カテゴリ:たわごと( 278 )

懸賞 懸賞

映画 シルク

懸賞 2016年 03月 29日 懸賞

映画「シルク」をテレビで放映していたので見ました。
ネタバレがバリバリですよ~。
b0014576_23323880.jpg

19世紀のフランス、軍人のエルヴェは休暇中に美しいエレーヌ(キーラ・ナイトレイ)に出会い、恋をします。
エレーヌはユリの庭を持ちたいと語り、エルヴェはエレーヌのためにユリを植えたいと思います。

バルダビューという男がエルヴェの父が町長を務める町の製糸場を再建して絹織物を作り、町は潤いました。
しかし、謎の病気でカイコが死に、病気がないカイコの卵が必要になります。
パルダビューは若く頭のいい若者であるエルヴェに目をつけ、健康なカイコの卵を買い付ける仕事をさせることにします。
エルヴェは軍隊をやめ、エレーヌと結婚し、アフリカに卵の買い付けをしに行きます。
しかし、カイコの病気は遠くアフリカまで蔓延していたのでした。
パルダビューはエルヴェを今度は日本に派遣します。
日本は江戸時代で鎖国をしていますが、密貿易が行われていたのです。
エルヴェはロシアのウラジオストックから船で山形の酒田に入り、目隠しをされて何日も旅をしてとある村につきました。
その村のトップである原十兵衛なる謎の人物と、謎の美女に出会います。
エルヴェは謎の美女に心惹かれます。
エルヴェが日本から持ち帰った卵からは健康なカイコが孵りました。
エルヴェはこの功績で莫大な報酬を得て、妻エレーヌのために広大な土地を買い、エレーヌの庭を作ることにします。

幕末の不穏な空気の日本に、エルヴェは再び赴きます。
原はオランダ人から大量の武器を購入していました。
エルヴェは謎の美女から短い手紙をもらいますが、日本語なのでなんと書いてあるかはわかりません。
エルヴェはカイコの卵を再び持ち帰り、妻エレーヌと幸せに暮らします。
エルヴェは謎の美女の手紙の内容が知りたくて、日本語ができる人を探します。
リヨンの商人と結婚したけれども、夫に先立たれた日本女性が娼館を営んでいると聞き、リヨンまで出かけます。
マダム・ブランシュ(中谷美紀)は手紙を読みます。「戻ってきて、でないと死にます」
居ても立っても居られないエルヴェは日本に行こうとします。
パスツールのおかげでカイコの病気問題も解決したし、日本はクーデターで危険なので日本に行く理由はもうないのですが
エルヴェはバルダビューに訴えて無理やり日本に行きます。
原の村は焼き払われていました。
途方に暮れるエルヴェは偶然知り合いの少年に会い、原たちがいる場所を教えてもらいます。
しかし、原の配下はエルヴェに構っている暇はありません。
エルヴェは食い下がりますが、相手にされません。
そして、自分を手引きした少年が処刑されたことを知ります。
「あるじの妻の恋文を運ぶからだ」と原は言います。
謎の美女は原の妻だったのです。
原に銃で脅され、日本を後にするエルヴェ。

エルヴェは別の場所でなんとかカイコの卵を手に入れますが、
(手に入れるのが遅かったせいで)ヨーロッパに帰るまでに卵は孵り、幼虫はすべて死んでしまいます。
カイコのない製糸場は止まり、そこで働く町の人々が失業します。
エルヴェはエレーヌの庭を作るためにその人たちを雇い入れます。
美しく完成するエレーヌの庭。
エルヴェのもとに日本語の長文の手紙が届きます。
エルヴェはリヨンのマダム・ブランシュにその手紙を訳してもらいます。
それは、情熱的なラブレターでした。

夫が日本に何か心を残してきていると察知しながらずっと耐えてきた美しき妻エレーヌ。
エレーヌは子供を欲しがっていましたが、授からず、そして、病に倒れてこの世を去ります。

エレーヌの墓にマダム・ブランシュの青い花が置いてあるのを見て、エルヴェはマダム・ブランシュを訪ねます。
「あの手紙はあなたが書いたのですね」
「いいえ、エレーヌよ、日本語に訳してと頼まれたの」
「エレーヌはなによりあの女になりたかったのよ」
エルヴェは答えます。
「あの女はエレーヌでした」

