<   2015年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

飛馬の思い出

懸賞 2015年 08月 27日 懸賞

b0014576_22225574.jpg

8月23日、円山動物園のグラントシマウマの飛馬が死亡しました。
突然のことで、言葉を失いました。
しばらくショックから立ち直れませんでしたが、昨日たくさんの文章を書きました。
でも、マイナスな言葉に満ちていたので自分でいやになり、アップせずに削除しました。

円山動物園でも、ほかの動物園でも、わたくしが訃報を覚悟している動物たちはいます。
言葉にすると現実のものとなりそうなので書きませんが、その動物の寿命といわれる年齢前後の動物です。
飛馬はまだ若く、というかわたくしにとっては子供で、全く考えていませんでした。

今は亡きマレーバクの円夏と飛馬
b0014576_624428.jpg

きれいなシマウマでした。
b0014576_14520088.jpg

となりのダチョウシスターズと遊ぶ飛馬
b0014576_20210232.jpg

現在、北海道の公営の動物園にいるシマウマは
おびひろ動物園のチャップマンシマウマのシャンティ姐さんと
釧路市動物園にいるグラントシマウマの小夏(飛馬の母)の二頭です。

[PR]

by hamhaha | 2015-08-27 22:29 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

どうして・・・

懸賞 2015年 08月 24日 懸賞

b0014576_05175579.jpg

[PR]

by hamhaha | 2015-08-24 05:19 | 円山動物園 | Trackback

お盆休みのお食事と甘もの

懸賞 2015年 08月 21日 懸賞

お盆休みはあっという間に過ぎて、休んでいた分、仕事がおしてます。
しかも、急に涼しくなったので、冷茶用パックを使いきらなきゃと焦り始めました。
あわただしいわ~。

お盆休みにぷらぷらとチカホを行って、赤レンガテラスのフードコートで昼食を摂りました。
大変な人出で、席を確保するのが大変でした。
中国料理の「布袋」のランチセット。
b0014576_02534629.jpg
このザンギ(鶏の唐揚げ)が大きい!
1個が通常の3個分ではないでしょうか。
美味しゅうございました。
「布袋」のザンギをテイクアウトするときは、1個が3個分なので
気をつけなはれや。

チカホでやっていた釧路周辺の町のイベント?
和商市場プロデュースのお菓子詰め合わせと
モンキーパンチのふるさと浜中町のミルクまんじゅう。
浜中町のミルクはハーゲンダッツに採用されるほどおいしいそうです。
ルパン、意外と農作業スタイルがに会いますね。
それととろろ昆布の顆粒状の。
b0014576_02541625.jpg

b0014576_02542164.jpg

b0014576_02542671.jpg

チカホで買った「賞味期限が近いので安いけれども、冷凍だからまだいける」ゆり根のロールケーキ。
と、ごまだんご。
b0014576_02541219.jpg

円山動物園に行くときに持って行った「すし善蕾亭」の「うな玉巻き」です。
b0014576_02535336.jpg
玉子が絶品でございます。

円山動物園で、いつものジェラート。
北海道ミルクとフレッシュチーズ。
b0014576_02535776.jpg

その前に行ったときの朝摘みいちごとフレッシュチーズ。
b0014576_02540152.jpg
フレッシュチーズがわたくしのイチオシ。

おまけ
東急ハンズに出張していたシュタイフのしろくま。
眉がある?
b0014576_02543194.jpg

[PR]

by hamhaha | 2015-08-21 03:18 | グルマン・レポート | Trackback | Comments(2)

ホッキョクグマに会えるかな?

