慣れ親しんだ味

懸賞 2008年 03月 22日 懸賞

夕張の甘味もうまいけれども、その隣町、わが故郷の甘味も負けていてない。
b0014576_23293728.jpg
日本の国蝶オオムラサキの北限の町、栗山町の伝統的な二大甘味といえば、
美津和の栗まんじゅうと、先日テレビにも紹介された「日本一のきびだんご」(どのへんが日本一かは気にしないように)。
きびだんごは、長方形の昔からの形のものもあるけれども、
いまは食べやすい一口サイズのものもある。
味も、昔からの味のものもあるけれども小洒落た味のものも出ていた。
「むっ、こんな洋風な味なんか出して」と思って食べたら、
けっこう美味しかった。とくに「メロンチック編」がお気に入り。

美津和の栗まんじゅうは、あっさり白あんの飽きのこない味。
b0014576_23302619.jpg
地元のコンビニにも売っていた。
長く愛される飽きのこない味というのは、簡単そうで難しいことよね。

「んで? 僕への栗山みやげは? 栗山名物・栗マロン(カボチャの品種)?」
b0014576_23374621.jpg
い、いやその、カボチャは時期外れだし・・・・・。
それより、翔ちゃん、近すぎてボケてるよ・・・。
[PR]

by hamhaha | 2008-03-22 23:38 | グルマン・レポート | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/8218345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2008-03-23 07:17 x
きびだんご、一番手前のしか知らないよ。
メロン風味?どんな味なのかしら。
ところでボケるほど迫られてますよ、そろそろ美味しいものを差し上げないと・・・。
(あ、上の記事でアップされてますね)
Commented by hamhaha at 2008-03-24 00:41
ろきさん、こんばんは。
きびだんご、手前の長いのが基本形状ですけれども
一口サイズのもあるんですよ。
メロン風味は・・・・メロン味です。(説明になってない)
機会があればご賞味ください。

翔ちゃん、わたしを見つけると突進してきて食べ物をねだります。
翔ちゃん、おちつけっ、近いって!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 流し目なハムスター   暫時休業のハムスター >>