旭山動物園のピリカ2016年3月

懸賞 2016年 03月 24日 懸賞

よこはま動物園ズーラシアで、
ホッキョクグマのツヨシが無事元気な姿を見せてくれたようです。
ツヨシの報道に「メスなのにツヨシ」や「メスだけどツヨシ」というフレーズが飛び交っていて、
よほど違和感があるのねと思いましたよ。
最初は男の子だと思われていたのですよね。
妹のピリカも最初は男の子と思われていましたが
姉ツヨシ同様メスと確認されました。

3月20日は久しぶりに旭山動物園に行きましたよ。
冬はね、大雪でJRが止まるかもしれないので、なかなか旭川に行く勇気がないのですよ。
今年はそれほど雪は降らなかったけれども。
3月でもう雪で列車が止まる心配がないと思いますので、行きました。

お客さんが多かったわ~。
開園前に西門にお客さんがとぐろを巻いていましたからね。
正門を待つお客さんより多かったように見えましたよ。
どこかのガイドブックが書いたのかもしれませんね、
冬はととりの村が開いていないので、正門から入ると動物まで遠いから
西門から入った方が長く歩かなくていいと。
かなり遅れて西門から入園。
ホッキョクグマ館に行っても先にたくさんのお客さんがいました。

わたくしの目的はもちろん世界一可愛いピリカですよ。
いました、可愛いピリカです。
b0014576_06263039.jpg

b0014576_06261300.jpg

何かを気にしています。
b0014576_06262138.jpg

しょっぱい顔。
b0014576_06262415.jpg

原因はこのイワンです。
ピリカはイワンと同居させられていました。
イワンはガラス窓や檻やプールのある方を常同で歩いていまして、
ピリカをそれをさけるように外側を歩いていました。

イワンは檻の前にぐ~っと近づき、お客さんたち(わたくし以外)が
「おお~っ!」「大きい~っ!」と、感嘆する様子を確かめていました。
b0014576_06263437.jpg
時折プールに飛び込んで、水しぶきを浴びた(または浴びそうになった)お客さんがキャーキャー騒ぐのを満足げに見ていました。

オスのホッキョクグマは相手が人間でもいいから認められたいという気持ちがあるのかもしれません。
浜松のキロルは何かするたびにいちいちお客さんの反応を確認しますし、
アドベンの11歳大人のオス(ゴーゴ)も人間を驚かせて遊んでいました。
本来ならメスをめぐって他のオスと争わなければならない立場のオスですから、
もしかして、人間で代用しているのかもしれません。
イワンは「見て見てピリカちゃん、オレ、最強でしょ~」とアピールしているのかも。

ピリカはあからさまにイワンを避けていまして、イワンと逆方向に常同歩きをしていました。
b0014576_06275642.jpg

時折、イワンが立ち止まって、ピリカが歩いてくるのを待つのですが、
それに気づいたピリカは口をとがらせて威嚇の声を出し、逃げます。
イワンがいるので、プールにも行けないし、ピンクのボビンで遊ぶこともできません。
常同の合間に少しずつボビンを自分のほうに引き寄せるピリカ。
b0014576_06275973.jpg

それに気づいたイワンがボビンを取り上げます。
b0014576_06280270.jpg

もう気が気じゃなくて、わたくしは、ほとんど他の場所に行くことができませんでしたよ。
1時、室内で何か音がしたのか、イワンが室内に入る扉を気にします。
ピリカはルルおばさんが出で来るはずの扉の前でスタンバイ。
b0014576_06280603.jpg

でも、扉が開かなくて、イワンが「ピリカちゃん、そっちはどう」と近づくと
ピリカは大声で威嚇してイワンを下がらせます。
ピリカとイワンを初めて見るらしいお客さんも
「あの白いの(ピリカ)が大きいの(イワン)から逃げて動いているんだ」とお連れさんに説明していましたので、
誰が見ても明らかにピリカはイワンを避けていました。
1時半に扉があいて、イワン退場。
b0014576_06281060.jpg

奥の扉からルルおばさんが出てくると、ピリカ大喜び。
b0014576_06281521.jpg

ピリカはイワンがいなくなったので、心置きなくプールでボビンで遊んだり、
b0014576_06290441.jpg

床スリスリをしたりしていました。
b0014576_06291364.jpg


ルルものびのび。
b0014576_06285945.jpg

ルルおばさんに見守られてプール遊びをするピリカ。
b0014576_06292830.jpg

でも、わたくしはタイムアップでここで離脱。
ピリカが楽しそうに遊ぶのをほとんど見ることができませんでした。
イワンのバカ~!(byトルストイ)

ピリカが気になってあまりサツキのほうに行けませんでしたが、さっちゃんももちろん可愛かったですよ。
b0014576_06293331.jpg

なんだか、子供のような表情ですね。
さっちゃんに幸あれ。
b0014576_06290983.jpg

アドベンの有望カップルに繁殖行動があったそうですね。
期待できますね。
生まれるのはゴーゴ・ジュニア(オス)か
オホト・ジュニア(メス)か、楽しみ~。

[PR]

by hamhaha | 2016-03-24 06:36 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/25562487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pecopecopekico at 2016-03-24 12:02
わぁ・・なんだか切ないですね(>_<)
ピリカちゃんはそんなにイワンが気に入らないの??
ルルさんが出てきたらノビノビ楽しそうにしてるなんて、あ~上手いこといけばいいのに~
Commented by hamhaha at 2016-03-24 20:21
> pecopecopekicoさん
こんばんは。

イワンとピリカが仲良くなったといううわさもあるようですが、
わたくしが見る限り、ピリカはイワンを避けています。

ピリカは遊びたい気分なのに、イワンがちょっかいをかけてきて
おちおち遊んでいられないのでいやなのかもしれませんね。

わたくしは、イワンを修行の旅に出したほうがいいと思うのですが、
たぶんしないでしょう。

ルルは大人なので、ピリカは安心して甘えられるのだと思います。
Commented by ろき at 2016-03-27 07:50 x
やっぱり相性よくないみたいですね。
生理的にダメ、DNAレベルで合わないと感じているのなら、無理はいけませんね。

スコットランドのヴィクトリアとアルクトスはお互い一目惚れだったそうですよ。
そういう幸運は飼育下では珍しいですよね。
ピリカにもいいお相手が見つかるように祈ってます。
Commented by hamhaha at 2016-03-27 11:07
> ろきさん
こんにちは。

ピリカもイワンも甘えっこだから、お互い甘えられなくていやなのかも。

一目ぼれ! いい響きだわ、運命ですね。
いい相手に巡り合えて、よかったね~。

ピリカにも運命の相手を!

イワンは、修行の旅に出ていい男になっておいで。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 改革に期待   帯広のお食事と北海道新幹線グッズ >>