カテゴリ:ラーフ( 6 )

懸賞 懸賞

学習し続けるハムスター

懸賞 2006年 06月 25日 懸賞

またも初代ハムスター ラーフのことを。

ラーフを散歩に出したときのこと、
珍しく、ラーフはおしっこをちびった。
それまで、ラーフは散歩中にはオシッコどころかフンもほとんどしないハムスター。
それなのにやってしまったラーフは自分のそそうに茫然自失だった。
わたしは「わざとやったことではないから」と叱らず、
黙って後始末をした。
ラーフはわたしの指を必死でなめて謝った。
「ごめんね、ごめんね、ごめんね~っ!」と叫んでいるように見えるほど必死だった。
b0014576_22191015.jpg
ところが数日後、ラーフは散歩中、またもオシッコをちびってしまった。
今度は、ラーフはとぼけた。
「あれ?何かあった?僕は関係ないよ」と言わんばかりにとぼけたが
挙動が不審で微妙に緊張していた。
「ここにはわたしとお前しかいないの。わたしはしていないから、犯人はお前だ!」と
わたしはラーフを叱った。

なのに次の日、ラーフは散歩中、みたびオシッコをちびってしまったのだ。
ラーフは今度は逆ギレした。
「あんたが悪い!あんたが悪い!あんたが悪い~!」
とばかりにわたしの指をガジガジかじった。(もちろん痛くない)
「あ~はいはい、わたしが悪かった。悪かった」と答えておいた。

そしてその次の日、
「ラーフ、散歩いくよ~」と声をかけると
ラーフはあわてて「ちょっと待ってね、いまオシッコするから」と
トイレに飛び込み、オシッコを済ませた。
そして、万全の態勢で得意げに散歩をした。
もちろんちびったりしなかった。
その後は一度たりともラーフはちびったりしなかった。
b0014576_22194519.jpg
どうしてそのときだけ連続でちびったのかは謎だが
日々学習して違う反応をしていたのに驚いた。
ハムスターは毎日進化する生き物だなぁ。
[PR]

by hamhaha | 2006-06-25 22:21 | ラーフ | Trackback | Comments(13)

ベタ馴れハムスター

懸賞 2006年 06月 19日 懸賞

ラーフは、うちの初代ハムスターだった。
初めてハムスターを飼うので、わたしはマニュアル本を買い込んで
おっかなびっくり世話していた。

飼い始めて一週間ほど経ったとき、
わたしは友人と会っていたため帰宅が遅くなった。
(といっても午後9時ころ)
ケースをのぞくと、ラーフがうつろな目を見開いて倒れていた。
四肢は硬直している。
「ひえええ~、死んでいる~。
ハムスターは飼い始めて1週間ぐらいで突然死することもあると
マニュアル本に書いてあったけど~」
と、さわいでいたら、ラーフは氷が解けるように動き出し
差し出したわたしの指を1本ずつペロペロとなめた。
どうやら、いつもの時間に食べ物が出てこなかったので不安になって気絶したらしい。
b0014576_22513188.jpg
この体験で、ラーフはわたしがいないと生きていけないと思い込んでしまったらしい。
ラーフは飼い始めて一週間でハムスターの常識を逸脱したベタ馴れハムになってしまった。

「ハムスターはなるべくかまわないようにする。そっとしておく」という
マニュアル本どおりの行動をわたしがとると、ラーフは大騒ぎして怒る。
ラーフはひとりになるのが大嫌いだった。

朝、わたしが出かけようとすると待ち構えていて、
自傷行為といえるほど大暴れして出かけるのを阻止しようとするので、
いつも抱っこして落ち着かせて、油断させてから隙を見て出かけていた。

