<   2012年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

冬支度の動物たち

懸賞 2012年 11月 28日 懸賞

まだまだ円山動物園ですよ。
エゾユキウサギ、夏は色が濃くて、冬は真っ白になります。
b0014576_2272959.jpg
冬毛装着完了。

まだ完了していない面々もいますね。
b0014576_2273123.jpg

タンチョウヅル。
美しいわ~。
b0014576_2272123.jpg

フンボルトペンギンの池は温泉になったようです。
b0014576_2272343.jpg
ペンギンは寒い地域にいると思ってしまいますが、実はフンボルトペンギンはあたたかい場所のペンギン。
冬の池はあたたかくしないと泳げません。
池が暖かくなってテンションあがってますね。
b0014576_2272632.jpg

温度湿度管理万全のは虫類・両生類館。
久しぶりにツーショットを見たヨウスコウワニ。
b0014576_2273757.jpg
穏やかな顔ですね。

国内最高齢アンデスコンドルのウルスラ刀自。
b0014576_2273924.jpg
夏はバテていましたが、
寒くなっていた日曜日、元気に動いていました。まだまだ長生きしてね~。
[PR]

by hamhaha | 2012-11-28 22:20 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)

オオカミ・ユウキの変顔

懸賞 2012年 11月 27日 懸賞

さて、まだまだ続く円山動物園ですよ。
パパ・ジェイは本当にいつみてもいい男。
b0014576_46393.jpg
ガラス際を歩いてくれるサービス精神もありがたいわ~。

オオカミ双子の片割れのショウ。
口に怪我をしていますね。
b0014576_463653.jpg

オオカミ兄のルーク。
かわいいワンコなのが魅力的。
b0014576_463480.jpg

ルークも口に怪我をしていますね。
b0014576_463213.jpg

オオカミ双子のもう一方、ユウキ。
口に怪我はしていませんね。
b0014576_463063.jpg

パパに似てかっこいい~。
b0014576_46274.jpg

b0014576_462583.jpg

b0014576_46229.jpg
・・・変顔でした・・・。

ユウキは 貫禄が出てきたわ。
負けるな、お兄ちゃんルーク!
[PR]

by hamhaha | 2012-11-27 04:16 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

くま欠乏症な日々

懸賞 2012年 11月 26日 懸賞

チェコのブルノ動物園で土曜日の午後、ホッキョクグマの双子が生まれたようですよ。
旭山動物園のイワンのいとこに当たるのかな?
お兄ちゃんたちとは5歳1日違いだそうです。めでたいことです。
オスだったらアイラの婿に、メスだったら、イコロかキロルの嫁にくださいね。
(まだ言っている)
あ、もうすぐ生まれるララの子のパートナーでもいいです。

産室にお籠りしているララの様子はどうなんでしょう。
キャンディも外放飼場の扉が閉鎖されていたので、産室に入ったんでしょうね。
b0014576_5532295.jpg

ダブルツインズをお願いしますよ、お二方。
もし生まれることがなくても、体に気を付けて元気に出てきてください。

デナリ皇配殿下。お休み中。
b0014576_5531953.jpg

ご尊顔を拝したく存じます。
b0014576_5533614.jpg
ありがとうございます。

世界にいる7種のクマのうちメガネグマ以外がそろっている円山動物園。
世界のクマ館がホッキョクグマ出産準備で閉鎖中なのでクマに会えません。
唯一会えるエゾヒグマの若者組のとわ。
遠いなぁ。
b0014576_5532136.jpg

アライグマのチャン。下から見てこうだと、あおむけですね。
b0014576_5533154.jpg
クマじゃないけれどもいちおうクマの名前を持っているし。
b0014576_553335.jpg

チャンの放飼場に落ちていた帽子。これもおもちゃでしょうか。
b0014576_5533081.jpg

アライグマのアラレちゃん、こちらはうつ伏せ。
b0014576_5533451.jpg

ララとキャンディの朗報を待ってますよ~。
[PR]

by hamhaha | 2012-11-26 06:01 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)