懸賞 2015年 08月 19日 懸賞

b0014576_21240565.jpg

まだ8月16日の円山動物園ですよ。
ホッキョクグマがいる世界のクマ館は以前はいろいろな熊がいましたが、今はホッキョクグマだけです。
3頭の大人のクマと1頭のこぐまが住んでいます。
放飼場が大小8つありますので、空マスもあります。

坂を上っていくと、最初にいるはずのデナリ・パパが室内にいました。
b0014576_21242721.jpg

デナリ・パパの室内には、ダイソンの羽なし扇風機があるようです。
その続きの3マスは空きでした。
キャンディは中央のオープンエアの放飼場の南側に引っ越していました。
キャンディも室内です。
キャンディの隣は空マスで、その隣の檻の放飼場と南端のララの放飼場にララと娘がいます。

こぐまはプールで遊んでいました。
b0014576_21243575.jpg

ピンクのボビンを追っています。
b0014576_21243883.jpg

ステンレスボウルも楽しいです。
b0014576_21244460.jpg

母のララは娘を放置。
娘も大きくなったので、一人で遊ばせても安心です。
b0014576_21244106.jpg

プールからあがり~の、
b0014576_21271624.jpg

魅惑のプルプル~。
b0014576_21271979.jpg

この子が縁に行くと、見ている方はヒヤヒヤです。
何をするかわからない子なので。
b0014576_21272723.jpg

かわいい肉球を見せながら檻の放飼場へ。
b0014576_21273232.jpg

檻の部屋はすぐ近くでこぐまを見られるので、うれしいです。
b0014576_21273751.jpg

本当に大きくなりました。
ララの愛情の賜物です。
b0014576_21274341.jpg

もう名前は決まっているそうですが、まだ発表はありません。
どんな名前かな?

円山動物園のホッキョクグマは室内に出入り自由となっています。
だから、室内に入って会えないときもあります。
でも、だれかしら外に出ているので、全滅という事もないようです。
全滅だったら、かえって貴重な体験かも。
「こぐまに会えてよかったね」と喜ぶお客さんはいますが
ホッキョクグマに会えなくて怒るというお客さんはいないようです。

[PR]

by hamhaha | 2015-08-19 00:01 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

ジェイ・ファミリーの今後

懸賞 2015年 08月 18日 懸賞

b0014576_20583593.jpg

8月16日の円山動物園のシンリンオオカミですよ。
トップは長男ルークのドアップです。

父ジェイと闘争を繰り返し、ジェイに大けがをさせた息子のユウキ。
裏マスに別飼いされていました。
b0014576_21034555.jpg

b0014576_21035222.jpg

ルークとユウキ。
b0014576_21033425.jpg

双子のショウとシンクロ。
b0014576_21034867.jpg

狭いし、退屈だよね。
b0014576_21054311.jpg

ルークの様子がおかしかったです。
裏マスのユウキに突進したり
執拗にショウを追いかけまわしたり。
b0014576_21055473.jpg

エラそうにマーキングもしたりしたので、ジェイが怒りました。
しつこくされたショウも怒って、ジェイ・ショウ組がルークを攻撃。
b0014576_21055777.jpg

b0014576_21060172.jpg

b0014576_21060953.jpg

b0014576_21061546.jpg

ごちゃごちゃ。
b0014576_21061729.jpg

ジェイの力が弱まった今、ジェイ・ファミリーはそれぞれの道を歩まなくてはならないのかもしれません。

若いユウキをずっと裏マスに閉じ込めておくわけにもいかないので、何処か移動先を見つけてほしいものです。

とくしま動物園のシベリアオオカミのコウゲツ翁は昨年12月大往生を遂げました。
6月にとくしま動物園を訪れましたら、死後半年以上経っているというのに、
コウゲツ翁の放飼場には来園者からのたくさんの写真や詩が掲示してありました。
とくしま動物園は本当に心からコウゲツ翁を大切に飼育していたのだと伝わってきました。

とくしま動物園に新しいオオカミの導入がまだであるなら、
コウゲツ翁の王国に踏み入るのは大変心苦しいのですが
ユウキを受け入れてもらいたいです。
旭山動物園のメスをお嫁にもらって、一家を築いてもらいたいです。
ユウキはジェイに似ているので、立派なアルファオス(リーダー)になると思います。

残りの3頭も同居できなくなるのかもしれません。
そうなると、裏マス2マスと、放飼場をそれぞれ使いまわしていく形になるのでしょうか。

希望としては、エゾシカの放飼場を改造して、オオカミの放飼場にしてもらいたいです。
放飼場がふたつあればフレキシブルに回していけると思います。

エゾシカはどこにいくか、というと、
取り壊される熱帯動物館跡地に放飼場をつくってもらったらいいのです。
ゾウは無理です。

[PR]

by hamhaha | 2015-08-18 00:01 | 円山動物園 | Trackback | Comments(4)

