ばんえい競馬

懸賞 2006年 12月 03日 懸賞

北海道には「ばんえい競馬」という競馬がある。b0014576_15563.jpg
「ばんえい」は「輓曳」と書き、鉄製のそりを曳いて障害物を乗り越えていく。
ばんえい競馬の馬は「ばんば馬」と呼ばれるフランスが原産という農耕馬で、
ごつくて太くて力持ち、サラブレッドと同じ馬とは思えないほどがっちり体型だ。
実家にばんば馬の蹄鉄があるが、子供の顔が入るほど大きい。
重いそりを曳いて競争するのでサラブレッドのように軽やかに駆け抜けるというのはない。
「うんしょ、うんしょ」と少しずつ動いていく。
重いそりを曳く馬はたくましく、力強い。
スピード感はないけれども、働く馬の頼もしさを感じ、感動を覚える。
わたしの実家の町は「ばんえい競馬」の開催地のひとつである岩見沢市に近いので
知り合いには「ばんば馬」のオーナーもいる。

その「ばんえい競馬」が、本年度を最後に廃止されることが決まった。
財政上の理由だ。

「ばんえい競馬」を愛する人々が、今、存続運動をしている。
財政上の理由なので、存続は難しいかもしれないけれども
なくなってしまうのはさびしい気がする。

写真は、将来ばんば馬になるはずだった馬(の失敗写真)。
将来、レースに出れるといいね。
[PR]

by hamhaha | 2006-12-03 02:03 | たわごと | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/6134285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Loki at 2006-12-03 06:39 x
はむははさん、こんにちはー。
「ばんえい競馬」廃止されるんですか、ファンは淋しいでしょう。
私は一度も見たことないや。
重い荷物を牽いて競走する馬は、楽しいんだろうか。
人間の声援も浴びるし、けっこう嬉しいのかも、だったらまた走れるといいね~。
Commented by hamhaha at 2006-12-03 17:22
ロキさん、こんばんは。
ロキさん、地元だったのに見たことがなかったんですね。
未成年だったから馬券は買えないか。

確かに重くて苦しいから、大変ね。
人も動物も必要とされるというのはうれしいことですね。
サラブレッドも一番で駆け抜けると声援を受けてうれしいそうですから
ばんば馬もうれしいんじゃないかしら。
レースがなくなると馬たちはどうなるんだろうと
まったく関係ないわたしたちも心配しています。
Commented by 墓穴 at 2006-12-07 15:07 x
遅れましたが、ばんえい競馬話しに聞いていただけにかなり残念。
ちょっと前にニュースで聞いてたけど、一度見たかったです。
障害のレースも少なくなってるし、寂しいですねぇ。
うちの近くの競輪場も廃止とか言われてるし・・・。

でもご実家が近いってのが羨ましいです。
Commented by hamhaha at 2006-12-07 22:03
墓穴さん、こんばんは。
ばんば馬って、貴族的なサラブレッドと違ってずんぐりしていますが
そのずんぐり加減が頼もしく思えるんですよ。
でも、地味だから財政難らしいです。
北海道独特の競馬というのもネックらしいです。

いろいろな人が署名運動をしたり連絡所を作ったりして
存続運動をしています。
墓穴さんが北海道に来たときにやってたらいいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< きのう   秘密兵器登場 >>