どの口でいうかエルヴェ!この口か!(と、口角をひねってやりたい~)

男のロマンなんでしょうね、男性は理解できるのかもしれませんが。
エレーヌが可哀想すぎるでしょう!
日本まで行ってしまった夫が無事かどうかずっと心配している間に
夫は別の女に心を奪われてしまうなんて。
その心を知りながら、ずっといい妻でい続け、
望んだ子供も生まれないで、病気で死んでしまうのよ。
見たことのない日本の女になりたいと思いながら。
キーラ・ナイトレイが妻で何が不満なの。
「あの女はエレーヌでした」って、だったらエレーヌを大切にしなさいよ~。

映像がひたすら美しい映画でした。

[PR]

by hamhaha | 2016-03-29 23:34 | たわごと | Trackback | Comments(2)

シャーロック 忌まわしき花嫁

懸賞 2016年 03月 03日 懸賞

b0014576_22245867.jpg

「シャーロック 忌まわしき花嫁」を映画館に見に行きました~。
映画館でしおりをもろた~。
ベネディクト・カンバーバッチ主演のテレビシリーズ「シャーロック」の番外編の劇場公開です。
ベネディクト・カンバーバッチと言えばシャーロック・ホームズ!
シャーロック・ホームズと言えは、ジェレミー・ブレット!(あれ?)

わたくしはベネディクト・カンバーバッチは「シャーロック」以外は「アメイジング・グレイス」の小ピットしか見ていないです。

わたくしは映画やテレビドラマはネタバレで書く主義ですが、
これはテレビシリーズを楽しみにしている方々がうっかり見てしまわないようにネタバレはしません。

まず特典映像の「脚本家スティーヴン・モファットと巡るベーカー街221Bの旅」
脚本家や美術担当のこだわりについて、ちょっとマニアックに説明していました。
スリッパにタバコの葉を入れていたのね~。

次に本編。
なぜかヴィクトリア朝のロンドン。
配役は現代版と同じです。
馬車からワトソンが新聞の辻売りに声をかけます。
ワトソンが発表している小説「シャーロック・ホームズ」の評判は良いようです。
下宿先の女主人・ハドソン夫人はその小説に不満です。
自分のセリフがないからです。
つんけんしているハドソン夫人を見て、シャーロックがワトソンに耳打ちします。
「(ハドソン夫人に)セリフを与えろ、飢え死にする!」
わはは、シャーロックの胃袋を支配しているのはハドソン夫人ですものね~。

レストレード警部がシャーロックを訪ねてきます。
奇妙な事件があったからです。
リコレッティ夫人のエミリアが花嫁衣裳を着てバルコニーから二丁の拳銃を通りに向かって乱射しました。
通りの人々は逃げまどいます。
そして、エミリアは銃口を自分の口に向けて発砲、自殺します。
しかし、その夜、エミリアの夫のリコレッテイ氏がエミリアによって射殺されるのです。
エミリアは死んでいるのに、なぜ?
幽霊か?

いいんじゃないかな、幽霊の仕業ってことで。
レ・ファニュだったらそうするわよ。
でも、これはゴシック・ホラーではなく「シャーロック」です。そうはいきません。

シャーロックとワトソンは死体安置場に急ぎます。
そこにはたしかに死んだエミリアの死体がちゃんとあります。
死体安置場には、検死官のフーパーがいます。
フーパーももちろん現代版と同じ配役です。
そう、あのシャーロックにこき使われて、甘え倒されて、それなのに
「彼女は普通の男性と結婚すべき」とかシャーロックに言われちゃうモリーちゃんです。
ヴィクトリア朝のモリーちゃんは、付け髭をつけて男装し、検死官として働いているのです。
ワトソンはモリーちゃんを女性と見抜いていますが、シャーロックは気づかなかったようです。
シャーロック、人並み外れた観察眼はどうした~。

と、ストーリーはこの辺しておきます。

ヴィとクリア朝バージョンのマイクロフトがインパクトありますね。
そう来るか~。
この人、本当に脚本家?

