<   2012年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

イコロは気遣いのできる男

懸賞 2012年 02月 28日 懸賞

「はむははおばさん、僕を忘れていませんか~?」
b0014576_6401956.jpg
忘れていませんよ~、イコロさん。

おびひろ動物園続きです。
ホッキョクグマ舎はいままでイコロ1頭が広々と使っていたのですが、
アイラが来るにあたって、真中に仕切りを入れられ、半分に区切られました。
b0014576_6403592.jpg

イコロはかわいい3歳児~と思っていましたが、
アイラと比べると大きいですね~。

そして、隣の妹アイラが気になって仕方がないようです。
b0014576_6402946.jpg
隙間からのぞきます。
ストーカーくまと化しています。
しかも鼻息が荒い。

「なんだか変な音がする~」とアイラ。
b0014576_6403766.jpg

かわいい子を見て鼻息が荒くなるのはパパのデナリと一緒だね。
b0014576_6473981.jpg




でも、その子は妹だから~。

くまのひらき。
b0014576_6402141.jpg

ずずず~っと地味に滑って地味にブイ遊び。
b0014576_6402334.jpg
b0014576_6402479.jpg

地味に穴掘り。
b0014576_6404584.jpg
イコロの遊びは地味でした。

あ、そうか~、となりにアイラが来たばかりから、
驚かさないように静かに地味に遊んでいるんですね。
さすが、イコロだわ、心づかいの男!
ポイント高いよ~。

「でも、鼻息がうるさい~、減点1」byアイラ
b0014576_6404145.jpg

[PR]

by hamhaha | 2012-02-28 07:02 | おびひろ動物園 | Trackback | Comments(2)

アイラは輝くダイヤモンド!

懸賞 2012年 02月 27日 懸賞

昨日は遠出ですよ~。
朝食はガッツリ!
b0014576_801358.jpg

b0014576_801748.jpg

お昼御飯が2時過ぎになるから。
ということでおびひろ動物園です。
2月26日はおびひろ動物園冬期開園の最終日、開園時間は11時から14時の3時間。
もともとイコロに会いに行く気でしたが妹のアイラも移動しました。
円山動物園のホッキョクグマのアイラがおびひろ動物園に移動してから1週間たちます。
b0014576_803622.jpg

まだ1歳2か月の小さいアイラ、
飼育展示係2さんがアップしたYouTubeの動画で、
移動当日、一人になってからアイラが泣き叫んでいた様子がつらかったです。

ホッキョクグマ前にはたくさんのお客さんがいました。
アイラは昨日より元気で、遊んでいるところも見えたと教えていただき、ひと安心。
アイラ、走ってますね。
b0014576_804697.jpg




ブイでも遊んでいます。
b0014576_80382.jpg
b0014576_804014.jpg
b0014576_80413.jpg




ベターっとお昼寝。
b0014576_804775.jpg

お客さんが「アイラかわいいね~」と声をかけると、
アイラが「ん?アタシ?」という感じで振り返りました。
みなさん爆笑。
そうそう、アイラ可愛いわ~。

担当さんにおやつをもらいました。
b0014576_805274.jpg

担当さんを後追いしていましたね。

しまくまアイラ。
b0014576_805140.jpg

移動して1週間もたっていないのに、素晴らしい順応力ですね。

アイラは両親ともに動物園生まれ、自分も動物園生まれのホッキョクグマです。
父のデナリはのんびりしていて、「動物園のくまさん」の性格ですが、
母のララは野生出身かと思うくらい野生っぽくて用心深いです。
アイラは母の野生を色濃く引き継いでいるような気がします。
野生ではほかの動物に弱みを見せると殺されてしまう危険があります。
アイラは母と離れ、混乱しながらも、野生の本能で弱みを見せずに頑張っているのではないでしょうか。
アイラは本当に強い子だと感心しました。

担当の2さんを後追いしたり、お昼寝したりするところは「動物園のくまさん」ですね。
アイラはとてもバランスのとれたくまだと思います。
次のおびひろ動物園の通常開園で会えるのを楽しみにしています。
[PR]

by hamhaha | 2012-02-27 08:06 | おびひろ動物園 | Trackback | Comments(2)

ダイエットするハムスター

懸賞 2012年 02月 23日 懸賞

マロン邸大掃除&体重測定。
b0014576_23252145.jpg

136グラム・・・・・。
かなり減っているわっ!
どうして?
病気?
ダイエット?

