オラン クロザル チンパンジー だけじゃないよ

懸賞 2014年 09月 10日 懸賞

昨日の朝、会社に行こうと車のところに行くと、壁と車の間に立派なクモの巣ができていて、親指の第一関節までくらいの大きさのクモが中心に鎮座していました。
夜、車を停めてから朝まで、ずっとこの巣を作っていたんだね。
大変な労力だね。

朝顔に つるべとられて もらい水   加賀千代女

という俳句がありますが

クモの巣に 車とられて 徒歩出社    はむはは

ということにはなりません。
わたくしは迷いもなく車に乗り込み、グインと動かし、クモの巣を壊しました。
クモはボンネットにしがみついていましたが、そのうちいなくなりました。
でも、またクモの巣ができているかもしれませんね。


さて、まだ日曜日の円山動物園です。
トップはボルネオオランウータンのハヤト。
b0014576_20135740.jpg

外放飼場に出る前です。母のレンボーが担当さんが来るかずっと見張っていて、その背中に乗っていました。
b0014576_20140133.jpg

外に出てから元気に遊んでいました。
君は歌舞伎役者か。
b0014576_20140391.jpg
ハヤトは4歳になりましたが、今後どうなるのでしょう。
多摩のジプシーさんの血を引くハヤトは日本国内にお嫁を見つけるのは難しいでしょう。
レンボーのように外国からお嫁が来てくれるといいのですが。

母レンボー、アンニュイな朝。
b0014576_20140642.jpg

チンパンジーさんです。
実はわたくしはチンパンジーさんの見分けがつきません。
コユキがお腹にくっつていいるので、ジェーンかな?
b0014576_20150594.jpg

クロザルの夫婦。仲好さそうですね。
b0014576_20152189.jpg
クロザルは凶暴だそうですが、ガーネットはなつこくて可愛いですよ。
浅黄が来てからあまり寄ってこなくなりましたが、
いいの、ガーネットが幸せなら、わたくしはあきらめるわ。(何を?)

おっちゃんこ(北海道弁で座る)するマレーバクのワカバ。
b0014576_20154383.jpg

朝、アムールトラのタツオはしきりに口の中を気にしていました。
b0014576_20155608.jpg

何か挟まっているのでしょうか。
b0014576_20160015.jpg

後で見ると、寝ていましたので、取れたのでしょう。
b0014576_20160580.jpg

ダブルたれパンダ(レッサー)。
b0014576_20164676.jpg

猛禽舎のオオワシ(若鳥)。
なぜ若いと分かるかというと、翼の白いところがまだらだから。
年を重ねると、翼の白いところがくっきりとしてきます。
b0014576_20165395.jpg

ニホンイヌワシの夫婦。
紫雲(しうん)と剰水(せせなぎ)。
b0014576_20165627.jpg

屋台のそばから離れないカラス。
わたくしが近寄ると横跳びで逃げますが飛んでは逃げません。
屋台で獲物を狙っているのですね。
b0014576_20172272.jpg

9月8日は十五夜でした。
ススキが揺れています。
b0014576_20173589.jpg

[PR]

by hamhaha | 2014-09-10 00:09 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/23352691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pecopecopekico at 2014-09-10 06:55
おもろいなぁ~ハムハハさん(^。^)いろいろもろもろ読んでて笑っちゃった!

ハヤト君の今後は気になりますね。赤ちゃんの頃から見ているファンの方たちは尚更、心配でしょうね。

クロザルさん、いい顔してますね~。
Commented by hamhaha at 2014-09-11 05:51
pekicoさん、おはようさんです。
笑ってもらっちゃった~、うれしい~。

ハヤトは、どうなるんでしょうね。
もうそろそろ弟路郎夫婦は次の子を、ということなので
とりあえず一人暮らしかしら。
次の子が生まれたら、どこかに移動するのかしら。
日本全国ほぼ親戚ですからね、移動先も難しいですね。
ずっと円山にいたら父がいる限りアンフランジかなぁ。
と、いろいろ考えます。

クロザル、なかなか印象的な顔つきですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 江戸老舗の甘ものとそのほかの甘もの   くまくま劇場 >>