シャーロックが飲まず食わずで瞑想しているとき、新聞記者たちがシャーロックを取材しようと押しかけます。
勝手にやってきて、ハドソン夫人の平安を乱す記者たちなど放っておけばいいのに。
「(記者たちに)お茶を淹れるのが大変」とハドソン夫人は愚痴ります。
「なぜお茶を出すのです?」
「なんとなく・・・」
本当に優しい方だわ、ハドソン夫人。

いろいろ考えられていて、楽しく本編を見ることができました。

本編の後には特典映像その2の「シャーロック製作の裏側~主要キャスト・スタッフとともに」です。
どこでロケしたいかキャストに訊いて行きますが
カンバーバッチは「ニューヨーク、東京・・・北京も・・・」
と、次々とあげていきます。世界中のファンに気を使ったのでしょうね。
ハドソン夫人は「家族がいるスペイン!」と答えています。
そして、冷静なスタッフが「リゾート地にロケに行っても遊べるわけではありませんから無意味です」と言っています。
そうよね、忙しいよね。
かえってリゾートで遊んでいる人たちを横目に仕事をする方がストレスがたまりそう~。
映画が終わってパンフレットを買おうと思ったら、「製作していません」とのこと。
テレビシリーズですからね~、作ってないわね。でもあったらよかったのに、残念。

[PR]

by hamhaha | 2016-03-03 00:01 | たわごと | Trackback | Comments(2)

おみくじと福袋

懸賞 2016年 01月 03日 懸賞

b0014576_19072699.jpg

昨日、初もうでをいたしました。
タツオの長寿とピリカにいい婿をと願いまして、自分のことを願うのを忘れるというおまぬけぶりです。
ま、いいか。

おみくじをひきましたところ、大吉でございました。
今まで、末吉や小吉など、かろうじて「吉」に引っかかっている状態でしたが
今年は「吉」グループのトップを引き当てました~。
うれしいですね~。

わたくしが初もうでにいつも行くのは、北海道神宮頓宮さんです。
頓宮さんには北海道でもかなり古い狛犬があります。
この狛犬、珍しくも親子狛犬です。
b0014576_19073047.jpg
赤いべべを着ているのが子供の狛犬で、親狛犬にたわむれています。
なんだかララとリラのようですね。

正月なので福袋も買いました。
いつも東急ハンズの福袋を買います。
ジャンルごとに分かれていて、中身がわかるからです。

今年は、入浴剤の福袋と、フェイスパックの福袋を買いました。
フェイスパック、鉄腕アトムのもあるんだ~。
似合うかしら。(目的が間違っているぞ~)
b0014576_19073374.jpg

今年もいい年でありますように。

[PR]

by hamhaha | 2016-01-03 19:17 | たわごと | Trackback | Comments(4)

あけましておめでとうございます

懸賞 2016年 01月 02日 懸賞

b0014576_06465558.jpg
のんびり過ごしすぎて、1月2日になってしまいました。
新年あけましておめでとうございます・
今年もよろしくお願いします。

トップは、申年を記念してワオキツネザルでございます。

今年こそハムスターを飼おうと思っていましたが、家の都合がありまして今年は断念することとなりました。

今年は可愛い可愛い可愛い可愛い・・・(エンドレス)わたくしのピリカに
すてきな婿が見つかるように祈っています。
b0014576_06464379.jpg
孫(ピリカの子)の顔が見たい~。

[PR]

by hamhaha | 2016-01-02 06:52 | たわごと | Trackback | Comments(2)

年末・閑話休題

懸賞 2015年 12月 26日 懸賞

b0014576_06252784.jpg

年末は忙しいですね。
忙しすぎて、クリスマスカードを郵便局に出しに行けなくて、
やっと出せたのはクリスマスイブ・・・・。
届くころには・・・・。

先日、携帯に謎の着信履歴が残っていました。
電話が来たのに気付かなかったようです。
全く心当たりのない電話番号だったので
ネットで調べました。
ゾロゾロと出るわ出るわ、架空請求詐欺の電話番号だそうです。
手口まできっちり書いてたありました。
ネットでは有名な電話番号だったのですね。