レッサーパンダ・ココの感謝イベント2012

懸賞 2012年 11月 25日 懸賞

先週の大転倒にもめげずに本日も円山動物園に行きましたよ。
園内放送で「滑りやすいので足元にご注意ください」と呼びかけていましたが、
もう先週転んだから~。
先週は夏用靴を履いていましたが、今日はちゃんと冬用靴を履いていきましたので、足元は大丈夫です。

本日は札幌円山動物園のアニマルファミリー限定レッサーパンダ・ココの感謝イベントでした。
しかし、レッサーパンダ一家は12月12日オープンの新施設アジアゾーンに引っ越した後です。
オープンの日まで会うことはできません。
b0014576_3475967.jpg

主役のココには会えない感謝イベントでございました。
b0014576_3554283.jpg

担当さんが替わってから初めてのアニマルファミリーのイベントでしたが、
主役ココに会えないせいか、集まったファミリーはいつもより少なかったような気がします。

担当さんが替わって、ココとセイタの夫婦は新しい担当さんに慣れるのは早かったようですが
娘のライラがなかなかなれなかったようです。
ココとセイタは別の動物園から札幌にやってきたので、
担当さんが変わることには動じないのでしょう。
b0014576_3554456.jpg

円山動物園で生まれたライラにとっては初めての担当さん替えなので、驚いたと思います。
b0014576_3554063.jpg

今回、レッサーパンダの一家はそれぞれキャリーケースに入れられて引っ越しをしました。
ココとセイタは引っ越しは体験済みですし、キンとギンはまだ子供なので訳が分からなかったと思いますが
ライラが過剰反応したようです。
ライラにとっては初めてりキャリーケース。
双子のリリィがキャリーケースに入れられて二度と戻ってこなかったことを思い出したのかもしれません。
リリィは今は埼玉で元気に暮らしているのですが、ライラにはわかりません。
キャリーケースに入れた犯人が担当さんということで、ライラははまた担当さんを威嚇しているそうです。
ライラ、もう怒るのはやめなさいね。

新施設はいろいろ工夫がしてあって、楽しい施設のようです。
早く見たいですね。

そして、アニマルファミリーたちはレッサーパンダが去った旧放飼場に降り立ちました。
b0014576_348383.jpg

円山動物園で初めてレッサーパンダが飼育された、
ココとセイタが出会った場所。
双子のリリィとライラが、今年の双子のキンとギンが遊んだ場所。
もうすぐ片付けられてしまいます。
通りかかったお客さんがレッサーパンダの放飼場にいるファミリーたちに驚いたようです。
b0014576_348668.jpg

そういえば前も動物の放飼場に展示されたなぁ、
あれはボルネオオランウータンの放飼場だったわ。
お客さんが通路からこちらを見ていたわ。
動物の放飼場からお客さん側を見るのも新鮮で楽しいですね。

帰りに、レッサーパンダ一家のカレンダーをいただきました。
A3カラーの立派なものです。
でも、一つだけ難を言うと、世界一かわいいライラが載ってませんよ~。
あとでライラのシールを貼っておこうかしら。
[PR]

by hamhaha | 2012-11-25 23:59 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)

は虫類・両生類(蛇画像抜き)とレッサーパンダ

懸賞 2012年 11月 21日 懸賞

はい、まだ日曜日の円山動物園ですよ。
は虫類・両生類館に行きますと、とてもがらんとしていました。
貸切状態です。
ここまで人がいないのも初めてで、とてもゆっくり見ることができました。

センターラボにいるミツヅノコノハガエルのお子様。
b0014576_20213988.jpg
ミツヅノコノハガエルの子供はたくさんいましたが今はとても少なくなっています。
いろいろに施設にもらわれて行ったそうです。
行った先々でまた増えてください。

