<   2013年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

オラフの子孫

懸賞 2013年 10月 31日 懸賞

ドイツのロストック動物園のホッキョクグマ、チャーチルが33歳11か月で死亡したそうです。
豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)のチャッピーの祖父、クッキーの父の異母兄弟。
バフィン(天王寺)・ユキヒメ(八景島シーパラダイス)、アークテック(アドベンチャーワールド)三兄弟の父の異母兄弟。
上野のデアの大叔父でした。

日本のホッキョクグマの血統は
ララとデナリの血統
ロシア・アンデルマの子孫
という二大血統が存在しますが
実はドイツ・ロストック動物園のオラフの子孫というのもたくさんいますね。

写真はのんほいパークのチャッピーとクッキー。
b0014576_1301614.jpg


追記
オラフというのは、ドイツ・ロストック動物園に1982年までいたホッキョクグマです。
バフィン・ユキヒメ・アークティック・クッキーの祖父で
チャッピー・デアの曽祖父です。
[PR]

by hamhaha | 2013-10-31 01:33 | 動物 | Trackback | Comments(0)

旭山動物園のお土産とお食事

懸賞 2013年 10月 30日 懸賞

b0014576_7144623.jpg
日曜日の朝食は時知らず(鮭)の手毬寿司。
おいしくなさそうな写真になりましたが、おいしかったです。
b0014576_715241.jpg

お昼は旭山動物園の西門から入ってすぐのところのファームZOOのおむすびとザンギ(鶏のからあげ)。
おいしい。
b0014576_7151452.jpg

お土産は毎回これら。
理由はおいしいから。蔵生ももちろんおすすめよ。
b0014576_7152748.jpg

b0014576_715383.jpg

ホッキョクグマのクランチチョコレート、前よりおいしくなりましたね。
b0014576_71636.jpg
でも、ホッキョクグマというなら、釧路市動物園のユキオ・ツヨシもなかのように白くしてほしいわ。
ついでに、パッケージの写真はビリカにしてね。

旭山動物園のお土産・・・・、お米のパッケージ、いちおうホッキョクグマだし。
b0014576_7161871.jpg

これはもはや旭山動物園色なしですね。
b0014576_7163092.jpg

帰りに、いつものように駅前でアフタヌーンティーを頼むと、
「材料が不足していて、今日はできません」と言われてしまいました。
サンドウィッチなどもできないようなので、パンがなかったのかしら。
仕方がないので、モンブランのケーキセット。
b0014576_716504.jpg
やっぱり、次回はアフタヌーン・ティーにしたいわ。
[PR]

by hamhaha | 2013-10-30 07:20 | グルマン・レポート | Trackback | Comments(0)

やっと会えたヤマト

懸賞 2013年 10月 29日 懸賞

日曜日の旭山動物園の続きです。
アムールトラののんちゃん。
b0014576_5503373.jpg
茂みにいると、自然の中のトラっぽくてワイルド~。

おねむですか。
b0014576_5504233.jpg

ユキヒョウのヤマト!
b0014576_5505927.jpg

ヤマト、久しぶり!
b0014576_551697.jpg

ジーマが来て以来、わたくしが旭山動物園に行った日はいつもジーマが出ていて
ヤマトに会うのは1年7か月ぶり!
ヤマト、元気だった?
b0014576_5513244.jpg

ヤマトアップ。
b0014576_5511652.jpg

アップ。
b0014576_5512338.jpg

お隣のアムールヒョウのアテネに遊んでもらっていましたよ。
b0014576_551412.jpg

エゾヒグマのとんこさん。
息子のダイは円山動物園で元気ですよ。
b0014576_5522916.jpg

レッサーパンダのノノ。
渡り梯子を走り回っていました。
b0014576_5523684.jpg

日本最高齢レッサーパンダの朝朝(チャオチャオ)が亡きあとに住んでいる、新メンバーの渝渝(ユーユー)、顔がわからないわ。
b0014576_5524958.jpg

あら、お隣、子育て中の栃ではないですか。
b0014576_5525930.jpg
こどもは?
子供に会いたい~。

栃をガン見する渝渝。
あなたも栃のように将来子育てをしてね。
b0014576_5532269.jpg

ホッキョクギツネ、寝ています。
b0014576_5533768.jpg

b0014576_553466.jpg

シンリンオオカミ、寝ています。
b0014576_55409.jpg

b0014576_5541071.jpg
夏は暑くて体力温存で寝ています。
冬は寒くて体力温存で寝ています。
寒くなると丸くなるのが夏と違うところです。

ほんとうになまら寒い!
b0014576_554303.jpg

雪が降るまではダウンは着ないと思っていましたが、もう着ちゃう!
ちなみに、自宅の暖房はまだつけていないです。
10月に暖房をつけるのは負けな気がして。(何の勝負だ)
北海道では、「まだ暖房つけてないよ」というのがなぜか自慢になります。
[PR]

by hamhaha | 2013-10-29 05:56 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(0)

