円山動物園 育つ命

懸賞 2013年 01月 18日 懸賞

1月14日の円山動物園。
ユキヒョウのシジムが外放飼場でくつろいでいました。
b0014576_52554.jpg

この場所の下は床暖になっているそうです。
円山動物園に来たばかりのころ長期間激しく警戒していて
衰弱死かストレス死するのではないかと心配していましたが
これほどリラックスした顔をするようになってよかったです。
b0014576_521529.jpg

円山動物園の新名物のレッサーパンダのなる木。
b0014576_511794.jpg

みんなこっちを見ていなかったのでいい写真がありませんが
かろうじておこちゃま~ず。
b0014576_512176.jpg

哀愁のライラ。
b0014576_512688.jpg
甘えっこのライラが母育児中の一人暮らしと
妹たちとの同居で大人びた顔をするようになりましたね。
母の育児を目の当たりにしていたライラ。
結婚したとき役立ててくださいね。

マレーグマ界の破壊王・ウメキチ。
b0014576_511233.jpg

麻袋を破いていたのかしら?
b0014576_51984.jpg

成体でもかわいいヨウスコウワニの親御さん。
b0014576_504084.jpg
王子動物園のお子様たちは元気でしたよ。

ヨウスコウワニの末っ子たち。
早く大きくおなり。
b0014576_504662.jpg

ガビアルモドキ(マレーガビアル)の成体。
b0014576_505021.jpg

ガビアルモドキ(マレーガビアル)の幼体。
b0014576_505570.jpg
まだまだ追いつくのは大変だね。

シロフクロウの大地。
b0014576_51142.jpg
以前は奥にばかりいましたが最近は前に出てきています。

大地の後妻のアンナ。
b0014576_51459.jpg
いつもながら強力な目力。

柵にピントが合っちゃったけれども
偉大なホッキョクグマ父のデナリ。
b0014576_503493.jpg

昨年は4頭のお子様が生まれましたが
キャンディが生んだ2頭は天国に行ってしまいました。
残念なことですが、生まれたということが大きな第一歩です。
キャンディのブリーディングローンの契約はもうすぐ切れますが
延長はないのでしょうか。

ララが生んだ2頭は元気に生育しています。
公式ブログによりますと、
ララが欲しがるので給餌をしているそうです。
野生ではホッキョグマのメスは春まで絶食して子供を育てますが、
ララは女帝なのでほしいときにエサをもらうようです。

2011年2月のララ・アニマルファミリー通信によると
イコロとキロルが生まれたときはララは育児でげっそりと痩せていて
産後25日目に給餌したそうです。
アイラの時は産後19日目に給餌。
今回は産後何日目だったんでしょうか。
たくさん食べて元気な子に育ててください。
[PR]

by hamhaha | 2013-01-18 05:29 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/19855342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by klooney at 2013-02-01 16:46
ご無沙汰しております。
キナコの訃報にはびっくりいたしました。先週の訪問時に偉大なるオオカミ界の母キナコに黙祷を捧げてきました。
アジアゾーンの春が待ち遠しいですね。
私はもちろんレッサー舎に張り付きでございました^^

Commented by hamhaha at 2013-02-04 06:17
klooneyさん、おはようさんです。
キナコの死はとても悲しいです。
今でも、オオカミ舎に行くのはとても勇気がいります。
キナコは素晴らしい存在でした。
よぼよぼのおばあちゃんになって、老衰で眠るように死んでほしかったです。

アジアゾーンは冬でもレッサーパンダは全開で遊んでいますね。
ビビリのセイタも室内でゆっくりできているようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 療養中   旅立つもの、残されるもの >>