<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

吉良の仁吉

懸賞 2006年 04月 29日 懸賞

昨夜のGOLGOLGO、『エスパー顕(ケン)ケンパ』などという
安田さんモード全開のリスナー参加企画をまたやってました。
大泉さんの鋭い突込みが秀逸でしたな。

安田さんは今度、NHK木曜時代劇「次郎長 背負い富士」というドラマに
「吉良の仁吉」という役どころで出演なさるそうです。
あまり出番は多くないようですが、
音尾さんに続いてまたもNHK時代劇、
担当者にチーム・ナックスのファンがいるのかも知れません。

「吉良の仁吉」は実在の人物だそうで
安田さんは思い立ってふらりと
仁吉のふるさとである愛知県吉良町にお墓参りに行ったとか。

お墓のあるお寺の住職にうっかり「今度仁吉の役を演じる」と言ってしまった安田さん。
たちまち大歓迎で、町長にまで会わされて写真も撮らされて
「この写真を町長のホームページに載せる」と言われたそう。
事務所関係の問題もあり、写真掲載はなくなったそうだが、
見たかった、町長と握手する安田さん。
「吉良の仁吉」は吉良町が誇る「吉良三人衆」のひとりだそうで
町民に愛されているのね。

寡聞にして知りませんでしたけれども
「吉良の仁吉」は講談や映画や歌にもなっているそうです。
安田さん、出番は少ないけれども大役ですな、期待してますよ。
[PR]

by hamhaha | 2006-04-29 07:40 | たわごと | Trackback | Comments(4)

10歳だね

懸賞 2006年 04月 26日 懸賞

先週、実家に帰ったら
実家の犬のジョンが
かなりじじむさくなってしょぼくれた感じになっていて驚いた。
そういえば、ジョンも10歳だものね。
うちの初代ハムスターのラーフと同い年だものね。
(どうしてハムスターを基準に計算するかな、わたし)

若いときからしょぼくれた感じで
長生きせんなと漠然と思われていたジョンだが
10歳でまだ大病をしていないから立派だよ。

まったりと長生きしてくれたまえ。

ということで、若き日のジョン。
(若いけれどもしょぼくれているが)
b0014576_6303340.jpg

[PR]

by hamhaha | 2006-04-26 06:32 | たわごと | Trackback | Comments(10)

ガブハム

懸賞 2006年 04月 17日 懸賞

最近ガブハムの話題をよく目にするので
うちのガブハムの話を。

うちの歴代ハムは、男子は基本的に噛まないハムだった。
唯一の女子、二代目ルーちゃんはかなりのガブハムだった。
齧るというより、喰らうという感じで噛む。
隙を見ては噛む。
ルーちゃんはわたしを食料としてみていたのかと思うほど容赦のない噛み方だった。
噛まれるたび、わたしはルーちゃんを抱き上げ、顔の前に持ってきて、
「噛んじゃダメだって言ってるでしょう!」と叱った。
だが、ルーちゃんには効果がなかった。

あるとき、動物病院でハゲ検査のためルーちゃんは毛をむしられた。
獣医さんのあまりの手際の悪さで痛い思いをしたルーちゃんはわたしを噛んだ。
それまでで一番激しい噛み方で、傷が深く、絆創膏3枚貼っても出血が止まらず
絆創膏が瞬く間に真っ赤になった。

でも、ルーちゃんは痛い思いをしたのでこれはしょうがないと、わたしは叱らなかった。
ルーちゃんも反省した様子はなかった。

だが、ルーちゃんは心ひそかに反省していたらしい。

噛まなくなったのだ。

1歳を過ぎていたルーちゃんは人間で言うと三十代、分別盛り。
噛まないという判断をするには遅きに失したきらいは無きにしも非ずが
わがままで身勝手で唯我独尊の女王様のルーちゃんが反省するなんて
驚きだった。

ということで、ガブハムでも反省することがあるんですよ。

「なんか、むかつくわ~、ガブガブ」byルーちゃん。
b0014576_21464126.jpg

[PR]

by hamhaha | 2006-04-17 21:49 | ルーちゃん | Trackback | Comments(12)