ホッキョクグマの三美神

懸賞 2013年 10月 27日 懸賞

b0014576_21155762.jpg
今日は雨でしたが、旭山動物園に行きましたよ。
今年はもう行けないと思いますし、冬は雪の量によってはいけないかも。
今年中にピリカに会いに行かねば、春まで会えないかもと、張り切って行ってきました。

開園と同時にほっきょくぐま館に行くと、すぐにシールズアイ(カプセル)へ。
朝一だと並ばずに一番乗りできますが、その後は数十分待ちの列ができます。
カプセルに行く理由はピリカ。
わたくしのかわいいピリカを間近に見たいからです。
次のお客さんが並ぶまでピリカを堪能できますが、
今日は雨だったせいか、いつもより次のお客さんが並ぶのが遅くて
ピリカをじっくり眺めることができました。ラッキー。
雨で曇っていますが、ピリカのドアップ。
b0014576_21181042.jpg

ピリカを感じるには、プールのある檻のところが一番いいのよね、ピリカの匂いがして。
かわいいピリカ。
b0014576_21202310.jpg

ピリカがいてくれるだけで幸せ。
b0014576_21534982.jpg

ピリカを連れて帰りたい~。
b0014576_22192929.jpg
でも、JR北海道は猛獣持込み禁止だし。(問題はそこじゃない)

ピリカのおばさんのルル。
b0014576_2292393.jpg

「ルル~」と呼ぶと、迷惑そうににらみます。
b0014576_2234432.jpg

かわいいサツキ。
b0014576_2201298.jpg

「サツキ~」と呼ぶと、何らかの反応をしていましたので、自分が呼ばれているというのはわかっているようです。
b0014576_21594938.jpg

ルルとサツキは産室にまだ籠っていないのね。
いつからお籠りするのかしら。
今年こそ生まれますように。

でも、ダブル出産だったらどこで子育てするのかしら。
プール側なら、プールに蓋をしたほうがいいんじゃないかしら。
カプセル側だと、お堀対策が必要だし、どちらにしても今のままでは危険ですね。

もしダブル出産だったら、スペースが足りなくなるわよね。
おびひろも満員御礼で帰れないし。
だから、ピリカを円山に帰したほうがいいんじゃないかしら。
(あきらめが悪い)

ところで前に来たときは売店で売っているホッキョクグマのマグネットはピリカだったのに
写真が別のクマに替わっていたわ。
ピリカのを買っておいてよかった。
[PR]

by hamhaha | 2013-10-27 22:21 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(0)

映画「オーシャン・オブ・ファイヤー」

懸賞 2013年 10月 26日 懸賞

オーシャン・オブ・ファイヤー [DVD]

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

映画「オーシャン・オブ・ファイヤー」(原題: Hidalgo)を録画して見ました。
予備知識は全くなかったのですが、出演・オマー・シャリフというのを見て、録画しました。
オマー・シャリフと言えば、
「アラビアのロマンス」
「ドクトル・ジバゴ」
「うたかたの恋」
で有名な俳優さんじゃありませんか。
「ドクトル・ジバゴ」で思い出すのが、名曲「ララのテーマ」
タ~ラ~ララ~♪ララララ~ララ~♪
「呼んだ?」
b0014576_11521741.jpg
いつもお美しいララ陛下、ララ違いでございます。

その当時の映画かと思ったら、主演はヴィゴ・モーテンセンで2006年の映画。
あら、オマー・シャリフってご存命だったのね。(勝手に殺すな)
しかもヴィゴ・モーテンセンって、映画の指輪物語でアラゴルン役ですって。
本当だ~、どこかで見た顔だと思ったら、アラゴルン!

