シャーロック 忌まわしき花嫁

懸賞 2016年 03月 03日 懸賞

b0014576_22245867.jpg

「シャーロック 忌まわしき花嫁」を映画館に見に行きました~。
映画館でしおりをもろた~。
ベネディクト・カンバーバッチ主演のテレビシリーズ「シャーロック」の番外編の劇場公開です。
ベネディクト・カンバーバッチと言えばシャーロック・ホームズ!
シャーロック・ホームズと言えは、ジェレミー・ブレット!(あれ?)

わたくしはベネディクト・カンバーバッチは「シャーロック」以外は「アメイジング・グレイス」の小ピットしか見ていないです。

わたくしは映画やテレビドラマはネタバレで書く主義ですが、
これはテレビシリーズを楽しみにしている方々がうっかり見てしまわないようにネタバレはしません。

まず特典映像の「脚本家スティーヴン・モファットと巡るベーカー街221Bの旅」
脚本家や美術担当のこだわりについて、ちょっとマニアックに説明していました。
スリッパにタバコの葉を入れていたのね~。

次に本編。
なぜかヴィクトリア朝のロンドン。
配役は現代版と同じです。
馬車からワトソンが新聞の辻売りに声をかけます。
ワトソンが発表している小説「シャーロック・ホームズ」の評判は良いようです。
下宿先の女主人・ハドソン夫人はその小説に不満です。
自分のセリフがないからです。
つんけんしているハドソン夫人を見て、シャーロックがワトソンに耳打ちします。
「(ハドソン夫人に)セリフを与えろ、飢え死にする!」
わはは、シャーロックの胃袋を支配しているのはハドソン夫人ですものね~。

レストレード警部がシャーロックを訪ねてきます。
奇妙な事件があったからです。
リコレッティ夫人のエミリアが花嫁衣裳を着てバルコニーから二丁の拳銃を通りに向かって乱射しました。
通りの人々は逃げまどいます。
そして、エミリアは銃口を自分の口に向けて発砲、自殺します。
しかし、その夜、エミリアの夫のリコレッテイ氏がエミリアによって射殺されるのです。
エミリアは死んでいるのに、なぜ?
幽霊か?

いいんじゃないかな、幽霊の仕業ってことで。
レ・ファニュだったらそうするわよ。
でも、これはゴシック・ホラーではなく「シャーロック」です。そうはいきません。

シャーロックとワトソンは死体安置場に急ぎます。
そこにはたしかに死んだエミリアの死体がちゃんとあります。
死体安置場には、検死官のフーパーがいます。
フーパーももちろん現代版と同じ配役です。
そう、あのシャーロックにこき使われて、甘え倒されて、それなのに
「彼女は普通の男性と結婚すべき」とかシャーロックに言われちゃうモリーちゃんです。
ヴィクトリア朝のモリーちゃんは、付け髭をつけて男装し、検死官として働いているのです。
ワトソンはモリーちゃんを女性と見抜いていますが、シャーロックは気づかなかったようです。
シャーロック、人並み外れた観察眼はどうした~。

と、ストーリーはこの辺しておきます。

ヴィとクリア朝バージョンのマイクロフトがインパクトありますね。
そう来るか~。
この人、本当に脚本家?

シャーロックが飲まず食わずで瞑想しているとき、新聞記者たちがシャーロックを取材しようと押しかけます。
勝手にやってきて、ハドソン夫人の平安を乱す記者たちなど放っておけばいいのに。
「(記者たちに)お茶を淹れるのが大変」とハドソン夫人は愚痴ります。
「なぜお茶を出すのです?」
「なんとなく・・・」
本当に優しい方だわ、ハドソン夫人。

いろいろ考えられていて、楽しく本編を見ることができました。

本編の後には特典映像その2の「シャーロック製作の裏側~主要キャスト・スタッフとともに」です。
どこでロケしたいかキャストに訊いて行きますが
カンバーバッチは「ニューヨーク、東京・・・北京も・・・」
と、次々とあげていきます。世界中のファンに気を使ったのでしょうね。
ハドソン夫人は「家族がいるスペイン!」と答えています。
そして、冷静なスタッフが「リゾート地にロケに行っても遊べるわけではありませんから無意味です」と言っています。
そうよね、忙しいよね。
かえってリゾートで遊んでいる人たちを横目に仕事をする方がストレスがたまりそう~。
映画が終わってパンフレットを買おうと思ったら、「製作していません」とのこと。
テレビシリーズですからね~、作ってないわね。でもあったらよかったのに、残念。

[PR]

by hamhaha | 2016-03-03 00:01 | たわごと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/25440505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2016-03-03 02:10 x
おお、映画館という手がありましたか。
わたしはマイクロフト・ファンなので、あれ見て叫んじゃったわ~(笑)。

俳優もスタッフも優秀だから、クオリティを維持できるのでしょうね。
スペシャルでない、次のシリーズが早く見たいです。
Commented by hamhaha at 2016-03-03 07:57
> ろきさん
こっちもおはようさんです。

映画館で公開していました~。
マイクロフト、ひねってきましたね~。
「5年もたない」「3年かと思った」「4年だ」と、不謹慎な会話もいいですね。

次のシリーズ、イギリスがまだなら、日本はもっと先ですね。
待ち遠しいわ~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 全国うまいもの大会2016その2   ツヨシ、お疲れさま >>