<   2011年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

撮れるものなら撮ってごらんなさい~なハムスター

懸賞 2011年 03月 29日 懸賞

「はむはは、だからこのブログは僕の!」
b0014576_2094955.jpg

わかったわよ、マロンくんの画像をアップするわよ~。
b0014576_2010165.jpg
b0014576_20102548.jpg
b0014576_20103331.jpg
b0014576_2010425.jpg
b0014576_201049100.jpg
b0014576_20105581.jpg

どうこのボケボケキレキレ具合。
「・・・単に写真撮るの下手なだけじゃん~」
なんだと~!
(本当のことを言われると怒る)
[PR]

by hamhaha | 2011-03-29 20:11 | マロン | Trackback | Comments(2)

ユキヒョウ・ヤマトの猫ざぶとん

懸賞 2011年 03月 28日 懸賞

またも日曜日の旭山動物園ですよ。
シンリンオオカミのケンとマース。
b0014576_2026688.jpg

子供が生まれるかもしれないご夫婦ですが、ちょっとそっけなく見えます。
b0014576_20262292.jpg

年中ラブラブの円山シンリンオオカミ夫婦・ジェイとキナコを基準に見てしまうからかしら。
もし子オオカミが生まれると、どんな色かしらねぇ。
b0014576_20265640.jpg


エゾヒグマ・ママのとんこさん、鋭意子育て中。
b0014576_20273899.jpg

エゾヒグマ・パパのくまぞうさん、惰眠をむさぼりまくっていました。
b0014576_20275716.jpg
道外から来ていた観光客の方々、
「ええ~、ほんとうにこんな大きな熊、その辺にいるの~?」
と叫んでいました。
いるんですよ~、札幌の山のほうにも。

最高齢ユキヒョウのゴルビーさん亡き今、ユキヒョウ界の未来を担うヤマト。(大げさ?)
下から見ると、ムートンの座布団のようです。
b0014576_20283712.jpg

円山動物園から一緒にやってきた寄せ書きも、陽に晒されて消えていました。
b0014576_20285822.jpg

猫のようにくつろぐヤマト。
b0014576_2029146.jpg
b0014576_20292236.jpg
ずいぶん旭山になれたんだね、よかったわ。

アムールトラののんちゃん、去年一昨年寡婦になってしまったのよね。
b0014576_2029428.jpg

いつもより早く旭山動物園を後にしました。
お子さんが多すぎて、走り回るから、よけるのが大変で。

お子さんたち、楽しかった?
春休みをうんと楽しんでね。
[PR]

by hamhaha | 2011-03-28 20:33 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(6)

画像忘れた

懸賞 2011年 03月 27日 懸賞

マロンくんの体重142g
もちろん大掃除あと。
マロンくん、うろうろ。
[PR]

by hamhaha | 2011-03-27 23:39 | マロン | Trackback | Comments(2)

ピリカとサツキの大祭り

懸賞 2011年 03月 27日 懸賞

今日も旭山動物園に行ってきました。
来月4月は旭山動物園がほとんど休みなので行けませんし。
二週間前より寒いわ~。
b0014576_2235471.jpg


アジアからの観光客は全くいなくなり、代わりに今日来ていたのは
西日本からのツアー客のようです。
子供の春休みの旅行に来ていたんですね。
西日本は元気なんですね。よかったわ。

子供がガラスをたたこうとすると
「ガラスをたたかないでって貼ってあるでしょ」と叱る親御さんが数人いました。
えらいわ。

ホッキョクグマのピリカです。
b0014576_22353337.jpg
二週間ぶり~。

ピリカは相変わらず同居しているサツキが怖いらしいですが、
ちゃんとあいさつするようになりました。



プールに入るとはじけます。
b0014576_22421298.jpg

ピリカとサツキのお祭りです。



ピリカ、サツキが遊んでくれてよかったね。

プール側の放飼場では、イワンとルルが同居中。
イワンがルルに無体な真似をしたらしく、ルルがおかんむり。
b0014576_22394378.jpg
b0014576_22395532.jpg

すっかりイワンを拒否モードになってました。



もう、勘弁してよねぇ~。
b0014576_2240739.jpg


デナリといい、イワンといい、
北海道のオスのホッキョクグマは、困ったものだわ。
[PR]

by hamhaha | 2011-03-27 22:48 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(0)