昼間中、わたしにだっこされて寝ていようと画策したこともある。
ラーフにとって、わたしと一緒にいないことはとても不安なことでストレスに感じることだった。
b0014576_22515596.jpg
人間にかまわれるすぎるとストレスになるといわれているハムスターだが、
かまわれないとストレスを感じるハムスターも時にはいる。
ハムスターも、ハムスターの数だけ個性がある。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「きみきみ、ずっと待っているんだが、なぜ僕の思い出話をしないんだね」
b0014576_22533391.jpg
「龍彦さんのすべては、余すところなく、赤裸々に、皆さんにお伝え済みですが」
「僕のすべてを表現するには、きみは力不足だよ」
「うっ・・・・・!」
[PR]

by hamhaha | 2006-06-19 22:57 | ラーフ | Trackback | Comments(12)

初代ハムスターラーフの命日

懸賞 2005年 03月 04日 懸賞

1999年3月4日、我が家の初代ハムスターのラーフが天国に召されました。
2歳8ヶ月でした。今日は命日です。

b0014576_00330.jpg
ラーフは愛嬌があって、誠実で、頭がよく、愛情深いハムスターでした。

わたしが2泊の旅行に行ったとき、ラーフを母に預けて行きましたが、
ラーフは母の与えるえさを食べずにわたしを待っていました。
自分を人間の子供と思っていて、何をするにもわたしに張り合いました。
身体の大きなわたしにかなわないのがくやしかったらしいです。

続きを読む
  ↓

More
[PR]

by hamhaha | 2005-03-04 00:05 | ラーフ | Trackback | Comments(8)

スリッパ好きのハムスター

懸賞 2005年 02月 10日 懸賞

龍彦が水浴びしすぎて寝ちゃったので(^_^;)、初代ハムスターのラーフに登場いただいた。
冬は足が寒いからスリッパはかなくちゃ。
b0014576_1413370.jpg
・・・身体ごと入るよ・・・(^_^;)。
b0014576_1414291.jpg
ハムスターってスリッパ好きですよね。
ラーフは脱走したときは、よくスリッパや靴の中に隠れてました。
入ってるの気づかずに履いたらどうするの。
デンジャラス・ゾーンなんだよ。
スリッパはいいとして、ブーツの中はくさくないのかな?
足の裏のにおいも好きだった。
ちょっとマニアが入っているハムだったのかなぁ。(^_^;)
[PR]

by hamhaha | 2005-02-10 01:42 | ラーフ | Trackback | Comments(13)

ハムスターカレンダー

懸賞 2004年 12月 06日 懸賞

毎年買っているカレンダーです。
今年もまた買ってしまいました。
b0014576_154543.jpg
このカレンダーの困ったところは、
めくったカレンダーを捨てられないところです。
何年もためているのでそろそろ捨てなくちゃならないんだけれど・・・。
誰か変わりに捨てて・・・。(T_T)

実は2000年のカレンダーにはうちの初代ハムスターのラーフが載ってます。
b0014576_1552291.jpg
こうやって見ると、もう2歳過ぎている爺さんハムのしょぼくれた感じが漂います。
こんなにしょぼくれているのに、どうして採用されたかはわかりません。
採用係がしょぼハムマニア?(^^ゞ
[PR]

by hamhaha | 2004-12-06 01:57 | ラーフ | Trackback | Comments(14)

初代ハムスターのラーフです

懸賞 2004年 11月 21日 懸賞

1996年うちに来たはじめてのハムスター、ラーフです。
b0014576_2313133.jpg

子ハムのときは長毛ハムとは思えないほどさっぱりした毛でしたが、
大人になるとみごとな長毛ハムになりました。
この画像は今でもずっとうちのパソの壁紙です。
b0014576_23134191.jpg

2歳を過ぎると、なぜかお尻まわりの毛が長く伸びて、
ご祝儀袋の水引の亀のようになりました。
写真ではわかりづらいですが、体長の半分くらい長かったです。
b0014576_23143799.jpg

腎臓疾患で3ヶ月以上の闘病の末、天国に召されました。
わたしをハム・ジャンキーにした憎い奴です。
[PR]

by hamhaha | 2004-11-21 23:15 | ラーフ | Trackback | Comments(10)