それで、疑問に思いました。
どうしてこれほど有名になっている電話番号を使い続けるのかと。
一つの仮説を思いつきました。
その電話番号をネットで調べて「架空請求ですね」などという人間は
面倒なので端から相手にしていないのでしょう。
これほどまで有名なのに、引っかかってしまううっかりさんだけターゲットにしているのではないかと。
先日の一億詐欺の時も思いましたが
まっとうに働きなさい。

今年、ドライブレコーダーが壊れたので、新しいでドライブレコーダーを買いました。
このドライブレコーダー、とてもおしゃべりです。
「右車線に注意してください」「左車線に注意してください」「前方に注意してください」
わたくし、ここまで指摘されるほど運転が下手だったかしら。
昨日は道路がツルツルで渋滞になり、なかなか前に進めませんでした。
そして、運転し始めてから2時間が経過したところで、ドライブレコーダーが
「少し休みませんか」と言ったのです。
驚きました。
ドライブレコーダーは事故の様子を映すものですが、
事故を未然に防ぐことが一番ですから、
ドライバーの疲労にも気を遣うのですね。
でもね、この渋滞でどう休めと言うの。
気持ちだけもらっとくわ。

トップは円山動物園のホッキョクグマのキャンディ。
次シーズンは繁殖に挑戦しないそうです。

[PR]

by hamhaha | 2015-12-26 06:27 | たわごと | Trackback | Comments(2)

熊本城散策

懸賞 2015年 10月 25日 懸賞

b0014576_17443211.jpg
トップは熊本県庁の熊本城。

かあさん、札幌は雪です~。
まだタイヤ交換していません~!

10月23日朝6時前、タクシーでJR札幌駅に行きました。
6:15発快速エアポート60号新千歳空港行に乗るためです。
気温は5℃くらい。
半袖のチュニックにカーディガン、そして秋のコートを着ていたわたくしはとても寒かったです。
7:30発の新千歳発羽田行きに乗りました。
羽田に着くと暖かいのでコートを脱ぎました。
10:10羽田発熊本行きに乗って12時頃阿蘇熊本空港に到着しました。
熊本は25℃くらい。とても暖かくてカーディガンも脱いで半そで姿になりました。
リアル「北風と太陽」です。太陽の暖かさは特別ですね。

リムジンバスで1時過ぎに交通センターにつきました。
交通センター周辺は工事中。たくさんあるバス停も移動しています。
ホテルに荷物を預けて、「しろめぐりん」一日パスを買いました。
「しろめぐりん」とは熊本城を中心とした観光地を巡るバスです。

23日は動植物園ではなくて熊本城です。
お正月に熊本城に行ったとき、時間切れで中に入れてもらえなかったのでリベンジです。
まず桜の馬場城彩苑というところに行きました。
b0014576_16505842.jpg

昔の街並みを再現したというショッピングストリートで
ショップやレストランやお土産店があります。
そこで食事を終え、総合観光案内場で熊本城のガイドを頼みました。
ボランティアさんがやっている無料のガイドです。
熊本城の頬当御門で待っているそうです。
城彩苑から頬当御門に行く無料バスが出ているので、そのバスに乗って頬当御門に行きました。
ガイドさんと合流して入場料を払って頬当御門から入りました。
あ、しろめぐりんの割引券を使わなかったわ!不覚!

熊本城は加藤清正が建てたお城です。
b0014576_16475633.jpg

母同士が従姉妹だったという豊臣秀吉と加藤清正。
数々の活躍で肥後の国(熊本)を賜ります。
加藤清正は今までの戦いの体験から難攻不落の熊本城を築城します。
b0014576_16510115.jpg

b0014576_16510564.jpg

b0014576_17510483.jpg
しかし、清正の息子の代で加藤家は改易されてしまいます。
その後肥後の国を治めたのがあの細川家です。
おお、そういう流れでしたか! 理解ができました。