フェイントするハムスター

懸賞 2011年 03月 26日 懸賞

さあ、マロンくん、誕生日だからイチゴを買ってきたよ、高かったんだよ。
b0014576_6574464.jpg

って、栗からいくか!
b0014576_6575438.jpg

次、次はイチゴを。ペレットか!
b0014576_6582152.jpg

トイレに行って?
b0014576_6583878.jpg

次こそイチゴを!
「うるさいなぁ」
b0014576_6585276.jpg

ってまたペレットか~!
b0014576_659223.jpg


あきらめてカメラを置いたとたんイチゴを持ち去りました。
・・・そんなフェイントはいい!
[PR]

by hamhaha | 2011-03-26 06:59 | マロン | Trackback | Comments(4)

ハッピーバースディなハムスター

懸賞 2011年 03月 25日 懸賞

「はむはは、今日3月25日は何の日か知っているか?」
b0014576_3231052.jpg

マロンくんの1歳の誕生日
「ごちそうは?」
ミニコーンをどうぞ
「もらっとくけれども、別にごちそうを用意してね」
b0014576_3233278.jpg




はいはい、今日の帰りに買ってくるよ。

マロンくん、1歳おめでとう。
来年も再来年もずっと誕生日を祝おうね。

マロンくんの誕生日なので緊急災害時動物救援本部にも
ハムスター用品の支援物資を送ります。
[PR]

by hamhaha | 2011-03-25 03:26 | 動物 | Trackback | Comments(6)

ホッキョクグマとヒマラヤグマ

懸賞 2011年 03月 23日 懸賞

月曜日は祝日だったので、また円山動物園に行きましたよ。
円山動物園感謝デーで、
ホッキョクグマ担当飼育員さんによるホッキョクグマのガイドがあったからです。

ララは昨年、ベビーを産みました。
現在、子育てできるホッキョクグマはララだけです。
「成功するためには、ララの嫌がることはしない、というだけです」
それが一番大変なんじゃないでしょうか。
園長が「日本でただ一人ホッキョクグマの自然繁殖ができる飼育員です」と紹介していました。
ベビーの公開は4月第一週のようです。
b0014576_2239244.jpg

円山動物園にはカラスが多いから、しっかり歩けるようにならないと公開できないようです。

今年デナリの嫁に来たキャンディ、サツキ時代にララのと同じような産室を作ってあるそうです。
サツキが使用しなかった産室をぜひとも使用してください、キャンディ。
「お願いします」byデナリ
b0014576_2240122.jpg

「って言われても~」byキャンディ
b0014576_22414115.jpg

世界のクマ館で、エゾヒグマ栄子さん担当の飼育員さんが
栄子さんの檻の前の雪かきをしていました。
雪をヒマラヤグマのお濠に捨てているのですが、
ヒマラヤグマのトモとミナミは落ちてくる雪を下で待ち構えていました。
b0014576_2242730.jpg
なぜ?



ナマケグマのゴマキ。
久しぶりに顔を見たわ。
b0014576_22431655.jpg


追伸
北海道電力のHPより。

当社では「被災地での電力不足」を支援するため、3月13日(日)から北海道と本州を結ぶ送電線(北本連系設備、設備容量:60万kW)を通じて最大限の電力融通を継続しているほか、東北電力株式会社ならびに東京電力株式会社へ出来る限りの支援を実施しております。

もっと送ることができればいいのですが、送電線の関係でこれが精いっぱいのようです。
[PR]

by hamhaha | 2011-03-23 22:44 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)

ラブラブ夫婦

懸賞 2011年 03月 23日 懸賞

まだ日曜日の円山動物園です。
ララのベビーの画像は3月7日のものになっていました。
b0014576_72484.jpg

赤外線暗視カメラの前に出てきています。
b0014576_73074.jpg


デナリの新しいお嫁さんのホッキョクグマのキャンディ、お初です。
b0014576_732361.jpg

デナリをよろしくお願いします。え?いや?まあそう言わず。
b0014576_734146.jpg

勇み足をしてキャンディに嫌われただろうともっぱらの噂のデナリ。
b0014576_7421.jpg

失敗しちゃった。
b0014576_741563.jpg
挽回してくださいね。

黙っていればイケメンのシンリンオオカミのルーク。
b0014576_742933.jpg

自分のしっぽを追いかけていました。
b0014576_744458.jpg

やっぱりパパ・ジェイのほうがイケメン。
b0014576_75436.jpg

一家団欒。
b0014576_751864.jpg

発情期が過ぎてもラブラブなご夫婦。
b0014576_753624.jpg

キナコがしつこいのでジェイにガウされてました。
b0014576_755478.jpg
キナコ、うれしそう。

わたくしの癒しのウサギ、ダイダイくん。
b0014576_761090.jpg

ママ・レッサーパンダのココ、
b0014576_763279.jpg
時々目をあけながら寝ています。

双子の姉妹のリリィと
b0014576_765189.jpg
ライラ。
b0014576_77360.jpg


円山動物園にある募金箱は日本水族館動物園協会(JAZA)のもの。
b0014576_772574.jpg
水族館と動物園の支援に使われます。
ほとんどの動物園水族館はそれほど被害はなく、餌が不足しているくらいのようですが
(JAZAが支援して送っているそうです)
まりんぴあ福島は魚類は全滅だそうです。
[PR]