西部劇の時代、フランク・ホプキンズ(ヴィゴ・モーテンセン)はアメリカ先住民スー族の娘と騎兵隊の兵士の間に生まれたハーフでした。
アメリカ先住民が容赦なく迫害・殺害されていた時代ですので、外見がアメリカ先住民に見えなかったホプキンスは、ハーフであることを隠していました。
馬の長距離耐久レースに愛馬「ヒダルゴ」とともに出場すると負けなしで、普段は速達便を届ける仕事(馬に乗った飛脚)をしていました。
あるとき、自分が届けた速達便の内容のせいで、アメリカ先住民たちが虐殺されるところを目撃します。
ショックを受けたホプキンスは酒びたりになって、愛馬「ヒダルゴ」とともに見世物小屋のショーに出て暮らしていました。

そのホプキンズのもとに、アラブで開催されている「オーシャン・オブ・ファイヤー」という馬の競争に出ないかという話がありました。
馬で3000マイル(4800㎞)走破するという過酷なレースです。アラビア砂漠を海に沿ってシリアへ、シリア砂漠を越えてダマスカスへ。
3000マイルといえば、札幌から鹿児島の佐多岬までを往復するくらいの距離ですね。
とんでもない距離です。
それがほとんど灼熱の砂漠です。
主催者はアラブの族長アル・リヤド(オマー・シャリフ)、賞金は10万ドル。
千年以上も続くアラブの伝統レースなら、どうして名称が「オーシャン・オブ・ファイヤー」で距離が「マイル」で賞金が「ドル」なのかという疑問はさておいて、ホプキンズとヒダルゴはそのレースに出場します。
そのレースというのは由緒正しいもっとも優秀なアラブ馬が出るレースで、「ムスタング」と呼ばれるアメリカの野生馬(雑種)のヒダルゴには思いっきりアウェイの雰囲気です。

灼熱の砂漠だけでも大変なのに、砂嵐、飛蝗、流砂など、アラブの自然は過酷です。
かてて加えて、アル・リヤド所有の稀代の名馬アルハタルの乗り手に選ばれたシリアの王子、その名馬アルハタルと自分の持ち馬を交配させたいレディ・アンなどが思いっきり卑怯な妨害をしてくれますが、
ホプキンスとヒダルゴは黙々と艱難辛苦を乗り越えてレースを続けて行きます。

アルハタルとヒダルゴとレディの馬以外の馬はすべて脱落するほど過酷なレースです。
ゴール間近でヒダルゴが倒れ、自分ももうだめだと思ったとき、ホプキンスはアメリカ先住民の先祖の霊に祈るのです。
そして、鞍を外して裸馬となったヒダルゴに乗って疾走し、ゴール寸前でアルハタルを抜き去り優勝します。

ヒダルゴ、いい馬ですよ。
見世物小屋で酒びたりのホプキンズには「しっかりしろよ」と言いたげでした。
レディ・アンにハーフであることを見抜かれて何となくテンションが下がって深酒して
「このまま二日酔いでレース棄権ってことにしようかな~」という感じになっていたホプキンスを見て、
朝、きっちりレースのスタートラインにスタンバイして、「ほら、早く支度して来いよ」といいたげにホプキンスをにらむところなど、名馬です。

アメリカ先住民の血を引くことを隠し、自分に自信を持てなかったホプキンスが
レースの過酷な状況を生き抜くことで、自分の血筋に自信を持つことができるという、アメリカ映画らしい映画。
アル・リヤドの一人娘ジャジーラに「西部劇みたい」と言われるくらい、予定調和なストーリーですが
アメリカが抱える人種問題を象徴的に描いている、うまい映画です。
奴隷として売られていた黒人の子供を見ていられなくて買ってしまったり、
スー族のお守りを「国(アメリカ)のシンボル」と勘違いした世話係が旗に描いて掲げたり。
ヴィゴ・モーテンセンの控えめで繊細な表現がハーフの戸惑いをよく表しています。さすがアラゴルン。
レースにゴールしたホプキンスがスー族のお守りの旗を掲げてウイニングランするところがいいですね。

アル・リヤドのオマー・シャリフも素敵でしたよ。
伝統を重んじる、高潔な人物です。
民族の誇り、稀代の名馬である持ち馬のアルハタルが負けても、勝者をたたえる度量の深い素晴らしい人です。

ホプキンズはレースの賞金で殺されようとしていた沢山のムスタングを買って野に放つのでした。
ヒダルゴとともに。

ホプキンスというのは実在の人物らしいですが、「オーシャン・オブ・ファイヤー」というレースは本当にあったのでしょうか。
だって、4800㎞ですよ・・・・。
[PR]

by hamhaha | 2013-10-26 11:55 | たわごと | Trackback | Comments(2)

カメラを意識するジェイ

懸賞 2013年 10月 25日 懸賞

まだ火曜日の円山動物園ですよ。
看板トラのタツオです。
b0014576_23281476.jpg
「キャ~、大きい~!近い~!」といつも大人気です。
やはり涼しくなったほうがタツオもアイも動きがいいですね。

