幸せのラッピングバス

懸賞 2014年 07月 30日 懸賞

今朝、仕事で小樽に向かう途中、稲穂で信号待ちをしていたところ、目の前を横切ったのはララと双子のラッピングバス。
b0014576_21280507.jpg

b0014576_21280934.jpg

b0014576_21281269.jpg
神様ありがとう、一日の活力がわきました。

ということで、7月13日の発泡スチロール協会のシロクマキャンペーンに戻ります。
円山動物園のララに活魚のプレゼントがありました。
b0014576_21372687.jpg

たくさんのお客さんが集まったので、何かあると気づいたララ。
b0014576_21372965.jpg

お魚の引き渡しとか、挨拶とか、進行していきます。
「早くしてください~」
b0014576_21373233.jpg

ララを隣りの部屋に収容し
b0014576_21373576.jpg

ニジマス数匹とドナルドソン(巨大ニジマス)をプールに放します。
b0014576_21583109.jpg

その後、ララが出てきます。
b0014576_21583537.jpg

ララを収容する場合、二つのパターンがあります。
1.陸部分にごちそうを盛りつけるパターン。
2.活魚をプールに放すパターン。
(両方ありもあります)
ララはパターン1かと思って探し回りますが、ありません。
パターン2だと分かったので、プールに入ります。
瞬時にニジマスをゲット。
b0014576_21583940.jpg

b0014576_21584358.jpg

続けざまにドナルドソンを捕獲します。
b0014576_21584665.jpg

b0014576_21585380.jpg

ウグイなどの小さな魚には手こずりますが、ある程度大きい魚だと楽勝のようです。
さすが、野生の女(動物園生まれだけれども)。
わたくしはここで脱落。

子供たちには発泡スチロール製のシロクマの容器に入ったプレゼントがあったようです。
これはゴミ箱の上に捨ててあった発泡スチロールのシロクマ。
b0014576_21371856.jpg
容器は捨てられる運命ですが、これは持ち帰ってほしかったです。
(多くの子供たちが大事そうに抱きかかえて持ち帰っていました)

[PR]

by hamhaha | 2014-07-30 22:04 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/23060293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2014-07-31 01:01 x
バス可愛い。見られた日はいいことありそうですね。

ララ器用だな。北極なら生活かかってるものね。
発泡スチロールしろくま、もったいないですね。
いらないんならもらうわ、と持ち帰ったりしました?
Commented by hamhaha at 2014-07-31 06:53
ろきさん、おはようさんです。
ラッピングバスを見られるとうれしくなります。

ララの容赦のない狩りを見ると、ララは野生でも生きていけるのではないかと思います。
でも、野生はもっと過酷なんでしょう。
発泡スチロールのクマ、ほしいけれども、
人目を気にしてしまいました・・・・。
(沢山人がいたので・・・・)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< それぞれの過ごし方   夏のオオカミ >>