<   2014年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

台湾のレシートくじ

懸賞 2014年 10月 31日 懸賞

さて、台北続きです。

台北にはコンビニがたくさんありました。
日本でもおなじみのセブンイレブンとファミリーマートが多かったです。
ファミリーマートは「全家」というのですね。
b0014576_06432989.jpg

セブンイレブンのおでんは10元(28円くらい)均一、安い!
b0014576_06433284.jpg

ドラッグストアも多かったですね。
watsonsはドラッグストア。
b0014576_06441499.jpg

頂好はスーパーマーケットです。
b0014576_06441786.jpg
両方とも24時間営業なのですね。

これはセブンイレブンブランドのマスク。
b0014576_06443990.jpg

セブンイレブンでは、北海道ソフトクリームがおすすめのようです。
b0014576_06444332.jpg

十勝産です。
b0014576_06444722.jpg

セブンイレブンで買い物をしたとき、QRコードがつきの電子発票証明聯というものをくれました。
レシートかと思いましたが、買い物の明細はなく、合計金額が書いてあるだけです。

その後行ったファミマのレジのお兄さんが「打票嗎?(レシートいりますか)」と訊いたので
「我要票(レシートをください)」と答えると2枚の紙片をくれました。
QRコードがつきの電子発票証明聯と、
買い物の明細、悠遊カードで買ったので悠遊カードの残高などが書いてある普通のレシートです。
b0014576_06452349.jpg
電子発票証明聯ってレシートじゃないのね、ではなに?

実はこれは政府の発行するレシートくじだそうです。
小売店の消費税の脱税を防ぐために、レジでレシートくじを発行することを義務付けたそうです。
レシートくじを発行することで政府が小売店の売り上げを把握するそうです。
2か月ごとに締め切って翌25日に当たりくじ発表だそうです。
来月の25日か~、当たっても換金に行けないわ~。(当たる気か~)

レシートとは別に、くじだけQRコードつきで発行する場合と、レシートにくじ番号が書いてある(QRコードなし)一体型があります。
これは一体型、とても長いです。
b0014576_06452668.jpg

コンビニのようにQRコードつきのくじだけ発行できるところは、レシートをくれない場合があるので、
レシートがほしいときは「開發票(領収書ください)」と言った方がいいかもしれません。

くじがいらない人は、街角にある募金箱ならぬ「募くじ箱」に寄付しています。
あの箱が「募くじ箱」だったのかと認識したときはもう「募くじ箱」がないところに来ていました。
知っていれば寄付できたのに。

ちなみに、台湾のエコ意識は日本より強いと感じました。
スーパーはもちろん、コンビニの袋も有料です。
無料の袋をつけてくれるのはお土産店など限られたお店です。
パンフレットも一人1枚しかくれないし(あたりまえ)、チラシも必要のない人には無駄に配りません。
日本は紙を無駄にしているなぁと思いましたよ。

[PR]

by hamhaha | 2014-10-31 06:53 | たわごと | Trackback | Comments(4)

台北の食事と飲み物

懸賞 2014年 10月 30日 懸賞

b0014576_21374294.jpg

トップは台北動物園の中の自動販売機の写真です。
北海道日本ハムファイターズの陽岱鋼選手です。
彼が薦める黒松沙士を飲みました。
b0014576_21320010.jpg

・・・・、薬臭い・・・・。
うーん、あ、イソジンの匂いだわ。
喉にいいかなぁ。
・・・・半分しか飲めませんでした・・・。
でも、慣れると癖になる味かもしれません。

2日目、3日目、4日目の朝食です。
b0014576_21323537.jpg

バイキングですが、なんと、納豆がありました~。
わたくしの朝食に不可欠なのは納豆と卵とヨーグルトです。
たくさん活動するために、たっぷり食べます。

白い液体は温かい豆乳でミニ油条(長い揚げパン)を浸したりします。
わたくしは豆乳と油条のセットがとても好きですが、このミニ油条、あまりおいしくありませんでした。
町を歩いていた時おいしそうな油条をあげているお店があったのですが
出かけなくてはならなくて、買えませんでした・・。

2日目の昼食はツアーでしたので、ホテルオークラプレステージで広東料理、
夕食は千采というお店の客家料理でした。
画像は撮り損ねました。

3日目、台北動物園に行った帰り、MRT忠孝復興駅に降りました。
太平洋そごう復興館の地下2階のフードコートに小龍包で有名な鼎泰豐が出店しているということなので昼食に食べようと思ったのです。
しかし、さすが鼎泰豐、人がたくさんいました。聞くと90分待ちとのこと。
あきらめて帰りました。
b0014576_05452834.jpg