ミツヅノコノハガエルの親御さんです。何となく風格があります。
b0014576_20214237.jpg

キャハンヒキガエル。新入りカエルにメイン放飼場を譲ってセンターラボで楽隠居。
シブくて素敵。
b0014576_20214897.jpg

マルメタピオカガエルもセンターラボで待機中。
b0014576_20215146.jpg
この方、石を飲む癖があって、度々入院しているようです。

ソバージュネコメガエル。
b0014576_2023077.jpg
ツヤツヤですねぇ。

新入りカエルのコケガエル。カエルって言われても・・・・コケに見えますよね。
b0014576_20215491.jpg

ヨウスコウワニ。ご夫婦でお住まいですが、最近1頭しかいないように見えます。
b0014576_20215937.jpg

もう一頭はここです。
b0014576_2022164.jpg

ハミルトンガメ。絶滅危惧種だそうです。
b0014576_2022343.jpg

ガビアルモドキの幼体。大きくおなり。性別はもうわかったかしら。オスだったらいいなぁ。
(メスが2頭いるから)
b0014576_2022547.jpg

パンサーカメレオン。
b0014576_2022711.jpg
シャッター音が気になるらしく、こちらを見てました。うるさくしてごめんね。

雪が降っていても平気なレッサーパンダ子供のギン。
b0014576_20231280.jpg

風が強いのに上まで登っていたので飛ばされないかと心配でした。
b0014576_2023157.jpg

母のココもちょっとあわててました。無事降りてきましたが。
b0014576_20231629.jpg
レッサーパンダはもう新施設に引っ越ししましたね。

再開したこども動物園のアヒル。
b0014576_20231981.jpg

ガチョウ。「モルデン」という名のガチョウがいるそうですよ。
ニルスの不思議な旅ですね。
b0014576_2056542.jpg

[PR]

by hamhaha | 2012-11-21 00:00 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)

水滴とシンリンオオカミ

懸賞 2012年 11月 20日 懸賞

転んだ時の怪我に、昨日、やっと薬を塗ってもらって薬を出していただきました。
ま、基本、「放っとけば治る」というか、「放っくしかない」でしたが。

そのずるずる滑る足元の日曜日の円山動物園ですよ。
エゾシカ・オオカミ舎、室内でございます。
屋外は寒くて風が強くていられません。

ガラス面にはたくさん水滴がついていて撮影できる状態ではなかったですが構わず撮ります。
母・キナコです。室内にも入れるのでそれほど濡れていません。
b0014576_647916.jpg

双子のポージング。(前・ショウ 、後ろユウキ)
b0014576_6471162.jpg

無理やり一家勢揃い。
b0014576_6471312.jpg

お兄ちゃん(手前)と弟たち(奥)。
b0014576_6471555.jpg

かっこいいパパ・ジェイはなかなかこちらに来なかったので少ししか写せませんでした。
b0014576_6471782.jpg

上のほうの白い線が雪です。
b0014576_6471875.jpg

ララとキャンディが出産準備に入った「世界のクマ館」、
全面立ち入り禁止なので遠くから見るしかありません。
b0014576_6545729.jpg

デナリは一番近くなので、よく見えます。
b0014576_647227.jpg
b0014576_647081.jpg

ララは産室にお籠りしているようですが、キャンディは外に出ているようです。
キャンディは出産経験がないので、出産するとしても自分の体の変化がよくわからないでしょう。
放飼場に出ないで、産室にこもってね、キャンディ。
[PR]

by hamhaha | 2012-11-20 06:46 | 円山動物園 | Trackback | Comments(4)

初雪の円山動物園

懸賞 2012年 11月 18日 懸賞

本日円山動物園に行きましたが、雪が降って、風が強くて、足元が滑りまくって
転びました・・・・。
わたくし的には重傷・・・・。
(医者は放っておけば治るからと消毒もしてくれなかったけれども・・・・)
b0014576_20115128.jpg

追記
写真の白い線は雪が風に飛ばされているんです。
[PR]

by hamhaha | 2012-11-18 20:13 | たわごと | Trackback | Comments(4)

