7月18日の釧路市動物園のキロル

懸賞 2016年 08月 10日 懸賞

ずっと延期されていた釧路市動物園のホッキョクグマのキロルの定時飼育展示が8月6日に始まりました。
よかった、よかった。

さて、7月18日の釧路市動物園、続きです。
14時ちかくに、キロルが登場しました。
b0014576_20394773.jpg

何かに警戒しているのかな、ゆっくり出てきます。
b0014576_20395257.jpg

おやつをもらいました。
b0014576_20395669.jpg

うまうま。
b0014576_20400020.jpg

リンゴもうまうま。
b0014576_20403145.jpg

お上品に手に乗せて。
b0014576_20403510.jpg

美味しかった~。
b0014576_20404013.jpg

美味しかったよ、とカメラ目線で報告してくれました。
b0014576_20404833.jpg
「キロル、もっとちょうだいは?」というと、一度だけ頭を抱えるように顔を撫でました。
顔を撫でまわすのは、キロルの「もっとちょうだい」です。
キバに前肢のツメを引っかけて肉球を見せる、という、ララの「ください」ポーズは
高等技術なのでマネしづらいというのは解りますが
どうしてキロルの「顔を撫でまわす」に変化したのか、不思議です。

プールから出て、背中をごしごし。
b0014576_20405263.jpg

キロルの新しい楽しみ、砂場でごろごろ。
b0014576_20405687.jpg

ごろごろ。
b0014576_20410088.jpg

クロクマの出来上がり。
b0014576_20410513.jpg

クロクマがうろうろ。
b0014576_20411029.jpg

プールに入るとシロクマに早変わり。
b0014576_20411462.jpg

キロルに会えでよかったわ。

釧路で会ったキロルは戸惑っているように見えました。不安そうな顔もしていました。

釧路に移動したことで、キロルにとってとても変化したことがいろいろあります。

まず、気候の変化。
生まれ故郷の北海道とはいえ、札幌と釧路の気候は少し違います、そして5年間で慣れた浜松の気候とも違います。

スタッフ、食べ物、生活環境の変化。
生活スペースも、スタッフも、食べ物も浜松とは違います。キロルがよくもらっていたアジなどは釧路では出ないと思います。
世話の順序や世話のやり方などの細かいところも違うと思います。

そしてお隣の美少女、5年間見ることのなかったホッキョクグマがすぐそばにいます。
それも、ララやイコロと違い、会ったことのないくまです。

たぶん、キロルが一番驚いたのが交代展示。
キロルは他のくまと時間で放飼場をシェアするという交代展示を体験したことがありません。
生まれて初めてです。

これらのことがいっぺんにキロルに起こりました。
キロルは気の小さい、変化を好まないくまです。
一度にこれだけのことが起こるのはキロルにとってとても大変なことです。
キロルは混乱し、不安になり、どうしていいかわからなくなります。

キロちゃんがいろいろなことに本当に慣れるまで数年かかると思います。
ツヨシは、ユキオは、ミルクは、すぐに覚えた、と言うのは無意味です。
キロちゃんにはキロちゃんのペースがあります。
キロちゃんは、不安だと不安で頭がいっぱいになってほかのことを受け入れるスペースがなくなるのです。

円山動物園のホッキョクグマの担当さんが飼育員カフェかな?でお話されていたことですが、
キャンディが当初心を開かなかったのです。
それで、ただじっとキャンディのそばにいる、ということをやってみたそうです。
そういうことを繰り返すと、キャンディの態度に変化があり、今はとてもいい関係とか。
できればキロちゃんにもそういったことをしてあげてもらいたいです。
キロちゃんは、自分が愛されているかということに敏感です。
とても気が小さいので、愛されていないと不安なんです。

キロルが浜松市動物園にいたときですが、
わたくしは浜松市動物園に行くと、ほとんどの時間をキロルのそばで過ごしました。
キロルは近くに居座っている人間がいると気づくのでしょう。
檻のそばにいないとわざと大きな音を立てて呼ぶ、という事をしました。
そして、「見てる?」「見てる?」と確かめるのです。
キロル大好きさんが来ているときもやっていましたので、呼んでいるのだと思います。

今回釧路市動物園に行ったときも、キロルはわたくしが檻に張り付いているのは解っていたと思います。
足に血豆ができて痛かったのでベンチに座っていたら
キロちゃんが飛び込む音がしたので呼んでいるのかなと思って
足を引きずって檻のそばに行きました。

キロルは気が小さくて繊細なのです。
キロルが安定している状態だと、天真爛漫なかわいいくまになるのです。

めんどうなくまと思わないでください。
キロちゃんは、驚くほどデナリにそっくりな性格をしています。
つまり、キロちゃんは、デナリのように日本一のパパになる素質があるという事です。
キロちゃんが日本一のパパということは、そのパートナーのミルクは日本一のママということです。

キロちゃんが精神的に不安定なままだと、キロちゃんの才能を発揮できないので、
キロちゃんが不安に思わないように、うんと話しかけてうんと愛してあげてください。
よろしくお願いします。

・・・読み返してみると、かなりイタイおばさんのたわごとですね・・・。

[PR]

by hamhaha | 2016-08-10 21:22 | 釧路市動物園 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/26097341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-08-11 07:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pecopecopekico at 2016-08-11 16:55
はむははさ~ん、泣けてくるくらい分かるよ、その気持ち
もちろん、キロルのことはワタシは何も知らないけど、
何の動物に対しても動物園や水族館で飼われている以上、負担を負うのは動物の方だもん。
早く慣れて安心して暮らせるようになるといいね。
Commented by hamhaha at 2016-08-11 22:08
> カギコメさん
ありがとうございます。体調は良くなりました。
ついキロルの事で熱く語ってしまいました。
気持ちをわかってくださって、とてもうれしいです。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by hamhaha at 2016-08-11 22:17
> pecopecopekicoさん
こんばんは~。
つい長く書いてしまいました。

どこの動物園でも、移動などはありますが、
動物に「いついつどこどこの動物園にこれこれの目的で行くんだよ」と説明できないので
動物にとっては「いったい何事が起ったの?」ですよね。
すぐに慣れて楽しく生活する動物もいる一方で
ショックで命を落とす動物もいます。
動物によっても、個体によってもさまざまですね。

キロルにも安心して楽しく暮らせるように、早く慣れてほしいと願います。
Commented by ろき at 2016-08-12 05:12 x
キロルくんまだ戸惑っているんですねー。説明できないから辛い。
でもはむははさんのような優しい人間たちがいるから、ゆっくり慣れて安心してくれるでしょう。
また行ってあげてくださいね。
Commented by hamhaha at 2016-08-12 23:08
> ろきさん
こんばんは。
うん、まだ不安そうでした。
キロちゃんが慣れる時間というのは年単位だからしかたがないですが。
たくさんの人たちがキロちゃんを愛してくれれば慣れるのも早いと思います。

また行きますよ~。
体験上、1年以上会わないと、キロちゃんに忘れられます・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 釧路市動物園、ホッキョクグマ劇場。   7月18日の釧路市動物園のミルク >>