ホテルの近くに京鼎楼という、小龍包で有名なお店があるということなので行ってみましたら、閉まっていました。
昼は14:30までで、時間が過ぎていたからです。
b0014576_21333315.jpg

うーん、昼食どうしよう、この辺に吉野家があったはずだけれども、うろ覚えだし~。
吉野家は台湾独自のメニューがあって楽しいと聞いたことがあったのですが。
(あとで京鼎楼の並びMRT方面に行って、信号を渡って少しの場所とわかりました)

大戸屋がすぐそこにありましたが、台湾で大戸屋の焼き魚定食を食べるのも負けな気がする~。
(何の勝負なの)
結局ホテルに帰ってチーズリゾットとエッグベネディクトにカニが乗ったのを食べました。
美味しかったけれども、気持ち的には負けだわ。
b0014576_21340572.jpg

昼が遅かったので、夕食はなし。

コンビニで買ったマンゴージュースとミルクティと杏仁茶です。
杏仁茶は本当は電子いレンジで温めるのですが、電子レンジがないのでそのまま飲みました。
ミルクティはとてもおいしかったです。
b0014576_21341345.jpg

4日目の昼食、故宮博物院のカフェレストランの三希堂で「如意海陸雙寶」というセットを食べました。
b0014576_05545321.jpg

b0014576_21350338.jpg

お肉がおいしかったわ。
b0014576_21345901.jpg

お茶もおいしい。
b0014576_21350612.jpg

夕食、こんどこそ京鼎楼に小龍包を食べに行こうかとも思いましたが、それほどお腹が空いていませんでした。
で、雙連圓仔湯という甘味処に行きまして、揚げキナコ餅と紅豆蓮子白木耳湯圓というお汁粉を食べました。
b0014576_21354579.jpg
揚げキナコ餅、最高。ごまの香りがたまらないわ。
お汁粉も甘味が抑えてあっておいしゅうございました。

このミルクティはとてもおいしくて毎日飲んでいました。
となりの健康果酢は日本式と書いてありましたが、酢は癖がありました。
b0014576_21341556.jpg

5日目の朝食、桃園空港で食べました。
バーガーキングとかスタバで食べるのは負けな気がして(またも何かの勝負)
水餃子定食を頼みました。
なぜか、うどんと冷奴と天ぷらと枝豆がついていて日本風。キムチだけが韓国風。
美味しゅうございました。
b0014576_21353664.jpg

本当は豆乳と油条で食べたかったのですが(まだ言っている)空港で食べられたのかしら。

おいしい油条も食べられなかったし、小龍包も食べられなかったし、吉野家の面白メニューも食べられなかったし(そこ?)、食事に関しては心残りが多いわ。
リベンジしたい!

[PR]

by hamhaha | 2014-10-30 05:58 | グルマン・レポート | Trackback | Comments(2)

台北旅行4日目その2 我是日本人

懸賞 2014年 10月 28日 懸賞

b0014576_19292896.jpg
トップはホテルの廊下の突き当たり。中華テイスト。

10月20日、台北旅行続きです。
10月21日は朝早く空港に行くので、活動できるのは10月20日まで。
台北駅あたりには行っていないわ、と行ってみることにしました。

信号待ちをしていると、台湾人のおばさんに声をかけられました。
わたくしがきょろきょろしていたので道に迷っていると思ったらしいです。
でも、おばさんが話すのは中国語。
わたくしのことを台湾人と思っているのね。

この旅で、わたくしはいつも台湾人に間違えられたので、必殺技を二つ使いました。

必殺技その1 「我是日本人 (わたくしは日本人です)」と言う。
必殺技その2 ネイティブな日本語を話す。

このおばさんには、必殺技その1、を使いますよ。
「我是日本人 (わたくしは日本人です)」と言うと、おばさん、フリーズ。
気を取り直したおばさんは日本語で「台湾人に見えるよ」と言いました。
ええ、薄々は気づいてはいましたが、面と向かって言われるのは初めてですよ。

銀だこの看板。日本のお店がたくさんありました。
b0014576_19295765.jpg

台北駅、立派ですね。
ここから新幹線とかが出ているのですね。
b0014576_19301309.jpg

地下街を歩いていると、ネクタイをしたさわやかな台湾青年に声をかけられました。
営業スマイルでパンフレットを差出し、どうやら銀行カードを作るように勧誘しているようです。
作ってあげたいのはやまやまですけれどもね・・・・。
必殺技その2を使います。

「なんですか?」と日本語でいうと、台湾青年フリーズ。(どうして誰もかれもフリーズするの!)
『そんなばかな、日本人なんて思えなかった。信じられない!』と如実に顔に書かれています。
そして、「なんでもないです」と解放してくれました。

