映画 プライドと偏見

懸賞 2013年 10月 10日 懸賞

プライドと偏見 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル

映画「プライドと偏見」をテレビで放映していたので録画してみました。
主役のエリザベスはキーラ・ナイトレイ。
これだけで見たいですね。
原作はジェーン・オースティンという18世紀末から19世紀のイギリスの女性作家の「高慢と偏見」です。

5人の年頃の娘がいるベネット家。
土地があり、召使がいますが、それほどの身分ではありません。
しかも、ベネット家では女には土地の相続権がないので、親戚のコリンズ氏に相続されてしまう予定です。
母は5人の娘をなんとかいいところに嫁がせようと必死です。
当時の女性はいい結婚をするしか生きるすべがなかったのです。

隣りの屋敷にビングリーというお金持ちの男性が引っ越してきます。
ビングリーはダーシーという、これまた金持ちの友人を連れてきます。
ビングリーは素直な好青年ですが、ダーシーは気難しい高慢な男。
ベネット家の次女のエリザベスはダーシーに反感を覚えます。
その後エリザベス達はウィッカムという将校と知り合いますが、
ウィッカムは亡きダーシーの父に約束された聖職をダーシーに邪魔されたと言うので
エリザベスはますますダーシーを嫌います。

ダーシーはビングリーとベネット家長女のジェーンとの恋を邪魔します。
身分違いだし、母や(エリザベス以外の)妹たちに常識がないし、
明らかにジェーンに得な結婚だから(財産狙い)という理由です。


それなのに、ダーシーはエリザベスに求婚します。
「身分違いもあるし、理性にも反しているが、愛しているので結婚してください」
そんなプロポーズで結婚する女がいたらそれこそおかしいでしょう。

エリザベスは求婚を断ります。
呆然とするダーシー。

ベネット家の軽薄な末娘のリディアがウィッカムと駆け落ちしました。
早く二人を結婚させないと、家名にキズが付き、4人の姉たちは結婚できません。
ウィッカムは結婚の条件に莫大な金を要求します。
ダーシーがかなりの金額を出してウィッカムとリディアを結婚させ、丸く収めます。
ウィッカムはダーシーの父が死んだとき、聖職より金をくれと言うような男、
金のためにダーシーの妹と駆け落ちしようとした男だったのです。

そして、ダーシーはビングリーとジェーンの恋の橋渡しもして、ビングリーとジェーンは婚約します。

エリザベスの誤解も解け、ダーシーとエリザベスも婚約します。

ダーシーは根は優しくていい男なのですが、身分を鼻にかけて(無意識だけれども)高慢であったことは間違いないです。
ビングリーとジェーンの恋を邪魔した時も、身分違いなのだから友人ビングリーのためによいことをしたと思っていたのですから。

ダーシーもダーシーの叔母も「身分違い」とか「身分が低い」とかベネット家を見下していますが
ダーシーだって爵位もないんでしょう、おんなじじゃん、と、日本人でしかも北海道民のわたくしは思います。
イギリスの身分制度はそこまで細かく仕切ってあるんでしょうか。

末娘のリディア、「結婚できたの~」と大はしゃぎでしたが
「家名を守りたかったら、娘と結婚してやるから金を出せ」の男と結婚して幸せなんでしょうか。
でも、考えてみれば上には未婚の4人の姉がいたら、普通に待っていても結婚できないかもと思ったのかもしれません。
だから、一か八かの強行手段で結婚にこぎつけたのかもしれませんよ。
何しろ姉たち4人が結婚できないかもしれないという瀬戸際ですから、親も金を出すだろうと踏んだんですね。
今後も意外とたくましく幸せに暮らしていくかも。
しかも「ダーシーさんがお金を出してくれたの、あ、黙っててって言われてたんだ」とさりげなくダーシーの善行をエリザベスに漏らすところなどにくい役どころです。

家のためにエリザベスとコリンズを結婚させようとしていたベネット夫人は鬼に見えたけれども
結婚したリディアが去って「子供と別れるのは辛いわ、捨てられた気分よ」と涙するところは愛情深い母親。
とんちんかんなことをしても、すべて愛する娘のためなのです。

さえないコリンズと結婚するエリザベスの親友シャーロット。
「私には財産も結婚の予定もないわ。もう27歳なのよ、両親の重荷だわ。家と生活が保障されるし、彼となら幸せになれる」と
現実を見つめる姿もリアルですね。

ダーシーと結婚したら、エリザベスは叔母さんにいじめられるだろうなぁ。
でも、かわいいダーシーの妹が味方してくれそうだし、
めでたしめでたしですね。
[PR]

by hamhaha | 2013-10-10 20:19 | たわごと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/21254955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2013-10-11 05:19 x
5人も娘って大変だったでしょうね。女子は財産相続権ないのよね。
お母さんはリディアがひいきだったのかも?性格似てるから(笑)。
年収がみんなにバレているって、すごい世界ですよね。
ダーシーのは中でも桁違い。愛情もお金もゲットできて、よかったわエリザベス。
Commented by hamhaha at 2013-10-11 06:59
ろきさん、おはようさんです。
5人もいいところに嫁がせるって、大変ですねぇ。
父の土地を親戚に相続されるって、理不尽ですよね。
お母さん、そうか、リディアがひいきだったのですね。
リディアの件では寝込んだりしてましたものね。

年収も結婚するときの重要な要素。
当時の女性にとってはそれこそ永久就職ですものね。
シビアにもなるわ。

ダーシー、「君は身分が低いから」と言わなければ
お金持ちだし、誠実だしいい男。
言ったら張り倒してあげなさい、エリザベス。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ジェイン・オースティン 秘められた恋   旅の食事とお土産、富士山静岡空港 >>