今年のララの子供たちと、繁殖能力が証明されているホッキョクグマ

懸賞 2016年 01月 16日 懸賞

ずっとおサボりしていました。
12月と1月は忙しいのですよ。
しかも、長期休みがあるし。
長期休み後のなまった体に鞭打って働いていましたよ。

円山動物園のホッキョクグマ、ポロロとマルルが
それぞれ預託されているとくしま動物園と熊本市動植物園に
1年の預託延長が決まったそうです。
これでとくしま動物園と熊本市動植物園の旅行計画が立てられるわ。

ララの子供たちはあとイコロは動かないと思うし、ツヨシは移動決定。
ピリカとアイラとリラは動かないかなぁ。
問題はキロルよね。
バフィンさんが浜松市動物園に帰って来ると、お留守番のキロルがどうなるか・・・。
キロルは気の小さい子だから、外国にはやらないで欲しいわ。

旭川市旭山動物園でピリカとイワンのお試し同居が始まったとか。
ビリカには相当のストレスのようです・・・・。
イワンはピリカのトラウマなんだから、やめてほしいわ・・・。

今年も繁殖の結果を出せなかったイワン。
旭山動物園の「しいくのにゅーす」によると、次の繁殖シーズンもルルとサツキは繁殖に挑戦するようです。
でも、イワン相手はやめた方がいいと思います。
わたくしは、イワンと「繁殖能力が証明されているオス」の期間限定トレードをしたほうがいいと思います。

「繁殖能力が証明されているオス」ですが、
そのトップが円山動物園のデナリであることは異論がないと思います。
複数のメス(ララとキャンディ)との間に子供をもうけ、ララとの間には8頭もの子供が成長しています。
その上歌って(フオッフオッフオッ)踊れるエンターティナーです。
デナリは日本のホッキョクグマ界の至宝です。
しかし、イワンとのトレードはやめた方がいいと思います。
サツキとは相性が悪いし、ピリカは娘です。

次は、男鹿水族館の豪太。
釧路市動物園のミルクの父、クルミ姐さんにヘッドロックをかけられている姿が愛らしくて印象的です。

その次は日本平動物園のロッシー、バニラとの間に子供が生まれましたが、残念ながら子供は死亡してしまいました。
ロッシーはレニングラード動物園所属なので、トレードは難しいかもしれません。

姫路市立動物園のホクト。
以前、ユキとの間に子供もうけますが、残念ながら子供は死んでしまいました。
ユキは現在「出産があるかも」でおこもり中ですね。
ユキが出産子育ての場合はイワンは姫路に行けませんが。

天王寺動物園所属、現在アドベンチャーワールド在住のゴーゴ。
ゴーゴはオホトさんとペアを組むのが決定しています。

こうしてみると繁殖に成功しているのはデナリ以外はロシア出身ですね~。

わたくしはね、ピリカが素敵な婿と巡り合えたらそれでいいです。
b0014576_10490080.jpg

[PR]

by hamhaha | 2016-01-16 10:53 | 動物園 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/25272385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2016-01-17 06:11 x
昔見たドキュメンタリーで、雌のオランウータンだったかに写真で好きな雄を選ばせたら、結果とても相性が良かったです。子供にも恵まれた。
クマさんは写真では無理かもですが、なんとか気にいる相手を探してあげたいですよね。
ロシアは野生出身も多いけど、まず人間との交渉が大変そう。

忙しいときはよく寝てくださいね~。
Commented by hamhaha at 2016-01-17 14:12
> ろきさん
こんにちは。
オランウータンのお見合い写真作戦、素敵ですね。
やっぱり好みはありますものね。

ホッキョクグマは動く映像を実物大で見せたらどうかしら、
ニオイも重要なので、ニオイ付きで。

ろきさん、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチに言ってくださいな。
ピリカのために5.6頭、イケメンのホッキョクグマを送ってって。
ピリカとアイラとポロロとマルルが気に入ったのだけもらって残りは返すから。
キロルの嫁も頼みますよ、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ。
ついでに北方領土も返してね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 久しぶりのタツオと、まだ遠いル...   オオカミ・パンダ・オランウータン >>