その後、文具や本などを売っている店で買い物をし、レジに行くと
「会員証ある?」と言われました。
「我是日本人 (わたくしは日本人です)」
レジ係の人、フリーズ。
そして急に親切になって「要不要袋子? 一張1塊(レジ袋いる?一枚1元だよ)」と説明してくれて、
カピバラさんのクリアファイルをサービスしてくれました。ありがとう。

カピバラさんって「水豚君」っていうんですね。
でもカピバラさんは齧歯目だし「水鼠君」のほうがいいんじゃないかしら。
b0014576_19303773.jpg

ダイソーがありますね。
b0014576_19305281.jpg

ひとつ39元というと、120円しないですね、日本とそれほど変わりません。
b0014576_19381020.jpg

大戸屋もよく見かけました。
b0014576_19311496.jpg

モスバーガーもあちらこちらにあったわ。
b0014576_19311728.jpg

もうそろそろホテルに帰ろうと駅に向かうと、
日本式ラーメンのチラシうちわ(蓮舫タイプ)を配っている若者がいて
「ラーメン食べない?ラーメン好き?」と中国語で言われました。
(ふたつ上の写真の看板の右下のお店)
「我是日本人 (わたくしは日本人です)」、若者、フリーズ。
もういいよ・・・・。

きっとわたくしが一人でうろうろしていたので日本人っぽく見えなかったのでしょう。
日本人が複数でいたら日本語で会話しますから周りの人たちも「あの人たちは日本人だ」とわかるのですが
話さなかったらどこの人かわかりませんものね。
日本人の一人旅は珍しいのですかね。

それで次の日、日本に帰ってから、税関で一人旅だったことを言うと急に身構えられ
「何かもらったり、預かったりしていませんか?」と訊かれましたよ。
運び屋じゃないよ~。もらったのはカピバラさんのクリアファイルとパンダの圓仔のしおりだけ。
それで荷物を開けられ、これはなんですかと訊かれました。
b0014576_19320288.jpg

「お茶です」
「お茶・・・・」
お茶以外のなんだというの! えっへん。
b0014576_20121009.jpg

[PR]

by hamhaha | 2014-10-28 20:15 | たわごと | Trackback | Comments(2)

台北旅行4日目その1

懸賞 2014年 10月 27日 懸賞

b0014576_23060021.jpg
まだ台北旅行の話ですよ~。
次の日、10月20日月曜日、朝8時前にMRT雙連駅を出発。
前日と反対側の淡水行に乗ります。
こちらの方は間違えようがないので安心です。

士林駅で下車。士林というと、士林夜市が有名ですが、朝なので夜市には行きません。
出口1番から出て、MRTの高架に沿ってまっすぐ行って道路に突き当たると右にバス停があります。
と、駅のここに書いてありました。
日本語で書いてくれるともっといいなぁ。
b0014576_23060316.jpg

この日の行先は故宮博物院です。

二日目にもガイドさんに連れられて行きましたが、もっとじっくり見たかったのでまた行きました。

故宮博物院に行くバスは複数系統ありますので、路線図を確認するといいでしょう。
「紅30」というバスが「故宮博物院」と書いてあったので乗りました。
終点が故宮博物院なので楽~。
故宮博物院の地階のバス乗降場に着きます。

8時半開園です。
1階で入場券を買います。250元。
b0014576_23053654.jpg

次にオーディオガイドを借ります。オーディオガイドのレンタル料は100元。
「パスポートか運転免許証を預けてください」
「それはいや。お金でデポジットしますよ」
「では3000元」
ええ~? ガイドブックにはひとり1000元と書いてあったわよ。
前々日に行ったという日本人に聞いた時も「二人で2000元」と言っていたし。
なぜわたくしだけ3倍? 3倍怪しい奴と思われたのかしら。
仕方がないので3000元(9000円弱)払いました。オーディオガイドを返したらあとで3000元も戻るし。

日本語パンフレットをもらって入場。
博物院内は写真が撮れないので写真はありません。
展示物は1階2階3階にあり、一番人気は3階の翡翠の白菜です。
b0014576_23054003.jpg

まず2階の書画と焼き物のコーナーへ。
明代四大家と呼ばれる仇英という画家の特別展をしていました。
仇英、寡聞にして知りませんでした。
きれいな絵でした。
とっても細かくて虫眼鏡がなくてはならないほどのものもありましたよ。
どうやって描いたのかしら。
b0014576_23054400.jpg

2階の唐代の美女の像も好きだわ~。

突然、オーディオガイドに「電力不足20%」という表示が出ました。
なんですって~、貸す前にちゃんと充電してよ~。
スタッフのお姉さんに言うと、別なのと取り換えてくれました。
よかった、よかった。

