七夕とろうそくとお菓子

懸賞 2008年 08月 09日 懸賞

北海道のほとんどの地域では、七夕は8月7日。
函館近辺は7月7日だそうです。

先日、テレビで紹介していましたが、北海道では七夕の夜に子供たちが家々を回ります。
「ろうそくもらい」という行事です。
子供たちがろうそくの歌を歌い、おうちの人からお菓子をもらうのです。
(大昔は本当にろうそくをもらっていたようです)
道外にはない風習なんですね、どうして北海道だけにあるんだろう。

テレビで紹介していたのは函館付近の様子で、
ろうそくの歌は「ろうそくいっぽんちょうだいな」という穏やかな歌詞でした。
わたくしが育った場所では

ローソク出ーせー出ーせーよ、出ーさーないとー ひっかくぞ、 おーまーけーにーかっちゃくぞ♪

だったのよねぇ。楽しかったわねぇ。
「和製ハロウィン」と驚かれていましたが、たしかに「trick or treat」な歌です。
子供だから許される歌詞ですね。

札幌でもやっている行事らしいですが、いま、わたくしが住んでいるところでは見かけません。
大量のお菓子を用意しなくてはならないので、行事のある地域の方々は大変かも。
でも、いまでもこの行事をしている地域の子供は楽しいでしょうね。
[PR]

by hamhaha | 2008-08-09 05:24 | たわごと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hamhaha.exblog.jp/tb/9254737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2008-08-09 07:48 x
ひっかくとかっちゃくはどう違うんですか?
ーーと方言学的な質問をしてみたりして。
「でめん」の語源はday men らしいし、北海道って
なにげにアメリカン。
Commented by hamhaha at 2008-08-10 09:11
ろきさん、おはようさんです。
ひっかくとかっちゃく(ひっかくの北海道弁)の違い・・・・。
最初、標準語の「ひっかく」で脅して、
次に「かっちゃく」という方言でより切迫した状況を演出するのでは。
なんちって。

でめん(日雇い農作業者・もしくは日雇い労働者)はday menなんですか!
なんだか、かっこいいぞ、でめんとり。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< まだまだ要求するハムスター   北海道産のとうもろこしとハムスター >>