<   2016年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

キロルをよろしく

懸賞 2016年 03月 30日 懸賞

昨日、デパ地下に行きましたら、見たことがあるお店が期間限定で昨日まで出店していました。
浜松市のお菓子のお店です。
せっかくだから購入いたしました。
b0014576_23434283.jpg

次に浜松に行ったときにも購入させていただきたいと思います。



[PR]

by hamhaha | 2016-03-30 00:01 | グルマン・レポート | Trackback | Comments(2)

映画 シルク

懸賞 2016年 03月 29日 懸賞

映画「シルク」をテレビで放映していたので見ました。
ネタバレがバリバリですよ~。
b0014576_23323880.jpg

19世紀のフランス、軍人のエルヴェは休暇中に美しいエレーヌ(キーラ・ナイトレイ)に出会い、恋をします。
エレーヌはユリの庭を持ちたいと語り、エルヴェはエレーヌのためにユリを植えたいと思います。

バルダビューという男がエルヴェの父が町長を務める町の製糸場を再建して絹織物を作り、町は潤いました。
しかし、謎の病気でカイコが死に、病気がないカイコの卵が必要になります。
パルダビューは若く頭のいい若者であるエルヴェに目をつけ、健康なカイコの卵を買い付ける仕事をさせることにします。
エルヴェは軍隊をやめ、エレーヌと結婚し、アフリカに卵の買い付けをしに行きます。
しかし、カイコの病気は遠くアフリカまで蔓延していたのでした。
パルダビューはエルヴェを今度は日本に派遣します。
日本は江戸時代で鎖国をしていますが、密貿易が行われていたのです。
エルヴェはロシアのウラジオストックから船で山形の酒田に入り、目隠しをされて何日も旅をしてとある村につきました。
その村のトップである原十兵衛なる謎の人物と、謎の美女に出会います。
エルヴェは謎の美女に心惹かれます。
エルヴェが日本から持ち帰った卵からは健康なカイコが孵りました。
エルヴェはこの功績で莫大な報酬を得て、妻エレーヌのために広大な土地を買い、エレーヌの庭を作ることにします。

幕末の不穏な空気の日本に、エルヴェは再び赴きます。
原はオランダ人から大量の武器を購入していました。
エルヴェは謎の美女から短い手紙をもらいますが、日本語なのでなんと書いてあるかはわかりません。
エルヴェはカイコの卵を再び持ち帰り、妻エレーヌと幸せに暮らします。
エルヴェは謎の美女の手紙の内容が知りたくて、日本語ができる人を探します。
リヨンの商人と結婚したけれども、夫に先立たれた日本女性が娼館を営んでいると聞き、リヨンまで出かけます。
マダム・ブランシュ(中谷美紀)は手紙を読みます。「戻ってきて、でないと死にます」
居ても立っても居られないエルヴェは日本に行こうとします。
パスツールのおかげでカイコの病気問題も解決したし、日本はクーデターで危険なので日本に行く理由はもうないのですが
エルヴェはバルダビューに訴えて無理やり日本に行きます。
原の村は焼き払われていました。
途方に暮れるエルヴェは偶然知り合いの少年に会い、原たちがいる場所を教えてもらいます。
しかし、原の配下はエルヴェに構っている暇はありません。
エルヴェは食い下がりますが、相手にされません。
そして、自分を手引きした少年が処刑されたことを知ります。
「あるじの妻の恋文を運ぶからだ」と原は言います。
謎の美女は原の妻だったのです。
原に銃で脅され、日本を後にするエルヴェ。

エルヴェは別の場所でなんとかカイコの卵を手に入れますが、
(手に入れるのが遅かったせいで)ヨーロッパに帰るまでに卵は孵り、幼虫はすべて死んでしまいます。
カイコのない製糸場は止まり、そこで働く町の人々が失業します。
エルヴェはエレーヌの庭を作るためにその人たちを雇い入れます。
美しく完成するエレーヌの庭。
エルヴェのもとに日本語の長文の手紙が届きます。
エルヴェはリヨンのマダム・ブランシュにその手紙を訳してもらいます。
それは、情熱的なラブレターでした。