レッサーパンダ・ママのココ。いつみてもきりっとしているわ。
b0014576_23282884.jpg

ココの夫セイタ。
b0014576_2328349.jpg
キンとギンの双子はよく動くのでなかなか写せません。
千葉市動物公園からエイタくんというレッサーパンダが婿として来園するそうです。
ココの婿ではないでしょうから、キンとギンの婿ですね。

コツメカワウソのサンに新しい嫁が来ました。「イヨカン」ちゃんです。
仲間ができてうれしそうですね。
b0014576_2328457.jpg

オオカミ・パパのジェイ、だれだれ中。
b0014576_232929.jpg

「え?写してるの?早く言ってよ」
b0014576_2329916.jpg

「キリッ」
b0014576_23291881.jpg
ジェイはいつもカメラを意識しているような行動をとりますが、
リーダーとして、だれだれしているところを敵に見せないということなのかもしれません。

長男ルーク、お友達(お客さん)に遊んでもらい中。
b0014576_23294265.jpg

ルークが楽しく走り回っているので後について走り回るショウ。
b0014576_23295356.jpg

ルークの後についていたショウが、ふとエゾヒグマ側にいたわたくしを見つめました。
「うーん、この人間・・・・なんだったろう」と言う感じで見つめてくるので、
とうとうショウも人間に興味をもったかと思って「ショウ、どうしたの?」と声をかけると
とっとと去っていきました。
ショウだものね、そう簡単にはいかないですよね。

ルークにも相手にされなくて、さびしかったわ。
b0014576_23301283.jpg
次回に期待。
[PR]

by hamhaha | 2013-10-25 23:40 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

世界のクマ・イン・円山(メガネグマを除く)

懸賞 2013年 10月 24日 懸賞

珍しく平日に円山動物園に行きましたよ。
といっても、一昨日で、ライブ感が全くありませんが。

われらがホッキョクグマのエース、デナリ・パパ。
一番奥の南端の広い放飼場に移っていました。
「広いな広いなうれしいな」
b0014576_656936.jpg

「でも、ララがいない。この放飼場とララはつきものじゃないの?」
b0014576_6562110.jpg

「プールのふち歩きはしませんよ、僕は大人ですから」
b0014576_6562915.jpg

臨月(のはず)のキャンディ、ふくよかです。
b0014576_6564049.jpg

今回は子育てが成功しそうな予感。(根拠なし)
b0014576_6564877.jpg

かわいい双子姫とララですが、お客さんがたくさんなのでなかなか写真が撮れません。
こんな感じです。
b0014576_657042.jpg

b0014576_6571143.jpg

b0014576_6574346.jpg

もはや「世界のクマ館」とは名ばかりでほとんど「ホッキョクグマ館」と化していますが
ただ一頭ホッキョクグマではないアメリカクロクマの風子。
いつもかわいいわ。
b0014576_6575417.jpg

世界には7種のクマがいます。
ホッキョクグマ・アメリカクマはいま登場してもらいました。
メガネグマは円山にはいません。
ヒグマ(エゾヒグマ)のとわ。3種目。
b0014576_6581380.jpg

マレーグマのウメキチ、4種目。
b0014576_6584438.jpg

日本ただ一頭のナマケグマのゴマキ。
キーパーさんの後追い中。5種目。
b0014576_658231.jpg

ツキノワグマ(ヒマラヤグマ)のマダム・ミナミ。
「みなさん、ごきげんよう」
b0014576_6583536.jpg

マダム・トモ。
「楽しんでいただけまして?」
b0014576_6585386.jpg
寒いと元気ね。
で、6種目です。

くま好きにはたまらないですよ~。
[PR]

by hamhaha | 2013-10-24 07:01 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

マレーグマの女子プロレス

懸賞 2013年 10月 19日 懸賞

遅れましたが、まだ日曜日の円山動物園ですよ。
ニホンイヌワシの剰水(せせなぎ)か紫雲がどちらか。
b0014576_714133.jpg
仲良く同居できてなによりです。

