「もしもあの動物と暮らしたら!?」と「しろくまミルク」

懸賞 2015年 08月 16日 懸賞

もしもあの動物と暮らしたら!?

小菅正夫/新星出版社

undefined

しろくま ミルク (単行本)

釧路市動物園(監修)/KADOKAWA / 角川マガジンズ

undefined

b0014576_08594380.jpg

「しろくまミルク」という本が出るという事だったので、Amazonで予約しましたら、昨日来ました。
釧路市動物園のホッキョクグマ・ミルクの可愛い写真が満載の本です。
各写真一つに一言ミルクが話しています。
「サバたべたい」「ここにあるの知ってる」と、窓をのぞいたり、
「もういらない」とブイを投げて「うそごめん」と言ったり。
よくわからないのが「リストラか・・・」「人間はたいへんだ」「考えても」「考えても」「つらいよね」「わかります」が、んん?

次は「しろくまツヨシ」を出版してください。「世界一可愛いピリカ」でもいいです。

書店に行くと、「北海道コーナー」にいつも行くのですが、「もしもあの動物と暮らしたら!?」という本がありました。
ホッキョクグマやゾウやキリンやライオンなどを飼う場合どうするかという本です。
なぜ北海道コーナーかというと、きっと著者の小菅氏が元旭山動物園の園長さんだからですね。

ジャンボ宝くじ1等に20回くらい当たったら、
ホッキョクグマ放飼場付き住宅を作ってピリカを引き取って暮らしたいので、この本も購入しました。
ホッキョグマの値段、9000万円! 日本平のバニラは6000万円くらいでしたよね、
天王寺のイッちゃんは寄贈だからいくらかは解りませんが・・・、9000万円かぁ・・・。

シンリンオオカミの飼い方が書いていませんね、
わたくし、ジャンボ宝くじ1等に30回くらい当たったらルークも引き取るつもりなので。
次の本でお願いします。

[PR]

by hamhaha | 2015-08-16 09:24 | 動物園 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/24793104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pecopecopekico at 2015-08-16 18:35
うわぁ!!
そりゃ大変だぁ!!!
ホッキョクグマって動物園の中でも施設維持費もろもろ
かなりお金のかかる方に入りそうですね~
夢かないますように(^_-)
Commented by hamhaha at 2015-08-16 18:52
pekicoさん、こんばんは。
ホッキョクグマを飼うには、コンクリート造りの頑丈な
プール付き放飼場をオスメス各1室と、メスには産室を作り、クーラーで室温は25度以下にするそうですよ。
プールは週2回の水替えが必要だそうです。
食事は1頭当たり1日10キロの生肉と3キロのイカナゴとその他野菜や果物。
専任の獣医さんもいるし、ジャンボ宝くじ1等20回じゃ足りないかしら。
でも、可能性はゼロではないわよ!
(限りなくゼロには近いけれども)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 8月16日の円山動物園   世界最高峰! 究極の動物エンタ... >>