ゆっくり2階を見ていましたら、もうすぐ昼。
団体ツアーはきっと昼食を食べに行くはずだからいなくなるはず。人でごった返す3階は昼がねらい目と思っていました。
3階は好き勝手に動けません。ベルトパーテーション(銀行のATMとかによくあるパーテーション)で進行方向を仕切っています。
昼時は狙い通り人が少なく(それでも多いけれども)、
翡翠の白菜やオリーブの種に船に乗る八仙人を彫刻したもの(ルーペが置いてあってそこから覗くくらい小さい)などをセレクトしてゆっくり見ました。
3階は2日目にガイドさんに連れられて見たものが多かったので、人が多くなる前に観終わることができてよかったわ。

その後、4階の三希堂というカフェレストランで昼食。
三希堂というのは、清の乾隆帝の書斎の名前ですね。
昼食後、1階の展示を見に行きました。
清朝時代の貴族の家具の展示や、故宮博物院所蔵珍玩精華展、故宮所蔵図書文献珍品展などをやっていました。

面白かった~、また来たいわ~。
オーディオガイドを返して3000元を返してもらいました。

故宮博物院に隣接した至善園という庭園があって、当日の故宮博物院の入場チケット半券を持っていれば入場無料ということなので行ってみました。
b0014576_23055405.jpg

歩いていると、何度も怪しい客引きに「タクシーあるよ」と声をかけられました。
ああ、これが有名な「故宮博物院のたちの悪いタクシー」かぁ。見るからに怪しいわ。
至善園にたどり着くと、その怪しい客引きタクシーに「月曜は休みよ」と言われました。
b0014576_23055159.jpg

ああ、気温32度の中で階段を歩いてきたのに~、休みか~! ダメージ大きいわ~。
仕方がないので故宮博物院内の地階のお土産屋さんに行きました。
これでもかというくらい翡翠の白菜グッズがあって、もうなにか翡翠の白菜グッズを買わなければならないのかしらという義務感におそわれました。
翡翠の白菜グッズは結局目移りして買いませんでしたが。
b0014576_23054820.jpg

地階のバス乗降場に戻って帰りのバスを待ちます。
わたくしは士林駅に行くバスに乗りますが、別の駅に行くバスもあるようなので路線図で目的地を確認した方がいいですね。
15時の「紅30」が来たので乗り込みます。

バスを降りるときは下車鈴(下車ボタン)を押すのですが、降りたいバス停の前で悠遊カードをタッチして下車の意志を伝える人たちもいました。
わたくしは台北バス初心者なのできっちり下車鈴を押しましたよ。
士林站(士林駅)前でバスを降りると、バスの進行方向にMRTの高架が見えます。
道路の反対側にわたり、高架に向かって歩いていくと、朝乗ったバス停にたどり着きますので、左折して高架に沿って歩いていくと士林駅に着きます。

一度ホテルに戻りました。
つづく。

[PR]

by hamhaha | 2014-10-27 00:07 | たわごと | Trackback | Comments(2)

台北旅行3日目その2

懸賞 2014年 10月 26日 懸賞

10月19日・日曜日、台北動物園の続きです。

アフリカゾウです。アジアゾウもアフリカゾウもいるなんて素敵ですね。
b0014576_00190800.jpg

「ポンゴ」世界4大珍獣!珍しい!
b0014576_00193836.jpg

カバがたくさんいました。
カバ舎工事中で、別のところにも仮住まいしていました。
b0014576_00193589.jpg

チンパンジーの子供。
b0014576_00194199.jpg
チンパンジーのところは広くてチンパンジーがたくさんいました。
そういえば、台北動物園から円山動物園にチンパンジーが来る予定なんですよね。
どの子かなぁ。

ゴリラも複数いました。
このゴリラはニシゴリラの宝宝(バオバオ)さんらしいです。
b0014576_00194415.jpg

シロクロエリマキキツネザルとワオキツネザルのところに日本語の解説がありました。
台北動物園のワオキツネザルのルーツのほとんどが日本出身の子たちだからでしょうか。
b0014576_00195609.jpg
b0014576_00200173.jpg

モウコノウマ~、初めて見た~。
b0014576_00200568.jpg

タイリクオオカミ、寝ています。
b0014576_00201024.jpg

台北動物園、広い!
素晴らしい!
けれども、足が痛い!
だって坂ばかりなんだもの!
前の日もかなり歩いたので、もう足が限界。
でも、タンチョウを見に行かなくては!