夫が日本に何か心を残してきていると察知しながらずっと耐えてきた美しき妻エレーヌ。
エレーヌは子供を欲しがっていましたが、授からず、そして、病に倒れてこの世を去ります。

エレーヌの墓にマダム・ブランシュの青い花が置いてあるのを見て、エルヴェはマダム・ブランシュを訪ねます。
「あの手紙はあなたが書いたのですね」
「いいえ、エレーヌよ、日本語に訳してと頼まれたの」
「エレーヌはなによりあの女になりたかったのよ」
エルヴェは答えます。
「あの女はエレーヌでした」

どの口でいうかエルヴェ!この口か!(と、口角をひねってやりたい~)

男のロマンなんでしょうね、男性は理解できるのかもしれませんが。
エレーヌが可哀想すぎるでしょう!
日本まで行ってしまった夫が無事かどうかずっと心配している間に
夫は別の女に心を奪われてしまうなんて。
その心を知りながら、ずっといい妻でい続け、
望んだ子供も生まれないで、病気で死んでしまうのよ。
見たことのない日本の女になりたいと思いながら。
キーラ・ナイトレイが妻で何が不満なの。
「あの女はエレーヌでした」って、だったらエレーヌを大切にしなさいよ~。

映像がひたすら美しい映画でした。

[PR]

by hamhaha | 2016-03-29 23:34 | たわごと | Trackback | Comments(2)

旭山動物園のオオカミとねこなど

懸賞 2016年 03月 26日 懸賞

まだ3月20日の旭山動物園ですよ。
ホッキョクグマのピリカとイワンの常同行動がしばらく続きそうなすきに、
他の動物にもちょっと挨拶しましたよ。

ホッキョクグマのお隣のホッキョクギツネ。
わたくしが行ったときはおとなしく眠っていましたが
b0014576_22392850.jpg

この梯子の内側を駆け上がったそうですよ。
b0014576_22393208.jpg

その先のシンリンオオカミ一家。
一番上で落ちそうになっている黒っぽいのがパパのケンで、一番下の白いのがママのマース。
b0014576_22415677.jpg
ケンの隣はヌプリっぽいけれども、ヌプリはいないはずなのでワッカかしら?
子供たちはよくわからないわ。

奥にも2頭。
b0014576_22420182.jpg

パパ・ケンは落ちそうになって目が覚めました。
b0014576_22420971.jpg

ママなのに、順位が低くなっているらしいマース。
b0014576_22420544.jpg

今、メインの放飼場にいるのは7頭、残りのヌプリ・カント・ミナの3頭は
非公開の別の場所に移動しているそうですよ。

オオカミを群れで飼うと闘争が起きる危険性があります。
旭山のチュプは闘争で命を落としました。
闘争の危険性があると隔離しなければなりませんが、放飼場が一つだと隔離されたオオカミたちは狭い場所で我慢しなければならなくなります。
オオカミを群れで飼う場合、東山動植物園のように複数の放飼場が必要になりますね。
とりあえず、カントかミナは徳島のユウキの嫁になって下さい。

ライオンのライラ、わずかに土が出ているところを選んでくつろいでいます。
b0014576_22502232.jpg

隣りの若きアムールトラ、オスのキリルがライラが気になって仕方がないようです。
b0014576_22502662.jpg

オスの大きいネコがいる~、オスネコトップは俺だ~とキリルはアピールしているのかも。
キリルや、相手は大先輩だよ。
b0014576_22504450.jpg

ユキヒョウ夫妻のシンクロ。
b0014576_22503158.jpg

エゾヒグマのとんこさん、幸せそうに雪の上で寝ていました。
b0014576_22503791.jpg

帰り側、ちらっと手見たキリン。
ゲンキ、首が引っかかって大変だったね、気を付けてね。
b0014576_22504847.jpg

イボイノシシ・・・・、の、おいど。
b0014576_22505227.jpg

[PR]

by hamhaha | 2016-03-26 00:01 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(4)