お店プリント

懸賞 2006年 04月 06日 懸賞

龍彦の画像を写真店でプリントしてもらった。
龍彦の画像は3000枚ほどある中から50枚弱選んだ。
3000枚といっても、連写したのでほぼ同じ画像とか、
ボケている画像とか、フレームに納まっていない画像とかが多いので
まともなものは少ない。

プリントする画像を選んでから、それをすべてトリミングした。
ハムスターは小さいので、マクロ機能で撮っても無駄な空白が多くなるから。

CD-Rに入れて、写真店に持っていった。
「50枚くらいなら20分でできます」と言われ、
そのへんで時間をつぶしてから、ドキドキしながら受け取りに行った。

きれいだ。
とてもきれい。
これがプロの仕事なのね。
鮮明なプリントなので、龍彦がとても可愛く見える。
そして、今にも動きそうなくらい生き生きしている。
b0014576_22141964.jpg
死の数日前の写真ですらとてもきれいだ。
目もきれいで、耳もピンとして、毛並みもつやつや。

こんなにきれいにプリントされるなら、
今回、プリントしなかった画像もなんとかトリミングして
また今度プリントしにいこうと思う。
[PR]

by hamhaha | 2006-04-06 22:20 | 龍彦 | Trackback | Comments(16)

一生責任を持って

懸賞 2006年 04月 04日 懸賞

ペットショップのハムスターの売り方には、わたしが知る限り2種類ある。
Aタイプの店は
入荷したハムスターをその日のうちに店頭に並べ、その日のうちに売る。
Bタイプの店は
入荷したハムスターにすぐに値段をつけず「調整中」として2週間ほど体調管理してから売る。
Bタイプの店のほうがハムスターの体調はいいと思う。
飼ってすぐ死んでしまうというのはAタイプのお店のほうが多いのではないかな。

初代から3代目までのハムスターは店は違うがすべてBタイプの店で買った。
ハムスターを買うと、
「通常の飼い方で一週間以内に死亡し場合は新しいハムスターを差し上げます」という保証書と
「ハムスターの飼い方」という紙をくれる。
口頭でも、ハムスターにしてはならないことをクドクドと語り、
そのとき一緒に購入した粟の穂を指差して「まだ子供なんだから一日1個だけ与えてください」と注意し
「ほんとうにこんなヤツがハムスターを飼えるんだろうか」といわんばかの冷たい目でわたしを見る。
商売として客をそんな目で見るのはどうかと思うが、これもハムスターを思うゆえか。

あるとき、とあるBタイプの店に行ったとき、
小さめのプラケースに大きいジャンガリアンハムスターが入れてあったのを見た。
そのプラケースに
「一生責任を持って飼ってくれる人にタダでお譲りします。
お譲りするかどうかは店が判断します」という紙が貼ってあった。
飼い切れない飼い主から引き取ったらしい。
かわいそうなのでちょっと名乗ろうかと思ったが
お店に「あんたにはやらん」といわれる気がしてやめた。

その後、そのペットショップに「一生責任を持って・・・・・」の張り紙をされていたアヒルの集団もいた。
アヒルの集団をペットショップに引き取ってもらった飼い主もいたのか、
飼いきれるかどうかは、飼う前に判断できんのか、と驚いてしまった。
最近はその張り紙の動物がいないので、引き取るのはやめたのかな。
きりがないしね。

ハムスターの寿命は2年~3年。
生活環境が変わって飼えない状況になるという場合は少ないと思います。
大切に一生飼ってください。
[PR]

by hamhaha | 2006-04-04 06:52 | ハムスター | Trackback | Comments(10)

今日から四月

懸賞 2006年 04月 01日 懸賞

b0014576_8583928.jpg

今日から四月です。
でも、今朝のわたしの車は…。
北海道の春は遠い…。
[PR]

by hamhaha | 2006-04-01 08:58 | たわごと | Trackback | Comments(12)