「教えてあげない~!」
b0014576_2325253.jpg
くっ、かわいくないじいさま!
[PR]

by hamhaha | 2012-02-23 23:26 | マロン | Trackback | Comments(6)

イケメン・デナリの苦悩

懸賞 2012年 02月 21日 懸賞

おびひろ動物園の公式ブログや、円山動物園園長のツイッターによると、
ホッキョクグマのアイラは無事おびひろについて落ち着いているようです。
仁王立ちしていました。
さすがアイラ。
b0014576_1122134.jpg

ララもいなくなったアイラを探していたようですが
すでに落ち着いているそうです。
b0014576_112424.jpg

ララは息子たちイコロとキロルと別れてから、ふたくまと再会しました。
ひとくまは夫のデナリ。釧路単身赴任から帰ってきました。
デナリは大人のくまだから、
ララも「うちの宿六、どこほっつき歩いていたのよっ!」という感じだったかもしれません。

もうひとくまは娘のピリカ。
小さかったピリカが立派に美しく成長して帰ってきました。
それで、賢いララにはわかったはずです。
突然消えてしまった子供たちは、別のところで元気に暮らしていると。
そして、また戻ってくることもあると。
ピリカは図らずも親孝行していたのですね。
イコロ・キロル・アイラの所有権は円山動物園にありますので、帰ってきてもおかしくはありませんね。

さて、アイラを送る会のあった日曜日、ホッキョクグマ・パパ、デナリも頑張っていました。
キャンディとの繁殖を成功させようと、アプローチしに行ったのです。
キャンディは激しく吠えて拒絶していました。
失意のデナリ。
b0014576_112975.jpg

キャンディはどうしてデナリがいやなのかなぁ。
こんなにイケメンなのに。

キャンディ、ブラピが好きなのかもしれないけれども
ジョージ・クルーニー(デナリ)も悪くないよ~。
「ジョニー・デップなら妥協するけど、クルーニーはイヤ!」
b0014576_112768.jpg
まあ、そういわずに。
[PR]

by hamhaha | 2012-02-21 23:59 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

ホッキョクグマ「アイラ」を送る会

懸賞 2012年 02月 19日 懸賞

b0014576_21454927.jpg

そこはアイラの楽園でした。
b0014576_21453061.jpg

世界基準(誰が決めたの?)にははるかに及ばない
古いコンクリートのホッキョクグマの放飼場。
b0014576_21452847.jpg

でも、そこはアイラの幸せが満ちていました。
b0014576_21453438.jpg

なぜなら、母のララがいるから。
b0014576_21455272.jpg

厳しく優しくアイラを包み込み見守ってくれたララ。
ララさえいればアイラは何も恐れることはなく、幸せしか感じられませんでした。
b0014576_2145403.jpg

ララは神経質に周りを警戒していました。
b0014576_21453272.jpg

ハイテンションで遊ぶアイラを見守り、相手をしていました。
b0014576_21454836.jpg

新しいポリタンクをもらったアイラは上機嫌で遊んでいました。
b0014576_21454798.jpg

たくさんのお客さんがいるのは、アイラには楽しいけれども、
b0014576_21454540.jpg
ララには不安でした。
b0014576_21454292.jpg

明日、何が起こるか、知らないのはアイラだけです。
b0014576_21455443.jpg


明日、アイラはララと離れて一人になります。
一人でおびひろまで旅をして、知らないくまの隣に入れられます。
その知らないくまは血のつながったお兄ちゃんなのですが、アイラにはわかりません。
アイラはララを探して泣き叫び、孤独と恐怖に打ち震えるでしょう。

アイラ、つらいけど耐えてね。
試練を乗り越えて、立派なくまになってね。
アイラが少しでも早くおびひろに慣れて楽しく過ごせるように
たくさんの人々が祈っているよ。

園長さんがアイラに立派なパートナーを探してくれると言っていたから
将来ララのような偉大な母になってね。
[PR]

by hamhaha | 2012-02-19 21:52 | 円山動物園 | Trackback | Comments(10)

テレビ番組とアムールトラ

懸賞 2012年 02月 18日 懸賞

北海道のテレビ番組でミニョン・ヌーボーとかいう番組があって、
タレントの里田まいさんが円山動物園の飼育員体験をするというのを二週にわたって放送していました。
牛の世話をしたことがあるという里田さんは
エランドのフンに臆することなく手早く掃除していました。

