華流ドラマ「荊軻」

懸賞 2008年 05月 26日 懸賞

このあいだまで、華流ドラマの「荊軻」をネットで見ていた。
荊軻といえば、秦の始皇帝の暗殺を試みたことで名高い刺客だ。
司馬遷の「史記」に記録がある。
オープニングに「本故事純属虚構(このストーリーはフィクションです)」とわざわざ書いてある。
うん、誰もフィクションであることを疑わないと思うよ。
司馬遷の「史記」とも少し違うしね。

面白かった。

話される中国語のセンテンスが短く、発音も明瞭、平易な表現なので、
大昔に中国語を習ったわたしでも聞き取りやすい。
思わず画面に向かって会話をしている。(老化現象?)

「小姐 真漂亮啊(お嬢様、ほんとうにお美しい)」
真的、真漂亮!(本当、本当に美しいわ)

「怎樣辦好(どうすればいいの)」
没辦法(どうしようもないね)

そばに誰もいなくてよかったわ。

出演している俳優さんたちは、華流スターとして有名だそうだ。
主役の荊軻はリウ・イエ
b0014576_21214282.jpg
荊軻の幼馴染で秦の将軍・樊於期はワン・ヤーナン
荊軻の友人の高漸離は台湾スターのピーター・ホー

みんな、熱演ですねぇ。
印象としては、リウ・イエは犬系、ピーター・ホーは猫系かな。
ワン・ヤーナンは生真面目そうな雰囲気で、
「你説的対(君の言っていることは正しい)」と言うセリフがぴったりだ。

秦の始皇帝の墓から出た兵馬俑を見ると
長い髪をいくつもの三つ編みでまとめて、ちょっと斜めに髷に結っていたりしてお洒落だけれども
このドラマの衣装や髪型、調度なども素敵だった。

でもねぇ、最初から人間がいとも簡単に死んでいって
最後には、ほとんどみんな死んじゃうんだよねぇ。
みんな必死で生きて必死で幸せになろうとしているのにねぇ。
仕方がない時代だとはいえ、むなしい気分になるわ。
[PR]

by hamhaha | 2008-05-26 05:56 | たわごと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/8660898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2008-05-27 05:53 x
始皇帝ですか~昔すぎて想像つきませんが。
紀元前からちゃんとした着物姿なんですねえ。
戦国の世は戦いが日常、死ぬのは当たり前、という感じかしら・・・。
中国のイケメン俳優とテレビで会話、楽しんでください♪
Commented by hamhaha at 2008-05-27 20:11
ろきさん、こんばんは~。
始皇帝です。ろきさんが200歳くらいだったころだから、
もう忘れちゃったかしら。(なんちって)

紀元前から、着物姿のようですね。
日本に留学した、中国の建国の父・孫文は
日本の和服を「本来の中国人の衣服」と、愛用したようですね。
中国も着物の歴史は長かったんですね。

争いで死ぬのは、仕方がないとして
(それでも、多すぎて悲惨すぎたけれども)
信念のために自刃するのはやめて~。

とても楽しませてもらったけれども
残念ながら、視聴期間が過ぎてしまって、もう会話はできないの。
はかない恋だったわ・・・。(え?)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< トマトを狩るハムスター   夕張メロン・その後 >>