8月16日の円山動物園

懸賞 2015年 08月 17日 懸賞

b0014576_19225751.jpg

昨日は円山動物園に行きましたよ。
お盆でお花のいいのがなかったので、果物だけ買って、ウッチーの献花台にまたお供えして手を合わせました。
献花台のお花が少なくなっていたので、やっぱりお花を買ってくればよかったですね。
b0014576_19221586.jpg
スケッチブックが置いてあって、一ページ目にHPと同じ文章の園長名のお詫びが貼ってありました。
スケッチブックの来園者の文章には、本当に無念がにじみ出ている、心を揺さぶるものがありました。
子供の素直な書き込みや、似顔絵もありました。
遠来の方の書き込みもありました。
わたくしも書こうと思いましたが、最終ページまで書きこまれていたので、あきらめました。
献花台の隣にスタンプラリーかなにかがありまして、献花台は子供たちのそのスタンプラリー(?)の台にもなっていました。

マレーグマのかわいいハッピイです。
b0014576_19223164.jpg

かわいいウメキっつあんです。
b0014576_19223586.jpg

ユキヒョウのシジム、となりの母子をのぞいています。
b0014576_19223851.jpg

アクバルはとなりのタツオを覗き見。
b0014576_19224252.jpg

いつも人気で人がたくさん見ているアムールトラのタツオ。
b0014576_19224983.jpg

茂みに隠れると野生っぽいですね。
b0014576_19225418.jpg

ボルネオオランウータンのレンボー。
お客さんに遊んでもらい中。
b0014576_19222022.jpg
夫の弟路郎は上からレンボーをストーキングしていました。

夫婦の一粒種のハヤト、大きくなったね。
b0014576_19222428.jpg

[PR]

by hamhaha | 2015-08-17 00:01 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

「もしもあの動物と暮らしたら!?」と「しろくまミルク」

懸賞 2015年 08月 16日 懸賞

もしもあの動物と暮らしたら!?

小菅正夫/新星出版社

undefined

しろくま ミルク (単行本)

釧路市動物園(監修)/KADOKAWA / 角川マガジンズ

undefined

b0014576_08594380.jpg

「しろくまミルク」という本が出るという事だったので、Amazonで予約しましたら、昨日来ました。
釧路市動物園のホッキョクグマ・ミルクの可愛い写真が満載の本です。
各写真一つに一言ミルクが話しています。
「サバたべたい」「ここにあるの知ってる」と、窓をのぞいたり、
「もういらない」とブイを投げて「うそごめん」と言ったり。
よくわからないのが「リストラか・・・」「人間はたいへんだ」「考えても」「考えても」「つらいよね」「わかります」が、んん?

次は「しろくまツヨシ」を出版してください。「世界一可愛いピリカ」でもいいです。

書店に行くと、「北海道コーナー」にいつも行くのですが、「もしもあの動物と暮らしたら!?」という本がありました。
ホッキョクグマやゾウやキリンやライオンなどを飼う場合どうするかという本です。
なぜ北海道コーナーかというと、きっと著者の小菅氏が元旭山動物園の園長さんだからですね。

ジャンボ宝くじ1等に20回くらい当たったら、
ホッキョクグマ放飼場付き住宅を作ってピリカを引き取って暮らしたいので、この本も購入しました。
ホッキョグマの値段、9000万円! 日本平のバニラは6000万円くらいでしたよね、
天王寺のイッちゃんは寄贈だからいくらかは解りませんが・・・、9000万円かぁ・・・。

シンリンオオカミの飼い方が書いていませんね、
わたくし、ジャンボ宝くじ1等に30回くらい当たったらルークも引き取るつもりなので。
次の本でお願いします。

[PR]

by hamhaha | 2015-08-16 09:24 | 動物園 | Trackback | Comments(2)

