ホッキョクグマ 生態と行動の完全ガイド

懸賞 2016年 07月 14日 懸賞

ホッキョクグマ: 生態と行動の完全ガイド

アンドリュー・E. デロシェール/東京大学出版会

undefined


アマゾンで買った本です。
ホッキョクグマの専門家が書いた本のようですが
いったい誰に向けて書いた本なのだろうと思いつつ読んでいました。
とても詳しくホッキョクグマの事を書いてありますが、
研究者向けにしてはあまりに基本的すぎるので、たぶん研究者ではなく一般の人向けに書かれています。
大変ためになることを書いていますが、いかんせん、本が重すぎるので持ち歩くことができず、寝る前に少しずつ読んでいました。

ホッキョクグマは北極圏の19の地域の個体群からなり、
基本的には生まれた個体群から離れることはないそうです。
ホッキョクグマは海上の氷なくしては生きていけないように高度に進化した動物であり、
氷がなくては絶滅してしまう危険性があるそうです。

ホッキョクグマは、地球温暖化の氷の減少で生活を脅かされていて
北極の開発、餌が有害物質に汚染されていることからくる有害物質曝露など厳しい状況だそうです。

ホッキョクグマはえさによってはタールのようなフンをすることがあるそうで
研究スタッフの一人がそのタール状のフンを浴びせられたという記述がありましたが
そんなに近くにいたのかと驚きました。

著者はホッキョクグマの母乳も飲んだことがあるそうで、粉っぽく魚のような香りだとか。
研究者というのはマニアですね。

成長過程でメスは子供を産む準備のためにそれほど成長しなくなりますが、
オスは母から離れても成長し続けるそうですよ。
メスは子供を産む準備をするために子供の時からちゃんと栄養を摂らないとね。

ホッキョクグマの環境を守るために温暖化ストップを呼びかけたい本なのかもしれませんが
価格が9600円(税別)は、なかなか気軽に買える本ではないですね。
でも、買って損はない本です。

写真はかわいいピリカちゃんです。

b0014576_16002228.jpg

[PR]

by hamhaha | 2016-07-14 07:09 | 動物 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/26011390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2016-07-15 23:54 x
お高いのね。気軽には買えませんね。
各地の図書館で置いてくれるといいですね。
リラがけっこう大きくなってるのにまだ飲んでいる母乳、魚っぽい香りなんですか~。
Commented by hamhaha at 2016-07-16 06:03
> ろきさん
おはようさんです。
買う前に何か月も悩みました。
我慢できずにとうとう買ってしまいました。
とてもいい本なので、買ってよかったと思います。
図書館に置いてほしいですね。

リラがお魚を初めて食べたときに
「ママのおっぱいの香り~」とおもったかも。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ウッチー一周忌   歩いても歩いても >>