台北動物園は今はパンダ推しですが、タンチョウも推してます。
入り口から「タンチョウはこちら」の看板があちらこちらにあります。

タンチョウ近くにはこんなディスプレイもありました。
b0014576_00205192.jpg

入り口です。
b0014576_00205500.jpg

タンチョウは北海道の釧路市動物園からきた子たちです。
オスのBIGとメスのKIKAです。
b0014576_00213998.jpg

KIKAは生い茂る草の向こうにいたので、白い姿がチラチラしていたのが見えただけでしたが
BIGは寄ってきてくれました。
b0014576_00214391.jpg
日本語が懐かしかったのかな?
がんばっているね~、元気そうだね~。

園内にはセブンイレブンとマクドナルドがありました。
b0014576_00214619.jpg

まだ半分くらいしか見ていないけれども、もう足が限界、帰ります。
「今日はこのくらいで勘弁してやらぁ(負け惜しみ)」

台北動物園もリベンジしたいわ~。

その後いろいろ寄り道してホテルに帰ったときは足が棒のようでした。
足裏マッサージをしてもらおう。
ガイドさんに教えてもらった観光客対象のマッサージ店に電話をするとすぐにできるということなので行きました。
そこは日本語が通じるし、観光客相手なので台湾式シャンプーも体験できます。
まず台湾式シャンプー。
面白~い! 楽しい~!
b0014576_00215439.jpg

次に足裏マッサージ。
生真面目そうなおじさんが足裏マッサージをしてくれました。
「そ、そこ痛い!」
「ここ、胃が悪いね」
「そこも痛い~!」
「ここは腰、坐骨が悪いね」
うわ~、困る~。
「今日たくさん歩いたね。筋が硬くなっている」
「うん、とてもたくさん歩いたよ~」
おじさんは揉んだり叩いたり温めたりしていましたが
やがて「・・・今日たくさん歩いたね・・・」と終了。
あ、あきらめたわね。
揉み切れなかったようですが、わたくしが歩きすぎたので仕方がないです。
でも、マッサージしてもらったので、次の日も歩けるよ。ありがとう~。

[PR]

by hamhaha | 2014-10-26 00:31 | 動物園 | Trackback | Comments(4)

台北旅行3日目その1

懸賞 2014年 10月 25日 懸賞

b0014576_06313752.jpg

10月19日、日曜日。
完全フリーで活動します。
まず取り出しますのは悠遊カード。
b0014576_06084868.jpg
ツアーのプレゼントで100台湾ドル入りの悠遊カードをいただきましたので活用させていただきます。
日本でいうSuica、北海道でいうKitaca(ローカル)、札幌でいうSAPICA(もっとローカル)です。
前日、セブンイレブンであらかじめ200台湾ドルを追加チャージしておきました。
これで台北捷運(MRT)という交通機関を使います。metro Taipeiと英文表記されていますが
地下鉄だったり、高架を行ったりと、台北中を走り回る交通機関です。

わたくしのホテルに近い駅は雙連(シュアンリェン)駅です。
雙連から信義線に乗ります。信義線と淡水線は同じホームですので、
間違えないように表示された終点を確認します。象山行に乗ります。
大安で降り、文湖線に乗り換えます。
文湖線は目的地が終点ですからわかりやすいです。
b0014576_06314199.jpg

はい、目的地は台北動物園ですが、何か?

文湖線に乗り込み、8個目の駅です。
いよいよ次の駅が動物園ですね。
b0014576_06314441.jpg

駅を出るとすぐそこが動物園。間違えようがありません。
b0014576_06315300.jpg

日本語です。
b0014576_06314981.jpg
台湾は終戦までの50年間、日本の統治下にありました。
日本の統治時代に圓山公園にできた圓山動物園が台北動物園の前身です。
圓山動物園、日本語に直すと円山動物園です。ご縁がありますね。

開園時間は9時ですが、着いたのは9時半少し前。
チケット売り場に並び、順調に前に進んでいきますと、
窓口のところに小さく「悠遊カードを持っている人は(ここでチケットを買わずに)直接入り口でカードタッチしてね」と書いてありました。
わたくし目が悪いのですから、もっと大きく書いてくれなくては困りますよ。

入り口のところにカード読み取り機がありましてカードタッチ。60台湾ドル。無事入園。
札幌の円山動物園もSAPICAがつかえるはずだけれども、入り口でカードタッチでしたっけ?(年パスで出入りしているのでよく見ていないんですよね)

入ってすぐ。なにか小さな紙を配っている人がいましたが、わたくしの前の人がその人に話しかけて話し込み、わたくしにはその紙片をくれませんでした。
何の紙片なのかしら。
と、わたくしの目の前でかわいらしい女子学生が「アンケートお願いします~」と微笑みました。
「我是日本人(わたくしは日本人です)」
「没関係(かまいませんよ)」
いやいやこちらがかまいます。こんなにたくさん中国語を書けないもの。