世界最高峰! 究極の動物エンターテインメント・チューリッヒ動物園の舞台裏

懸賞 2015年 08月 15日 懸賞

b0014576_01012009.jpg
写真は東山動物園のアジアゾウのさくらちゃんです。

テレビで「世界最高峰! 究極の動物エンターテインメント・チューリッヒ動物園の舞台裏」をやっていたので見ましたよ。
ナビゲーターは松井玲奈さん。
わたくしは寡聞にして存じ上げませんが、アイドルの方ですね。
ウィキによると豊橋出身。
「子供のころ、動物園でシロクマのプールに張り付いていた」と言っていますので、のんほいパークですね。
キャンディは今札幌にいますよ~。

チューリッヒに1929年にできたチューリッヒ動物園。
当初は娯楽施設でしたが、
動物学者のハイニ・ヘディガー博士が園長に就任すると動物の生態を調べ、保護につなげる方針を打ち出したそうです。
現在飼育されているのは370種類。

エレファントパークにあるのは巨大な屋根の室内放飼場。ゾウの生息地の植物や温度や湿度を再現しています。
たくさんの不規則な形の屋根の窓ガラスは木漏れ日のようになるよう計算されているとか。
掃除が大変そう~。
屋外放飼場もありました。
大きなプールがあって、プールで泳ぐゾウが見られます。
(最近では日本でもゾウ用プールを公開しているところがありますね)
そこで生まれた仔ゾウのオリシャが泳ぐ練習のようなものをしていました。
子ゾウって、可愛いですよね~。

マダガスカルを模して作った巨大なビニールハウスのような建物。
土壌から改良してマダガスカルの植物を植え、マダガスカルの気候を再現して、動物たちを放ちます。
動物たちは放し飼いです。
定期的にスコールも降ります。
飼育員の仕事は、主に環境を整えること。
伸びすぎた植物を整理して、土に帰りづらい葉っぱなどを取り除きます。
今は給餌していますが、やがてはドーム内の植物で動物が生きていくのが理想だそうです。

いろいろな動物の繁殖に成功しています。
動物たちを退屈させないように、エサも苦労して食べられるようにしていたり、環境エンリッチメントに力を入れています。

園内に野生のコウノトリの巣があるのは面白いですね。

行ってみたいわ、チューリッヒ動物園。

でも、数字が・・・変。
チューリッヒ動物園は27万㎡(東京ドーム20個分)、広大なので園内乗り物があるとのこと。
わたくしは東京ドームを見たことがないので東京ドームにたとえられてもわかりづらいですが
27万㎡なら、円山動物園より一回り大きいくらい、よこはま動物園ズーラシアの半分くらい、それほど広大ではないですよね。
エレファントパークは1万1,000㎡(東京ドーム2個分)とのこと。
27万㎡で東京ドーム20個分なら東京ドームは13,500㎡ということですが、
1万1,000㎡で東京ドーム2個分なら、東京ドームは5,500㎡ということです。
東京ドーム、伸縮自在・・・・。

[PR]

by hamhaha | 2015-08-15 01:09 | 動物園 | Trackback | Comments(2)

どさんこワイドで円山動物園の中継

懸賞 2015年 08月 14日 懸賞

今日、テレビのどさんこワイドで円山動物園の中継をしていました。
園長、課長、××飼育員など、炎上しそうな人たちは出ていませんでした。
ついこのあいだ園長がテレビに出て、また炎上したそうなので
「とにかく余計な動きをしないでおとなしくしている」のが一番というのに気づいたのですね。
もしくは市長に「おとなしくしてほしい」と言われたのかもしれません。
ウッチーが死亡してから、何かあるたびに市長に大量のメールが行っているそうで
市長もたいへんですね。(わたくしも4通出しましたし)

件の報告書もいいところは一つもない、フォローしようもない報告書だったのですが
一番悪いところは「一番反省しなければならないところがわかっていない(もしくはわからないふりをしている)」ということで
このままでは、同じことが繰り返されるという事です。

「ウッチーが邪魔だから殺した」説を、わたくしは否定しましたが
邪魔だから殺したのかもしれない・・・と思うようになりました・・・。


[PR]

by hamhaha | 2015-08-14 23:56 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

