ベッド、禁煙ルーム、ネット接続可は譲れない~。
なんとか条件に合ったホテルを予約できました。
古くて小さなホテルで部屋も狭かったですが、スタッフの接客もよく、清潔でよかったです。

土日で函館で「第31回全国城下町シンポジウム」というのが開催されていたようで、
ホテルがどこも何室なのはそのせいだったんですね。
鈴井貴之氏の講演もあるということなので聴きたいなと思いましたが、これもキャンセル待ちで聴けませんでした。
さすがミスター!

日曜日の朝、ホテルから徒歩10分の五稜郭に行きました。
b0014576_2236147.jpg

b0014576_2236117.jpg

とても綺麗な場所ですね。
b0014576_22361750.jpg

朝早かったせいか、ジョギングする方々や犬の散歩をする方々がいました。
藤棚ですが、花は咲いていません。残念です。
b0014576_2236192.jpg

五稜郭は桜の季節もとてもきれいだそうです。
函館奉行所。
b0014576_22362347.jpg

トイレも雰囲気を壊さないようなたたずまいですね。
b0014576_22362624.jpg

ここは事務所だったかしら?
b0014576_22362845.jpg

遠くに見えるは五稜郭タワー。
b0014576_22363194.jpg

そそるネーミングですが、残念ながらすべて売り切れでした。
b0014576_22363698.jpg

函館と言えば、カール・レイモンさんだなぁと思い、チェックアウト後、元町のレイモンハウスへ。
b0014576_22363845.jpg

二階にはカール・レイモン歴史博物館がありました。
旧ドイツに生まれたカール・レイモンさんはソーセージ作りのマイスター。
b0014576_2236422.jpg

日本人の女性と結婚して函館にソーセージのお店を開きます。
戦時中には友好国のドイツ人であるにもかかわらず、スパイ容疑をかけられたりして苦労したそうです。
20年以上前にお亡くなりになりましたが、レイモンさん製法のソーセージはいまも作られています。
1階にはイートインがあるので、ソーセージを食べました。おいしかったわ~。
b0014576_22364080.jpg

[PR]

by hamhaha | 2012-06-25 22:54 | たわごと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/18492276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 佐々木 at 2012-06-26 11:42 x
ソーセージにビール以外の組み合わせは考えた事がなかったので、
牛乳に軽く驚いて二度見しました(いえ、もちろん
何をお飲みになってもいいのです)。
はむははさん、もしまた函館に行く機会があったら
五島軒で「リッチ鴨カレー」をやってみて下さい
(値段が高いのと甘口なので私は食べた事がないんだけど気になっている)。
Commented by hamhaha at 2012-06-27 04:00
マダム佐々木おはようさんです。
お店にはビールも置いていましたが
もちろん、わたくしは迷うことなく「山川牛乳!」と叫びました。
これに卵とサラダを付けると立派な朝食です。

五島軒のリッチ鴨カレーですね。
今上陛下がお召し上がりになったというその味を
食べてみたいですね~。
次はきっと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 函館 元町付近   小雨そぼ降る動物園 >>