2015年 01月 17日 ( 1 )

懸賞 懸賞

念願の天文館むじゃきのしろくま

懸賞 2015年 01月 17日 懸賞

b0014576_16082599.jpg
さて、話は1月2日、場所は鹿児島に戻ります。
平川動物園を後にしてバスで天文館まで戻り、遅い昼食を取ることにしました。
行先は決まっていました。
天文館むじゃきさんです。

かき氷の「しろくま」を最初に考案したお店らしいです。
「水曜どうでしょう」の魔神とミスターの勝負に750ミリリットル入りの大きなしろくまカップが使われたことがありますが
大泉さんが、ここまで「しろくま」を買いに走ったのが印象に残っていました。
「いつか、天文館むじゃきでしろくまを食べたい」というのが夢でした。

札幌の狸小路のようなアーケードの奥に、ありましたよ、むじゃきさんが。
いましたしろくまくんです。
観光客が次々と記念撮影をしていました。
会いたかったよ、しろくまくん。
b0014576_16083291.jpg

地下1階から4階まで鉄板焼きやカフェやレストランなどのなにかしらの店舗で、すべてむじゃきさんです。
すべての店舗に「しろくま」があるようです。
1階ではテイクアウト専門窓口もありました。
雰囲気は釧路の泉屋さんっぽいですね。

わたくしは4階の味処むじゃき亭さんに行き、さつま膳を頼みました。
b0014576_16085011.jpg
いかなごのお造り、カツオのたたき(もみじおろしでいただきます)、さつま揚げ、とんこつ(骨付き豚肉を黒糖と醤油などで炊いたもの)
さつま汁(豚汁)、茶わん蒸しにもひき肉が入っていました。デザートは黒糖ケーキ。
鹿児島色満載の定食です。

食後はもちろん、しろくま。
b0014576_16085440.jpg
大きいのはさすがに入らないので、ベビーしろくま。
食べたことがなかったヨーグルト味です。

ああ、夢がかなったわ。
あとはお遍路さんに行けたら思い残すことはないわ。

記念にしろくまの手ぬぐいを買いました。
b0014576_16083740.jpg

地元のデパートに行ってみたいと思い、その後は「山形屋(やまかたや)デパート」に行きました。
沢山の人でにぎわっていました。
そこで買い物をすると、地元の人と間違われました。
言葉が違うでしょう、言葉が。
どうしてわたくしはどこに行っても地元の人と思われるのでしょう。

そのあと、お土産を買おうと、かるかんのお店・明石屋さんへ。
初商の粗品をいただきました。
b0014576_16090062.jpg

沢山買いたかったのですが、かるかんは日持ちしないということをお聞きしたので、
旅のおやつで食べきる量を購入いたしました。
b0014576_16085824.jpg

その後、アミュプラザで「あくまき」を購入。
b0014576_16085666.jpg
「あくまき」とは、鹿児島などで食べられる端午の節句のちまきで、棒状です。
灰汁で炊いて日持ちがするようにしてあるそうです。
癖があるので、地元の人以外には好まれない場合もあるそうです。
そのせいか、お土産コーナーでは売っていませんでした。

先日食べてみると、確かに少し匂いがするかもしれませんが、味がついていないので、まったく問題なく食べました。
黒糖きな粉で食べましたが、砂糖醤油とか、いろいろな食べ方があるようです。
ただ、もち米なので1本食べるとずっと満腹です。

心残りなのは、きんかんを買ってこなかったこと。
冬になったらきんかん、わたくし大量に食べるのに~。
次に行ったときは、きんかんを買いたいわ~。

つづく。

[PR]

by hamhaha | 2015-01-17 16:50 | グルマン・レポート | Trackback | Comments(2)