その番組で、その時はまだ円山にいたアムールトラのリングが出ていました。
b0014576_3423719.jpg

担当さんが「リング~」と呼ぶと、リングがやってきて、担当さんのこぶしの匂いを嗅いでいました。
1年ほどしか円山にいなかったのに随分と慣れていましたね。

リング去りしあとのアイちゃん・の、肉球。
b0014576_3422875.jpg
アイちゃん、子供ができているかなぁ・・・・。

アムールトラの下の部分にいろいろ画像が掲げられていましたが、
リングの分を取り除いたらしく、スカスカです・・・。
b0014576_3423169.jpg


24日夜はBS日テレでオランウータンのていちゃんと担当さんですよ、見ましょうね。
[PR]

by hamhaha | 2012-02-18 23:59 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)

サフォークラム・ジンギスカン

懸賞 2012年 02月 16日 懸賞

もうすでにさっぽろ雪まつりも終わってしまいましたが
まだ寒いですね~。
今シーズンは異常です。

雪まつりとともに終わった三越札幌店の催事「北海道味覚めぐり」
ハンバーガーを買いました。
b0014576_6103947.jpg
パテは十勝産の牛ということで、とてもおいしかったですが
バンズは好みじゃなかったなぁ。

士別のサフォーク種ヒツジのジンギスカン。
b0014576_6104145.jpg
北海道で食べられているジンギスカンはほとんどがニュージーランドから輸入されたヒツジで
北海道産のヒツジは珍しいんです。
お肉おいしかった。
味付けは、もっと甘くして~。
ジンギスカンは甘くなきゃ!
[PR]

by hamhaha | 2012-02-16 06:12 | グルマン・レポート | Trackback | Comments(2)

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2012

懸賞 2012年 02月 15日 懸賞

お正月にNHKで放送していたので録画したウィーンフィルのニューイヤーコンサート。
b0014576_1841721.jpg

生中継だったのに今頃見ました。今頃見たのでライブ感なし。
シュトラウスのワルツやポルカを中心とした演目でとても楽しかったです。
指揮はマリス・ヤンソンス。
少年のように軽快で躍動感のあるいい指揮でした。
いたずらっ子のように表情が豊かなのが楽しい。
b0014576_18414493.jpg

ウィーン国立バレエ団のバレエも時々入りました。
バレエもライブだったのかしら?
b0014576_18421844.jpg

「コペンハーゲン蒸気機関車のギャロップ」では
打楽器担当の方々が駅員に扮して面白いもので(楽器じゃないよね)で音を出したり
b0014576_1843889.jpg

「鍛冶屋のポルカ」では指揮者が鍛冶床をたたいたりと演出も楽しいですね。
時々出てきたウィーン少年合唱団の少年が歯の矯正器具を付けているのがアップになったのもご愛嬌。
楽しい演目でしたが、演奏はとても丁寧で気持ちがよかったです。

観客には和服をお召しになった日本のご婦人もいらっしゃいました。
和服はどこで着ても遜色ないですね。

この録画、楽しいので携帯に入れようと思うのですが
「SDカードに保存」がエラーでできなくて困っています。
無理なのかなぁ。
[PR]

by hamhaha | 2012-02-15 06:40 | たわごと | Trackback | Comments(4)

世界の熊館裏側探検その2

懸賞 2012年 02月 14日 懸賞

つづきです。
2月12日の世界の熊館裏側探検、次はホッキョクグマのデナリの檻です。
「デナリを室内に入れます」と扉を開けると、デナリが勢いよく入ってきてエサにかぶりつきました。
b0014576_3282698.jpg

知らない人たちがいようがお構いなしです。
デナリは歯が悪いと思っていましたが、
鶏をバキバキ食べているところは大迫力で、歯も問題なく見えました。
さすがパパ、かっこいい。
b0014576_3283158.jpg

日本で繁殖能力が実証されているオスのホッキョクグマは3頭だそうです。
たぶんデナリとデナリのいとこのアークティク(アドベン)、そして姫路のホクトのことだと思います。
繁殖能力のあるデナリを、ララの子育ての時に遊ばせているのはもったいないので、
別のメスと繁殖させようとしました。
サツキ(円山所有)とクルミ(釧路所有)とキャンディ(豊橋所有)です。
b0014576_328276.jpg