インフォメーションセンターに行って係員に、中国語で「日本語がわかる人がいますか」と聞きましたら、フリーズ。
あ、いないのね。楽をしようと思ったのに。
彼はそっと日本語パンフレットをくれました。ありがとう~。
「大熊猫(ジャイアントパンダ)が見たいんですけど」
「入口で票(整理券)を配っています」
あれはパンダの整理券だったのね。

入り口に戻ってパンダ整理券ゲット。
パンダ館に入れる時間が書いてあります。1時間後です。
(ジャイアントパンダは大熊猫・もしくは大猫熊と言います)
b0014576_06444492.jpg

クリスマスツリーじゃありませんよ、ハロウィンの飾り付けがしてありました。
きっと季節ごとの飾りが飾られる樹なのでしょう。
b0014576_06315835.jpg

オランウータンの子が2年前に生まれたけれども母のお乳が出なくて人工哺育中らしいです。
どこオランウータン? ボルネオオランウータンなら、ハヤトの嫁に。
b0014576_06320544.jpg

そのほかにも小っちゃい子がいるように見えますが、遠くてよくわかりません。
b0014576_06321451.jpg

自然に満ちていますね。敷地が広くて贅沢な造り。
b0014576_06322090.jpg

アジアゾウさんたちです。
b0014576_06352691.jpg

シャイなマレーグマ。
b0014576_06353034.jpg

ベンガルトラさん。
うーん、出発前に急遽買ったコンデジ(荷物になるから小さいのを買いました)は、使い勝手が悪いわ~。
b0014576_06353435.jpg

そろそろパンダの時間です。
外にもパンダ。暑くないのかしら。(この日の最高気温は28度)
b0014576_06353793.jpg

パンダ館、立派ですね。
b0014576_06354063.jpg

パンダ通路で止まると、係員が「はい行って行って」と促します。
写真を撮ろうと立ち止まると「はい行って行って」と止まらせてくれません。
この子はきっと圓仔(ユァンザイ)
b0014576_06354539.jpg
b0014576_06354879.jpg
団団(タンタン)か圓圓(ユァンユァン)
b0014576_06355115.jpg

あっという間にパンダ前通過。後戻りはできません。パンダ終了。
ろくな写真が撮れなかったわ。
北京動物園に行った時もパンダは寝てたし。
神戸市立王子動物園のパンダの旦旦ちゃんだけね、わたくしのカメラにいつもかわいく写ってくれるいい子は。
旦旦ちゃん、また会いに行くからね。

パンダ売店で、パンダの子供・圓仔(ユァンザイ)の本を買いました。(トップの本です)

つづく。

[PR]

by hamhaha | 2014-10-25 06:46 | 動物園 | Trackback | Comments(2)

台北旅行1日目2日目

懸賞 2014年 10月 22日 懸賞

お久しぶりです。
旅に出ていました。
10月17日から10月21日まで、4泊5日の台北旅行に行っていました。
忘れるほど久々の海外です~。
4泊5日と言っても、1日目は夕方千歳を飛び立ち、夜に台北についてすぐ寝るだけ。
5日目は朝食も食べずに空港に向かったので、実質行動できるのは3日間です。

10月17日、JRで新千歳空港へ。
新千歳空港の国際線施設が新しくなってから来るのは初めて~。
通路に飛び出す絵がありました。
飛び出しているのはアイちゃん、後ろはタツオですね。
b0014576_22304490.jpg

これはナナコとナナスケ、ルークとユウキかな?
b0014576_22304079.jpg

新千歳空港での出国の手荷物検査の時に、職員の方から中国語で「這是你的行李嗎(これはあなたの荷物ですか)」と訊かれました。
そしてその職員さんはわたくしが手にしている日本のパスポートを見て、同じことを日本語で言い直しました。
わたくしのことを中国人だと思ったようです。なぜ?

新千歳空港から台湾の桃園空港まで直行便で4時間ほど。
往復のチケットと朝食付きホテルと空港送り迎え付きのフリーツアーでしたので、桃園空港にはベンツがお迎えに来ていました。楽~。

ホテルに一泊して10月18日。
フリーツアーではありましたが、初めての台北でしたので、定番の市内観光をしたくて、「一日市内観光」のオプショナルツアーに参加しました。