西南戦争の時、熊本城は謎の出火で大部分が燃えてしまいます。
今ある大天守、小天守は昭和になって再建されたものです。
西南戦争では西郷隆盛は政府軍が籠城する熊本城を攻略することができませんでした。
大昔に加藤清正が防衛のために仕掛けた武者返しなどを突破できなかったのです。
加藤清正の叡智が西南戦争で証明されました。
これは深さ40メートルの深井戸です。今でも奥に水が見えます。
b0014576_16510877.jpg

加藤清正は籠城に備え、城内にたくさんの井戸を作り、実のなる植物をたくさん植えたそうです。

本丸御殿も再建されたそうです。
本丸御殿の大広間の一番奥にある「昭君の間」は熊本城で一番格式のある部屋だそうです。
そこはフラッシュ禁止と掲げてありましたがわたくしの近くにいた女性がフラッシュを光らせてしまいました。
「フラッシュ禁止です」と注意されて、フラッシュを光らせようと思っていなかったその女性はおろおろとしていました。
普通はそういう反応ですよね。
ところがその方の向こうでバシバシとフラッシュが光りました。
「フラッシュ禁止です」と係の方が注意しましたが
「フラッシュ禁止です~」とバカにしたような男の方の声が聞こえ、またバシバシとフラッシュが。
他の係の方も駆けつけて「フラッシュ禁止です!」と注意していました。
その後フラッシュを光らせていたらしい方々がわたくしの前を通って去っていきましたが、アルコールの匂いがしました。
文化財の入り口ではアルコールチェックをしたほうがいいのではないでしょうか。

加藤清正の顔出し看板。
隣は宮本武蔵。
宮本武蔵は熊本で「五輪の書」を書いたそうです。
b0014576_16511258.jpg

ボランティアガイドの方はとても詳しくガイドしてくださいました。
熊本城に対する愛情が伝わってきました。
ありがとうございました。
加藤清正は熊本では「清正公(せいしょこ)さん」と呼ばれて親しまれているそうです。

その後無料バスで城彩苑まで戻り、「しろめぐりん」に乗って市役所前まで。
鶴屋デパートの裏に小泉八雲邸跡があるそうです。
ところが、閉館は16:30、到着したのが16:30・・・・。一足遅かったわ。
外観はこんな感じです。
b0014576_16511631.jpg
b0014576_16512867.jpg

夏目漱石邸も行こうかな~と思いましたが、足が痛くてやめました。
この頃、1日15000歩くらい歩くと疲れます。体力落ちたわ~。
次の日は熊本市動植物園です。つづく。

[PR]

by hamhaha | 2015-10-25 18:07 | たわごと | Trackback | Comments(2)

気温差20度の旅

懸賞 2015年 10月 25日 懸賞

b0014576_09495827.jpg
昨日旅から帰りました。
かあさん、熊本は夏でした・・・・。

詳細はがんばれたら今日・・・・かな?
たぶん明日以降・・・。

[PR]

by hamhaha | 2015-10-25 09:51 | たわごと | Trackback | Comments(2)

ハムスターのカレンダーとハムスター予告

懸賞 2015年 10月 12日 懸賞

かわいさに悶絶 ハムケツカレンダー2016 ([カレンダー])

世界文化社/世界文化社

undefined

寒いです。
寒くて思わず活動停止をしていました。
寒いので掃出し窓すべてにプチプチを張り終えました。
でも、まだ暖房は入れません。
11月まで我慢したい~。(何の勝負?)

世間にはもう来年のカレンダーや手帳が売られています。
わたくしもいつもの手帳を買いました。
そして、カレンダー・・・・。
ずるいわ、こんなの出されたらイチコロで買っちゃうでしょう。

で?
僕の後任は?
b0014576_11170657.jpg
諸事情により、今年はハムスターを飼うのは無理。
来年暖かくなったらマロン君の後任が来る予定。
がんばって支度をするわよ!

