ハナタレ世界ジャンボリー

懸賞 2007年 10月 23日 懸賞

少し話題は古くなりますが、北海道テレビ放送の番組、「ハナタレナックス」で、
リーダー森崎さんと大泉さん、そして、「ハナタレスカウト」には欠かせない北野さん
(日本ボーイスカウト北海道連盟常任理事)が英国に行きました。
4年に1度行われる、全世界のボーイスカウトの集う祭典、「世界ジャンボリー」に参加するためです。
今年はボーイスカウト創始100周年という記念のジャンボリーだそうです。
開催地はエセックス州チェルムスフォード、ハンライズパーク。
155の国と地域から4万人が集まって、キャンプをしながらいろいろな催しをしました。
リーダーや大泉さんも、楽しそうに火起しやシーソーやカタパルトに参加していました。

次の日、二人は方向音痴のドライバー・ダニエルとともに、
迷いに迷ってノーフォーク州ゲートレイにたどり着き、ファームスティで、イギリスの牧場を体験しました。
b0014576_22303277.jpg

牧場のひつじの大群をみて、わたしは「ここでジンギスカン屋を開いたら材料には不自由しないなぁ」と考えましたよ。
でも、客には不自由しそう。
リーダーは牧場を駆け回って牛を蹴散らし(?)大泉さんは得意(?)の料理を披露しました。
大泉さんが作る料理(肉じゃがとスープカレー)に、その牧場の子供のトーマスが、目を大きく見開いて「ブリリアント!」「グレイトシェフ!」と叫ぶのが可愛かったわ。
サムファーという野菜が出ていたけれども、食べてみたいですね。

次に向かったのが、ストラトフォード・アポン・エイボン(シェークスピアの出身地)の運河。
ナローボートという細長いボートでゆったりと移動します。
このボートステキ!運河が道路や線路の上を越えたりするのよ、面白い。
わたしもこのボートでゆっくり旅行したいわ~。
気に入ったわ、イギリスに行ったら、是非乗りたいねナローボート!(いつ行くのよ)

地方ばかりを選んだせいか、「イギリスはとても広い」という印象をもちました。
イギリス、島国よね、日本より面積がちいさいでしょう。
でも、ゆったり広々しているなぁと思いました。
ロンドン等、都会はまた違う印象なんでしょうけれどもね。
ロンドンと言えば、大英博物館に行きたいなぁ。
イギリスに行くなんてなかなか出来ないけれども、行ったつもりになれて、とても楽しめました。
[PR]

by hamhaha | 2007-10-23 22:33 | たわごと | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/7615642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Loki at 2007-10-24 03:54 x
ナローボート楽しいよー。
操縦はお任せください(大丈夫か?)
いつかぜひ本場で体験してくださいね。
Commented by hamhaha at 2007-10-24 06:48
ロキさん、おはようさんです。
ナローボート、楽しそうですよねぇ。
じゃ、操縦は任せた!
わたしは水門を開ける係になろう。
(出来るのか?)
いつかゆっくり体験したいですね。
Commented by ナローボーター at 2007-10-26 15:02 x
はじめまして。

ナローボートの旅は楽しいですよ!
ちなみに「ハナタレ」に出ていたボートのオーナーは
私の友人でして(^^;

私は北海道在住じゃないので、
札幌の方に頼んで録画していただきました。
Commented by hamhaha at 2007-10-26 22:19
ナローポーターさん、ようこそいらっしゃいまし。
あの、ほがらかなご夫婦のご友人ですか。
ナローボート、初めて知りました。面白そうですね。
いつかイギリスに行ったときは
あのご夫婦のボートに乗せていただきたいわ。
スコーンにブラックベリージャムとクロテッドクリームをのせて
お茶を楽しみたいですね。
今後、北海道からのお客が増えるかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< マイブームなハムスター   冬支度なハムスター >>