おろしや国酔夢譚

懸賞 2015年 08月 13日 懸賞

おろしや国粋無譚 [DVD]

緒形 拳,オレグ・ヤンコフスキー,江守 徹,川谷拓三,西田敏行/KADOKAWA / 角川書店

undefined

随分前に書いた気がしていましたが、書いていませんでした。
先日、テレビでやっていたのでまた見ました。「おろしや国酔夢譚」原作は井上靖。

天明2年(1782年)、「神昌丸」という船で伊勢を出発した大黒屋光太夫ら17人は、江戸へ向かう途中に嵐に遭い、
8か月の漂流後に当時はロシア帝国のアムチトカ島(アリューシャン列島・ほぼアラスカ)に漂着しました。
アレウト族(エスキモー)の住むその島は、アザラシの皮の交易を目的としたロシア人も来ていました。
光大夫たちは、ロシア語を覚え、魚を蓄えて冬に備えますが、冬に食料がなくなり、獣の肉をも口にします。(これは大変抵抗のあることでした)
ロシア人がロシア本国にに帰る迎えの船が来るという話なので、一緒に乗せて行ってもらおうとしますが、
迎えの船が難破し、ロシア人たちも帰るすべを失い、絶望します。次の船が来るかどうかもわかりません。

光大夫は造船の知識を生かし、島の少ない材料を使って、ロシア人とともに2年で和船を建造し、オホーツクの荒波を越えてカムチャッカにつきます。
そこから日本に渡らせてもらおうとしますが、管轄はイルクーツクということで、今度は皆でイルクーツクへ向かいました。
カムチャッカのほうが日本に近いですが、光大夫にはわかりません。
カムチャツカ、オホーツク、ヤクーツクを経て、5か月の厳しい旅の末、イルクーツクにたどり着きます。
厳しい旅のせいで、庄蔵は凍傷で片足を失います。
光大夫たちの帰国嘆願書は都に送ったと言いますが、いつ返事が来るかはわかりません。
イルクーツクで光大夫はラックスマンという博物学者に出会い、世界の現状を学びます。
都からは帰国をあきらめて日本語学校に勤めるよう返事が来ます。
若い新蔵はロシア人と結婚してロシアに残ることを決めます。
庄蔵は改宗してロシアに骨をうずめる覚悟をします。
光大夫はエカチェリーナ女帝に直談判すべくペテルブルグに向かいます。

ラックスマンは「日本は素晴らしい国。光大夫ほどの人物が一介の船乗りである」と光大夫を高く評価しています。
(たしか、その当時から日本人の識字率は世界一のはずです)
ラックスマンたちの尽力で光大夫は女帝に謁見し、帰国を許されます。
漂流から8年、漂流した17人のうち死亡12人、改宗してロシアに残るものふたり、帰国したのは3人でした。
ロシアの船で北海道の根室につきますが、鎖国をしている幕府はなかなか上陸を許さず、江戸と根室でやりとりをしている間に小市が上陸前に死亡します。
(史実では上陸後、根室で冬を越している間に死亡します)
残ったのは光大夫と磯吉のふたりだけ。
罪人として江戸に輸送されます。
(史実は江戸で住居を与えられ、比較的自由に生活していたようです)

漂流民たちの日本に帰りたいという気持ちが全編から滲み出している映画です。
望んでロシアに行ったわけでもなく、異国の地で慣れない生活をするつらさ。
肉を食べ、米の飯を食べることができない生活。
いつか日本に帰るという事だけを支えに生きていきます。
光大夫は女帝に「ロシアに来て自分が日本人だとわかりました」と言っています。
リーダーとして皆を率い、ロシアにいる間いろいろな知識を吸収して日本に伝え、とうとう日本に帰ってきた光大夫。
鎖国が揺らいでいた時代が助けたということもありますが、この時代に光大夫という人物が出たというのも、歴史の必然かもしれません。

[PR]

by hamhaha | 2015-08-13 15:37 | たわごと | Trackback | Comments(2)