[PR]

by hamhaha | 2015-10-12 11:25 | たわごと | Trackback | Comments(4)

おろしや国酔夢譚

懸賞 2015年 08月 13日 懸賞

おろしや国粋無譚 [DVD]

緒形 拳,オレグ・ヤンコフスキー,江守 徹,川谷拓三,西田敏行/KADOKAWA / 角川書店

undefined

随分前に書いた気がしていましたが、書いていませんでした。
先日、テレビでやっていたのでまた見ました。「おろしや国酔夢譚」原作は井上靖。

天明2年(1782年)、「神昌丸」という船で伊勢を出発した大黒屋光太夫ら17人は、江戸へ向かう途中に嵐に遭い、
8か月の漂流後に当時はロシア帝国のアムチトカ島(アリューシャン列島・ほぼアラスカ)に漂着しました。
アレウト族(エスキモー)の住むその島は、アザラシの皮の交易を目的としたロシア人も来ていました。
光大夫たちは、ロシア語を覚え、魚を蓄えて冬に備えますが、冬に食料がなくなり、獣の肉をも口にします。(これは大変抵抗のあることでした)
ロシア人がロシア本国にに帰る迎えの船が来るという話なので、一緒に乗せて行ってもらおうとしますが、
迎えの船が難破し、ロシア人たちも帰るすべを失い、絶望します。次の船が来るかどうかもわかりません。

光大夫は造船の知識を生かし、島の少ない材料を使って、ロシア人とともに2年で和船を建造し、オホーツクの荒波を越えてカムチャッカにつきます。
そこから日本に渡らせてもらおうとしますが、管轄はイルクーツクということで、今度は皆でイルクーツクへ向かいました。
カムチャッカのほうが日本に近いですが、光大夫にはわかりません。
カムチャツカ、オホーツク、ヤクーツクを経て、5か月の厳しい旅の末、イルクーツクにたどり着きます。
厳しい旅のせいで、庄蔵は凍傷で片足を失います。
光大夫たちの帰国嘆願書は都に送ったと言いますが、いつ返事が来るかはわかりません。
イルクーツクで光大夫はラックスマンという博物学者に出会い、世界の現状を学びます。
都からは帰国をあきらめて日本語学校に勤めるよう返事が来ます。
若い新蔵はロシア人と結婚してロシアに残ることを決めます。
庄蔵は改宗してロシアに骨をうずめる覚悟をします。
光大夫はエカチェリーナ女帝に直談判すべくペテルブルグに向かいます。

ラックスマンは「日本は素晴らしい国。光大夫ほどの人物が一介の船乗りである」と光大夫を高く評価しています。
(たしか、その当時から日本人の識字率は世界一のはずです)
ラックスマンたちの尽力で光大夫は女帝に謁見し、帰国を許されます。
漂流から8年、漂流した17人のうち死亡12人、改宗してロシアに残るものふたり、帰国したのは3人でした。
ロシアの船で北海道の根室につきますが、鎖国をしている幕府はなかなか上陸を許さず、江戸と根室でやりとりをしている間に小市が上陸前に死亡します。
(史実では上陸後、根室で冬を越している間に死亡します)
残ったのは光大夫と磯吉のふたりだけ。
罪人として江戸に輸送されます。
(史実は江戸で住居を与えられ、比較的自由に生活していたようです)

漂流民たちの日本に帰りたいという気持ちが全編から滲み出している映画です。
望んでロシアに行ったわけでもなく、異国の地で慣れない生活をするつらさ。
肉を食べ、米の飯を食べることができない生活。
いつか日本に帰るという事だけを支えに生きていきます。
光大夫は女帝に「ロシアに来て自分が日本人だとわかりました」と言っています。
リーダーとして皆を率い、ロシアにいる間いろいろな知識を吸収して日本に伝え、とうとう日本に帰ってきた光大夫。
鎖国が揺らいでいた時代が助けたということもありますが、この時代に光大夫という人物が出たというのも、歴史の必然かもしれません。

[PR]

by hamhaha | 2015-08-13 15:37 | たわごと | Trackback | Comments(2)

しろくまが食べたい~。

懸賞 2015年 08月 06日 懸賞

暑い~。暑い~。
昨日の札幌は今世紀一番の暑さになったとか。
34.5度ですって~。

鹿児島の、天文館のむじゃきの「しろくま」が食べたい~。
b0014576_16085440.jpg


b0014576_21015052.jpg

b0014576_21015605.jpg

b0014576_21020183.jpg

[PR]

by hamhaha | 2015-08-06 00:01 | たわごと | Trackback | Comments(4)