ライオンのリッキー、たまにはキリッとしています。
b0014576_714266.jpg

リッキーの隣の檻のそのまた奥にいたナマケグマのゴマキ。
b0014576_7145543.jpg
立ち上がったりして出たそうでしたが。

ハロウィンの飾り付け、楽しそうですね。
b0014576_715372.jpg

わたくしのお気に入り、ジューシーなニホントカゲと
b0014576_7151114.jpg

ニホントカゲと同居中の頑張ってる感満載のカナヘビ。
b0014576_71517100.jpg

マレーグマのウッチー(上)とハッピー(下)。
b0014576_7153456.jpg

ウッチーのヘッドロックが決まった。ハッピー「ブレイク、ブレイク!」
b0014576_7154199.jpg
ウッチー、お年なのに、矍鑠としていて・・・。

ワウワウテナガザルのタロウじいさま。
b0014576_716074.jpg

じいさまだけれども、かわいい。
b0014576_7161060.jpg

タロウじいさまの母のグレコばあさま。
b0014576_716224.jpg
檻際にいることが多いので、顔がわからないですね~。

マレーバクのワカバちゃんは、雨だったせいか室内でした。
b0014576_7163424.jpg

屋外放飼場は柵が高くしてありました。
b0014576_7164839.jpg
ワカバちゃんは立ち上がったりするので、柵の高さが足りなかったようです。

日曜日のランチ。
b0014576_7171253.jpg
マルヤマクラスのパン屋さんのえっと・・・・(まだ名前を憶えていない)PATさんのニース風サンドです。
店名はまだ覚えられないけれども、おいしかったから、よしとしよう。
[PR]

by hamhaha | 2013-10-19 07:19 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)

オオカミ舎、謎のポイント

懸賞 2013年 10月 14日 懸賞

まだ日曜日の円山動物園ですよ。
サイエンZOOということで、いろいろな催しがあったようです。
オオカミ舎では、オオカミに音を聞かせて遠吠えをするかの実験でした。
犬の遠吠えと、救急車と、なんだっけ。
3つの音を聞かせましたが、遠吠えはしませんでした。
キナコがいれば遠吠えしただろうなぁ。

最近生意気な(?)ショウを兄ルークがビシッとお仕置き。
b0014576_21151070.jpg

「お兄ちゃん、許してちょ」
b0014576_21151810.jpg

「パパ、パパ、かまって~!」の3兄弟。
b0014576_21153658.jpg

どさくさに紛れてパパを張り倒して踏みつける3兄弟。息があってるなぁ。
b0014576_21154554.jpg

でも、パパ・ジェイ大好きな双子。
b0014576_21155570.jpg

はい、えこひいきの時間ですよ。
長男ルークです。
b0014576_2116948.jpg

目のドアップ。
白濁していますね。
b0014576_21161679.jpg

しっぽのドアップ、あ、これはいらない?
b0014576_2116256.jpg

わたくしが座っているすぐそばのガラス面をルークがなめはじめました。
b0014576_21163644.jpg

しつこくしつこくなめます。
b0014576_21164599.jpg

b0014576_21165514.jpg

b0014576_21171056.jpg

たまに双子も来たりして。
b0014576_2117249.jpg

でも、僕のだもんと、ルーク。
b0014576_21173399.jpg

がお~。
b0014576_21174392.jpg
何かおいしい味がしたのか。
それとも、破壊王の名に懸けてガラス面を破壊しようとしたのかは謎です。
わたくしはルークを堪能できてラッキー。

きみ、さりげなくコスプレキングだよね。
b0014576_21184340.jpg

[PR]

by hamhaha | 2013-10-14 21:20 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

トラとくまとくまと

懸賞 2013年 10月 13日 懸賞

今日は一か月ぶりの円山動物園に行ってきました。
青空があるのに雨が降っているという珍しい天気でした。

美しいアムールトラ・レディのアイちゃん。
b0014576_22534125.jpg
今日はサービス・ディなのか、ガラス面にべったり寄っていて写真撮り放題でございました。
ありがとうアイちゃん。

タツオはサブ放飼場で草を食べていました。
タツオ~、元気~?
b0014576_22535931.jpg

9月24日に放飼場でモートに転落したホッキョクグマのマルル。
今に至るまで、どこも支障がないようです。
まずはよかったわ。

檻のある放飼場に移動してから初めて来ました。
ララがおもちゃを独り占めして遊んでいました。
b0014576_22542523.jpg

b0014576_22543664.jpg

「ママ、それ欲しい~」
b0014576_22545784.jpg

どっちがマルルかしら、しばらく見ていなかったらわからなくなりましたよ。
あとでじっくり見分けます。
b0014576_22552918.jpg

隣りの風子との間の扉をドンドン叩いていた子。
b0014576_2255685.jpg

お隣を訪問するときは、もっと上品にノックしないとね。
さすがに、風子は落ち着かないようでした。
b0014576_22551669.jpg

デナリ、ちょっと渋い顔だね。
b0014576_22553748.jpg

キャンディはうまく撮れなかったわ。
来月からお籠りですって。
元気な子が生まれますように。
[PR]

by hamhaha | 2013-10-13 22:59 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)