アムールトラのタツオの帰還

懸賞 2012年 11月 16日 懸賞

10年以上、円山動物園にいたアムールトラのタツオ、
一昨年、おびひろ動物園に長期出張に出ましたが
とうとう、12月7日に円山動物園に帰ってくるそうです。
b0014576_20181739.jpg

タツオは外見は若々しいですが、もう年だし、
長旅は無理かもしれないと、円山への帰還は半ばあきらめていました。

でも、タツオが帰ってくるんです。
新しいアジアゾーンの獣舎でまたアイと一緒に暮らすのです。
「アムールトラの「タツオ」が帯広から帰ってきます!」という公式HPを見たときは、
思わず涙ぐんでしまいました。

無事に帰ってきてください。
無事を祈っています。
どうか、タツオ、無事に帰ってきて、またアイちゃんと仲良く暮らしてください。
[PR]

by hamhaha | 2012-11-16 20:19 | 円山動物園 | Trackback | Comments(4)

ヤギと男と男と壁

懸賞 2012年 11月 12日 懸賞

テレビ放映された映画、「ヤギと男と男と壁」を録画していたのを見ました。
内容は知らなかったのですが、妙なタイトルなので録画していたのですが、コメディでした。
b0014576_2371291.jpg

ボブ・ウィルトン(ユアン・マクレガー)は新聞記者ですが、妻が編集長と浮気(本気)しました。
やけになったボブはイラク戦争の取材に向かいます。
そこで会ったリン・キャシディ(ジョージ・クルーニー)という男のことを過去に聞いたことがありました。
ベトナム戦争後に、アメリカ軍はビルという男をトップにして、
超能力者を集めた新地球軍を作り訓練していました。
その中で一番優秀な超能力者がリン・キャシディという男だったのです。
リンとボブはなりゆきで一緒にイラクに入り、強盗に遭ったり銃撃戦に巻き込まれたりします。

そして、砂漠の中のある基地でかつての新地球軍の仲間ビルと再会しすます。
そこは心理的に敵に対することを研究するところで、トップは超能力はないのに権力志向だったラリーでした。
リンたちはラリーの裏をかき、そこに囚われていた捕虜とたくさんのヤギたちを解放します。
ビルとリンは去って行って行方不明になりました。
リンたちになぜか心酔してしまったボブも、最後には壁のすり抜けをして去ってしまいます。

コメディですが、役者たちは皆真剣に真面目に演じています。

実際に新地球軍のメンバーやリンに超能力があったかどうかはわかりません。
思い出話として話される内容でしか超能力は出てこないのです。

たとえば、ヤギを見つめるだけで殺すことができる、
(なぜヤギかというと、犬は かわいそうで殺せないからだそうです)
壁をすり抜けることができる、などです。
その超能力がLSD(幻覚剤)の幻覚かもしれないということが示唆されているのがいかにもベトナム戦争後らしく、
ヒッピー文化を思わせます。

超能力なんか胡散臭い、と理性ではわかっていても
でも、実はあるんだよということであってほしい、というロマンを
純粋に追いかけている姿が見え隠れする、オタクのわたくしなどは共感してしまう映画でした。
[PR]

by hamhaha | 2012-11-12 23:30 | たわごと | Trackback | Comments(2)

黒豚のすき焼き

懸賞 2012年 11月 09日 懸賞

昨日の夕食、アジでございます。
b0014576_1826757.jpg
北海道民はあまりアジを食べません。
(地元では獲れないし)
でも、さっぱりとして大変美味でございました。

本日の昼食、黒豚のすき焼きでございます。
b0014576_1826914.jpg
道外の方々には、すき焼きは牛肉、という常識でしょう。
しかし、北海道では以前は豚のすき焼きが主流でした。
最近は北海道でも牛肉のすき焼きが大変普及していまして、
豚のすき焼きは風前の灯のようです。

確かに、牛肉のほうがすき焼きとしてはおいしゅうございます。
でも、北海道の文化だから、みなさん、豚すき焼きも忘れないでね。
[PR]

by hamhaha | 2012-11-09 18:28 | グルマン・レポート | Trackback | Comments(0)