by hamhaha | 2011-03-23 07:10 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

どうぶつのくにガイドツアー

懸賞 2011年 03月 21日 懸賞

昨日は「どうぶつのくに」ガイドツアーというものに参加しました。
酒井園長は円山動物園をそれほど知らない人たちを想定していたようですが
地元民が多めでした。
b0014576_616696.jpg
酒井園長から円山動物園の取り組みを説明していただいた後、新旧爬虫類館へ。
ここは担当飼育員さんが解説してくれます。
爬虫類マニアの間では「師匠」と尊敬されるカリスマ飼育員さん。
ツアー前にすれ違って、「Hさん見ちゃった~」と喜んでいましたが解説していただけるとは。

現・は虫類館は昭和46年開館、当時は画期的な建物だったようですが、問題が多いそうです。
一番の問題は集中暖房と乾燥。
個々の個体に合わせた環境づくりができないそうです。
b0014576_6165420.jpg

そこで、新・は虫類・両生類館。
来月オープン予定ですが、先に見せていただきました。
園長の長靴、おしゃれ。
b0014576_6171929.jpg

「予算をどう使うかということですが、まず動物の環境づくり、最後に外観」
大切な考え方だと思います。
太陽光発電を備えた実用重視の外観。
b0014576_6182591.jpg

「もっと研究室っぽくしたかった」と担当飼育員さん。
新・は虫類・両生類館は、個別の個体の温度湿度を管理できるようにしているそうです。
その個体のふるさとの植物も配し、個体ごとの環境も管理します。
b0014576_6192339.jpg

「これはネバダ州」「これは南アフリカ」「これはオーストラリア」
凝ってます。
b0014576_6275430.jpg

「これはこの辺」
地元の個体をないがしろにせずに展示していくというのもコンセプトのひとつ。
b0014576_6195323.jpg

今の一番の悩みはとべ動物園からくる4メートルくらいのオスのガビアルモドキを
どうやって入れるかということだそうです。
4メートル・・・・でかい。

つぎにホッキョクグマのララのモニター室。
スーパーハウス、うちの会社にもあります。
b0014576_6283314.jpg

ライブですよ、ライブ! ララは寝ていたけれども。感激。
b0014576_6284938.jpg

噂の安産のお守り。
b0014576_629483.jpg


次に猛禽類の野生復帰施設。
動物園で生まれた個体や、保護された猛禽類を訓練をして野生に返すための施設です。
b0014576_6293294.jpg
カラスが入り込んで出られなくなっているのもいます。
猛禽類と同居するカラス・・・。円山ならでは。

まだからっぽなシマフクロウ施設。
b0014576_6294959.jpg
現在、シマフクロウを飼育しているのは釧路動物園だけですが
鳥インフルエンザなどの対策として分散飼育が望ましいだろうということで
円山動物園と旭山動物園にシマフクロウの施設が用意されているそうです。
早ければ今年か来年シマフクロウが来る予定です。

換羽中のとびのデューク。ブレた~。
b0014576_630361.jpg

いろいろ勉強になりました。ありがとうございます。
[PR]

by hamhaha | 2011-03-21 06:44 | 動物 | Trackback | Comments(4)

クヌート

懸賞 2011年 03月 20日 懸賞

ベルリン動物園のホッキョクグマ、クヌートが19日、急死したそうです。
先日4歳になったばかりでした。
4歳と言えば、ピリカよりも若いですね。

クヌートは生まれてすぐに母親から育児放棄され、人工哺育で育ちました。
飼育係のトーマス・デルフラインさんが献身的に育てましたが
2歳になる前にデルフラインさんは急死。

映画になったり、安楽死議論が起こったりとさまざまな話題の中心になっていた
世界一有名なホッキョクグマでした。

クヌート、安らかに。
[PR]

by hamhaha | 2011-03-20 10:07 | 動物 | Trackback | Comments(2)