今のところララ以外では成功していませんが、
今シーズンはぜひともキャンディも赤ちゃんを授かってほしいものです。

デナリの隣はアメリカクロクマの風子。
風子は放飼場で冬ごもりをしているので、扉を開けても入って・・・・
入ってきました。
b0014576_328719.jpg

中途半端に冬ごもりをしているので、おなかがすくと室内に入ってくるそうです。
風子もたくさんの知らない人間に動じていませんでした。
デナリも風子も放飼場が人間に近いので、慣れているのかもしれません。
室内の風子はやはりかわいかったです。

ホッキョクグマのアイラは、キーパー通路の扉を外からドンドン叩いていました。
最後にララの産室の説明とララの子供たちのことを説明していただいて、
予定時間30分オーバーで裏側探検を終了しました。
ありがとうございます。

ホッキョクグマ側からぞろぞろ出ていくと、アイラが不審そうに見ていました。
「アンタたち、なにしてたのよ!」
b0014576_3281180.jpg
なにもしてませんよ。

アイラはいつも楽しそうですね。
b0014576_3281319.jpg

毎週日曜日の「世界の熊館裏側探検」は19日は中止だそうです。
アイラの移動の準備があるので。
アイラ、ママと離れるのはとてもつらいけれども、
試練を乗り越えて立派なくまになってね。

喧嘩するシンリンオオカミのユウキとショウ。
b0014576_3281694.jpg
この子たちはずっと両親と一緒にいるのね。

パパ・ジェイは相変わらずイケメン。
b0014576_3281726.jpg

エゾシカのイザベル。
b0014576_3282129.jpg

前日威嚇されたので、また近寄ってみました。
ほら、イザベル、また威嚇して~!(なんだそりゃ)

・・・・・鹿頭(シカト)!
b0014576_3282244.jpg

[PR]

by hamhaha | 2012-02-14 23:59 | 円山動物園 | Trackback | Comments(4)

世界の熊館裏側探検その1

懸賞 2012年 02月 13日 懸賞

昨日・日曜日。
朝早く起きたのに、気が付けば午後になってました。
あれ?タイムスリップしたかしら?
あわてて円山動物園に。
昨日の目的は「世界の熊館裏側探検」限定20名(抽選)
希望人数がちょうどだったので無抽選で行けることになりました。よかった。

世界には7種の熊がいますが、世界の熊館は建設された当時は7種すべてがいたそうです。
今はメガネグマ以外の6種がいます。
世界の熊館は横長ですが、一番北側のヒマラヤグマの入り口からバックヤードに入りました。
ヒマラヤグマのトモとミナミはまだ外なのでバックヤードの檻はからっぽ。
b0014576_13032.jpg

ヒマラヤグマのとなりの檻には
エゾヒグマの栄子さんが!
栄子さんがいました。
b0014576_117565.jpg

生存しているエゾヒグマとしては日本最高齢。
過去に最高齢だったエゾヒグマは39歳2か月だそうなので、
栄子さんは来月、その記録を塗り替えます。
足が悪く、動くのが困難になっている栄子さんですが、
毛艶もよく、元気そうです。
b0014576_117832.jpg

褥瘡にならないように、飼育員さんが毎日栄子さんの体勢を変えているそうです。
1年ぶりに元気そうな全身を見ることができて、とてもうれしいです。
b0014576_1171039.jpg

栄子さんは、こぐまのようなあどけない顔をしていました。
お客さんたちからも「かわいい」と言われていました。
栄子さん、ずっと長生きしてください。

栄子さんの隣はマレーグマ。
ウメキチは外に出ていましたが、ハッピーとウッチーがいました。
ハッピーは若いですが、ウッチーは24歳以上(円山動物園に来てからそのくらい)で高齢です。
くまペレットを口に入れて、また出して、また口に入れて、また出してを繰り返して食べていました。
面白い食べ方です。

マレーグマのとなりはナマケグマのゴマキですが、ゴマキはまだ外で、檻はからでした。

そしてその隣はホッキョクグマのキャンディの檻。キャンディはまだ外です。
キャンディの檻の周りは防音材を張り巡らせてあって、産室もありました。
妊娠した場合は、檻の周りも囲って遮音遮光をするそうです。
キャンディは人参が好きということで、人参がたくさん置いてありました。

その隣はデナリの檻です。(続く)
b0014576_130652.jpg

[PR]

by hamhaha | 2012-02-13 23:59 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)