漢字の数

懸賞 2008年 01月 11日 懸賞

またも漢字の話を。

わたしが昔、北京に短期語学留学をしていたとき、
とあるアメリカ人学生(仮にジョンと呼ぼう)に訊かれた。
「漢字って、いったいいくつあるの?」
「はあぁ~?」
わたしと中国人学生(張くんと呼ぼうかな)は顔を見合わせた。

ジョンはアルファベット26文字で間に合う国の人だ。
だが、中国語を学ぶと、漢字という面倒なものを覚えなくてはならない。
覚えても覚えても次から次と覚えなくてはならない漢字が出てくる。
漢字っていったいいくつあるんだ~。
どこにも漢字の数が書いてないぞ~、というジョンの素朴な疑問だったようだ。

だが、中国人も日本人も、漢字がいくつあるかなんてどうでもいい。
自分たちが使う分だけ覚えればいいと思っている。
知らない漢字が出てきても驚かない。
第一、漢字には正字、異体字などがあり、則天文字なども作られ、
日本で変化した漢字、現代中国語の簡体字、繁体字といろいろなバリエーションもある。
数を数えようなんて気にはならない。数える必要もない。
b0014576_21385813.jpg
だが、26文字文化圏のジョンは承知しない。
ジョンにとって文字は有限(しかも覚えきれる数)なのだ。

さあ早く答えろという顔つきのジョンに答えなくてはならない。
ええっと、確か漢和辞典に書いてあったな。
「・・・・何万って数かな?」と、わたしは答えた。
「そうだね、何万だね」とすまし顔の張くん。
ジョン絶句。
「・・・・・・何・・・・・・?」
百の単位で言われることは覚悟していたようだが、よもや万という単位が出るとは思わなかったらしい。
「でもっ!君たち、何万という数の漢字を全部わかっているわけではないんだろう?」
と、ジョンが反論。
むっ、立ち直りの早い奴め。
しかも、どうして「全部」にこだわるんだ。
「全部は覚えてないけれども、8割方は読めるんじゃないかな」と、はったりを言うわたし。
「そうだね、そのくらいは読める」と、同調する張くん。
「8割方・・・」と、またもショックを受けるジョン。
ジョン、君は気づかなかったね。わたしが「読める」と言ったことを。
漢字は偏旁冠脚(へんやつくりの構成要素)というものがあり、
たいていの漢字は「つくり」のほうの発音をしとくと、だいたいあたっているのだ。
意味はわからなくても。
それを知らないジョンはしばらく茫然としていた。
だが、立ち直りの早いジョンはまたも顔を上げた。
何とかなるだろうと楽観視したらしい。

「日本語も漢字を使うって言ってたよね。
中国語をマスターしたら、次は日本語を学ぶよ」
さすがアメリカ人、不屈の精神だ。(?)
だが、わたしは追い討ちをかける。
「日本語は漢字だけではなく、ひらがなかたかなという文字も使うよ」
「その文字は全部でいくつあるの?」(「全部」にこだわる男、ジョン)
「それぞれ、50弱」
「・・・・・・」
その後、ジョンが日本語を学んだかどうかは定かではない。
ああ、日本人に生まれてよかった~。
[PR]

by hamhaha | 2008-01-11 20:48 | たわごと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/7926863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2008-01-12 07:30 x
かわいそうなジョン(仮名)、システムが違うんだよね。
数え方によっては何十万、とも言えるらしいね、わたし今度
聞かれたらそうおどかしてやろう(悪)。
漢字・かな・カナなどまぜた美しい文章をスラスラ読めるのは幸せだと思うわ。
Commented by hamhaha at 2008-01-12 20:55
ろきさん、こんばんは。
そうそう、漢字は文字であって単語でもあるんですよね。
アメリカ人が理解するのかかなり大変のようです。
わたしも何十万って答えればよかったわ。(意地悪)
面倒な文字を使う国に生まれたから自然に覚えましたね。
大人になってから学ぶ人よりも楽よね。

ジョンはイタリア系で背が低かったので
東洋人は自分より背が低いだろうと思って東洋に来たようです。
でも、わたしは背が高いから「きみは日本人なのに」とため息をつかれましたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< かぼちゃの歌とハムスター   水道凍結注意 >>