最初に行ったのは中正紀念堂。蒋介石の紀念堂です。
b0014576_23072725.jpg

中正紀念堂を警護するのは空軍だそうで、9時に大扉が開くと衛兵の交代儀式が始まりました。
かっこよかったです。
b0014576_23073487.jpg

今の台北でここまでの敷地はもう確保できないというくらい広い敷地でした。
b0014576_23073069.jpg

次に行ったのは台湾最大のパワースポットという龍山寺。
b0014576_23170105.jpg

7か所の仏様や神様にお線香をささげた後、おみくじを引くのですが、いいことは書いてなかったわ。がっかり。
b0014576_23170647.jpg

次は古い問屋街の迪化街、その中にある霞海城隍廟という廟は、縁結びで有名だそうです。
b0014576_23170877.jpg

その後、ホテルで昼食。

次は忠烈祠です。
b0014576_23195513.jpg

国のために斃れた約33万人の英霊が祭られているそうで、日本でいうと靖国神社ですか。
ここは海軍が警護しているそうです。
ここでも、大門牌樓と大殿で警備にあたっていたそれぞれ2人の衛兵が交代します。
独特の歩き方で歩いて行きますが、相当体力がある歩き方ですね。
b0014576_23200616.jpg
ここの衛兵に選ばれるのはかなりのエリートで、家族に罪人がいるのも許されないそうです。

次に故宮博物院に行きました。
3階の展示物が特に人気だそうで、人が多かったです。3階には有名な「翡翠の白菜」があります。
肉型の石は現在日本の九州に貸し出されていて、展示されていません。
ガイドさんが3階を中心に解説してくれました。

あとは免税店に行って、買い物をしました。

いったんホテルに帰って、次のツアーに備えました。
つぎのオプショナルツアーは「タイペイアイ」です。
客家料理を食べた後、タイペイアイに行きました。
中国の伝統芸能を鑑賞する場所がタイペイアイで、
舞台が始まる前に役者さんがロビーで化粧をする様子が見られたり、
お客さんが京劇の衣装にそでを通して記念写真を撮ったり、
役者さんと記念写真を撮ったりします。
b0014576_23361953.jpg

なんと舞台上演最中に写真が撮れるんですよ。(フラッシュ禁ですが)
獅子舞はとても高度な技術で大変面白かったです。
b0014576_23362378.jpg

役者さんたちは皆若く、京劇は、わたくしが今まで観た京劇の中では一番下手だったと思います。
若い役者さんたちでしたので、今後に期待。
b0014576_23362685.jpg

[PR]

by hamhaha | 2014-10-22 23:58 | たわごと | Trackback | Comments(4)

花嫁募集中のカムトリとカミ、花嫁が来たコタロー

懸賞 2014年 10月 15日 懸賞

まだ激しく遅ればせながら10月5日、日曜日の円山動物園です。
「かっこよさなら、僕も負けないぞ」と、リッキー。
三越の玄関に招待されたりして。
b0014576_20205858.jpg

グラントシマウマの飛馬、となりのダチョウにダッシュを仕掛けるという遊びを何度もしていました。
b0014576_20210232.jpg

ダチョウも飛馬と遊んでいるようです。
b0014576_20210561.jpg

ブチハイエナのカミ?
b0014576_20210875.jpg

カムトリ?
b0014576_20211643.jpg

カミはメスとして円山動物園に来ましたが、実はオスだと分かりました。
b0014576_20211354.jpg
カムトリとカミ、両方にお嫁さんをもらわなくてはね。

ボルネオオランウータンの弟路郎。
顔が半分しか見えないけれども、表情が好き。
b0014576_20213350.jpg

弟路郎の妻のレンボー。
b0014576_20315647.jpg

弟路郎とレンボーの一粒種、ハヤト。
b0014576_20315368.jpg

シロテテナガザルのコタロー。
b0014576_20315901.jpg

奥さんが来ましたね。よかったね。
b0014576_20320338.jpg

コツメカワウソに子供が生まれて、公式に公開されました。
お客さんがたくさんで、近づけないのであきらめましたが
そのお客さんを見つめていてたワウワウテナガザルのグレコ。
b0014576_20320897.jpg
グレコは好奇心が強くて、以前も、カバンの中のものを探していたお客さんのカバンをのぞいていました。
好奇心は長生きの秘訣かな。

アムールトラのタツオ。
近い、近い。
b0014576_20321303.jpg

ほれぼれするようなイケメンです。
b0014576_20322527.jpg

妻のアイちゃん。
b0014576_20323141.jpg

しっぽの中の目がわたくしのお気に入り。
b0014576_20323420.jpg

[PR]

by hamhaha | 2014-10-15 20:47 | 円山動物園 | Trackback | Comments(4)

久しぶりの円山動物園のくまとオオカミ

懸賞 2014年 10月 14日 懸賞

b0014576_23064299.jpg
旅で体調を崩しまして、次に円山動物園に行けたのは10月5日の日曜日。
トップはシンリンオオカミのユウキ。わんこテイスト。

