ピリカ流離譚

懸賞 2012年 10月 30日 懸賞

まだ日曜日の旭山動物園の続きですよ。
ピリカが檻のそばでターンをしてくれています。
b0014576_524838.jpg

檻のそばだと、近いので、息遣いや匂いが感じられます。
今回はプールに入らなかったけれども、プールに入ると水しぶきもかかります。
この近さが好き。

ルルは基本、寝ていましたが、
目を離したすきになぜかルルとピリカが鼻突き合わせて吠えあっていました。
「ガオー!」
「ガオー!」
b0014576_5241974.jpg

さすが地上最大の肉食獣、大迫力です。
b0014576_5242220.jpg

お互い、緊張のあくびをします。
b0014576_5242717.jpg

その後、何を思ったのか、ルルはピリカのウォーキングコースを邪魔するように座り込みます。
b0014576_5243236.jpg
後ろを気にしていましたので、ピリカを待っているのは確かです。

でも、ピリカはルルの手前で引き返して歩いていました。
b0014576_5243578.jpg
ルルはピリカに構ってほしいのかしら。
かわいいおばさん(ピリカの母のララと姉妹)ですね。

この隙間を見ると心が痛みます。
b0014576_5241246.jpg
ピリカがオスのイワンと同居していた時、イワンにこの隙間に追いやられてしまったとのこと。
かわいいピリカがそんな目に合ってしまうなんて。

ピリカを見ていると「貴種流離譚」という物語のパターンを思い出します。
貴種(神の子、王侯の子などの貴人)が何かの理由で貴人にふさわしい待遇を得られず、各地を放浪します。
源氏物語の「須磨・明石」もこの貴種流離譚のひとつのパターンです。
源氏物語の例から行くと、貴種にはやがて貴種にふさわしい栄華が待っています。
ピリカという貴種(女帝ララ陛下の姫ですもの、貴種中の貴種よ)にも、やがてふさわしい幸せが待っていると信じています。

ピリカの王子様はイワンではないような気がします。
釧路にいるユキオさんはどうかしら、立派な紳士よ。
でも、釧路は産室が一つしかないようだし、ツヨシとピリカの同時出産はできないですね。
悩ましいことです。

まだ若いのに、円山→おびひろ→円山→旭山と移動に次ぐ移動をしているピリカ。
ピリカにふさわしい王子様が現れますように、と、いつも願っています。
b0014576_551491.jpg

[PR]

by hamhaha | 2012-10-30 06:05 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/19384806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2012-10-31 07:01 x
ルルおばさんの障害物、可愛い。
ピリカちゃん、移動が多くて大変だったのね。
近々運命のクマに出会って落着けるといいですね。
Commented by hamhaha at 2012-11-01 06:41
ろきさん、おはようさんです。
ルルおばさん障害、かわいいですね。
構ってほしくて、チラチラ後ろを見ていました。
ピリカはまだ若いのに、メスなのに、移動してばかりです。
パパがママに出会ったように、ピリカにも運命のクマが現れることを祈っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 旭山のシンリンオオカミ   ピリカとかピリカとかピリカとか >>