一家でお山でくつろいでいました。
b0014576_23064698.jpg

かっこいい。
b0014576_23064998.jpg

木の上にいるショウ。
b0014576_23065235.jpg

わたくしのルークはあまり顔がみえません。
b0014576_23065493.jpg

芸が細かいですが、ユウキの耳が前。
b0014576_23065826.jpg

後ろ。
b0014576_23070048.jpg

オオカミのところにエゾオオカミの絶滅のお話の手作り絵本がありました。
b0014576_23070389.jpg

絶滅した種は二度と帰りません。
b0014576_23070675.jpg

エゾシカ・オオカミ舎には亡き風子の献花台がありました。
花と果物をお供えし、手を合わせました。
風子、風子。本当に逝ってしまったのね。
b0014576_23072282.jpg

ホッキョクグマのララのところに行きますと、ちょうど活魚を獲っていました。
b0014576_23204378.jpg

キャンディは旧ゴマキの放飼場にいました。
b0014576_23204712.jpg

とんとん、おとなりさん、いらっしゃる?
b0014576_23205124.jpg

はい、おります、の、ナマケグマのゴマキ。
b0014576_23205562.jpg

ララのところに戻ると、活魚獲りは終わっていました。
b0014576_23213463.jpg

ごしごしと背中をこするララ。
いつ見てもかわいいわ。
b0014576_23214003.jpg

マレーグマのウッチーとハッピーの女子プロレス。
b0014576_23214811.jpg

ヒマラヤグマのトモ(奥)とミナミ(手前)は個別活動でした。
b0014576_23215118.jpg

[PR]

by hamhaha | 2014-10-14 23:30 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

王子動物園ふたたび

懸賞 2014年 10月 13日 懸賞

9月22日、月曜日 続きです。
阪急王子公園駅に降りましたら、
指示看板があるのでその通りに行くと神戸市立王子動物園に着きます。
入るとすぐに行くのが円形猛獣舎。
アムールトラのやまちゃんです。
b0014576_21384270.jpg

ジャガーさん、どなたでしょう。
b0014576_21384509.jpg

ユキヒョウのティアンとユッコ。
b0014576_21385100.jpg

ユッコ久しぶり~。
b0014576_21390308.jpg

ユッコ祭り。
b0014576_21390641.jpg
b0014576_21391596.jpg
b0014576_21391834.jpg

アジアゾウのマック。
b0014576_21465885.jpg
今はひとりですが、実は彼には妻子がいます。
姫路市立動物園の姫子さんにはフラれましたが、
妻のズゼさんと、息子の結希くんが市原ぞうの国にいます。
ズゼさんが母親修行に市原ぞうの国に行って、そこで結希くんを産みました。
ゾウの出産子育てはとても難しいようです。

ジャイアントパンダの旦旦、本当にいい仕事していますね~。
b0014576_21470427.jpg

「お仕事かわいい」を完璧にこなしています。
b0014576_21470764.jpg
「フラッシュを使用しないでください」という掲示がしてありましたが
わたくしの後ろでバシバシとフラッシュが光りましたので
振り返ると、ご夫婦らしいお二人がカメラを手に困っていました。
そしてあきらめて去っていきました。
どうやら、「フラッシュが光らさった(意に反してフラッシュが光ってしまったという意味の北海道弁)」状態のようでした。
カメラのメーカーはもっとフラッシュ禁対応を簡単にしてもらいたいものです。

エゾヒグマ。
道外でエゾヒグマを見ると、「がんばっているね~」と声をかけたくなります。
b0014576_21471034.jpg

放養式動物舎は、チンパンジーさんなど、類人猿がいるところのようです。
b0014576_21471398.jpg

広くて
b0014576_21571486.jpg

誰が誰だかわかりません。
b0014576_21571848.jpg

ヨウスコウワニ。円山動物園生まれ。
b0014576_21572288.jpg

たぶんグリーンイグアナ。
水をかけてもらってご満悦。
b0014576_21572593.jpg

フタユビナマケモノ。
ナマケモノは北海道の動物園にはいないので、レアですね。
b0014576_21572851.jpg

王子動物園には2頭のホッキョクグマがいます。
お初ではないので、今回はカウントできません。
b0014576_22065115.jpg

ララのいとこ、ミユキ。美熊。
b0014576_22065581.jpg

釧路市動物園生まれのアイス。ボケちゃった。
b0014576_22065799.jpg
おふたくまとも元気そうでなにより。

阪急で三宮まで戻り、ポートライナーで神戸空港に行きました。
神戸空港からはエアドゥで新千歳空港に戻りました。
やっぱり乗り換えなしの直行便は楽でいいわ~。

[PR]

by hamhaha | 2014-10-13 22:17 | 動物園 | Trackback | Comments(2)