改革に期待

懸賞 2016年 03月 25日 懸賞

4月1日から円山動物園の園長が代わるそうですね。
これは予測されていたことです。
代わらなかったらむしろ驚きですよね。

ウッチー死亡以後の円山動物園の対応は
その場しのぎとごまかしが多いように思え、到底信頼回復できるものではありません。
新園長のもと、ドラスティックな改革を示してもらわなければ、納得がいきません。
(休園日が増えたというのは改革には含みません)

次期環境局円山動物園長は市長政策室広報部広報課長だった方なのでしょうか。
また動物園には門外漢ですね。
いろいろ思うところはありますが、後手後手という印象が強いです。
よろしくお願いします。

「します!」
b0014576_06555100.jpg

[PR]

by hamhaha | 2016-03-25 07:03 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)

旭山動物園のピリカ2016年3月

懸賞 2016年 03月 24日 懸賞

よこはま動物園ズーラシアで、
ホッキョクグマのツヨシが無事元気な姿を見せてくれたようです。
ツヨシの報道に「メスなのにツヨシ」や「メスだけどツヨシ」というフレーズが飛び交っていて、
よほど違和感があるのねと思いましたよ。
最初は男の子だと思われていたのですよね。
妹のピリカも最初は男の子と思われていましたが
姉ツヨシ同様メスと確認されました。

3月20日は久しぶりに旭山動物園に行きましたよ。
冬はね、大雪でJRが止まるかもしれないので、なかなか旭川に行く勇気がないのですよ。
今年はそれほど雪は降らなかったけれども。
3月でもう雪で列車が止まる心配がないと思いますので、行きました。

お客さんが多かったわ~。
開園前に西門にお客さんがとぐろを巻いていましたからね。
正門を待つお客さんより多かったように見えましたよ。
どこかのガイドブックが書いたのかもしれませんね、
冬はととりの村が開いていないので、正門から入ると動物まで遠いから
西門から入った方が長く歩かなくていいと。
かなり遅れて西門から入園。
ホッキョクグマ館に行っても先にたくさんのお客さんがいました。

わたくしの目的はもちろん世界一可愛いピリカですよ。
いました、可愛いピリカです。
b0014576_06263039.jpg

b0014576_06261300.jpg

何かを気にしています。
b0014576_06262138.jpg

しょっぱい顔。
b0014576_06262415.jpg

原因はこのイワンです。
ピリカはイワンと同居させられていました。
イワンはガラス窓や檻やプールのある方を常同で歩いていまして、
ピリカをそれをさけるように外側を歩いていました。

イワンは檻の前にぐ~っと近づき、お客さんたち(わたくし以外)が
「おお~っ!」「大きい~っ!」と、感嘆する様子を確かめていました。
b0014576_06263437.jpg
時折プールに飛び込んで、水しぶきを浴びた(または浴びそうになった)お客さんがキャーキャー騒ぐのを満足げに見ていました。

オスのホッキョクグマは相手が人間でもいいから認められたいという気持ちがあるのかもしれません。
浜松のキロルは何かするたびにいちいちお客さんの反応を確認しますし、
アドベンの11歳大人のオス(ゴーゴ)も人間を驚かせて遊んでいました。
本来ならメスをめぐって他のオスと争わなければならない立場のオスですから、
もしかして、人間で代用しているのかもしれません。
イワンは「見て見てピリカちゃん、オレ、最強でしょ~」とアピールしているのかも。

ピリカはあからさまにイワンを避けていまして、イワンと逆方向に常同歩きをしていました。
b0014576_06275642.jpg

時折、イワンが立ち止まって、ピリカが歩いてくるのを待つのですが、
それに気づいたピリカは口をとがらせて威嚇の声を出し、逃げます。
イワンがいるので、プールにも行けないし、ピンクのボビンで遊ぶこともできません。
常同の合間に少しずつボビンを自分のほうに引き寄せるピリカ。
b0014576_06275973.jpg

それに気づいたイワンがボビンを取り上げます。
b0014576_06280270.jpg

もう気が気じゃなくて、わたくしは、ほとんど他の場所に行くことができませんでしたよ。
1時、室内で何か音がしたのか、イワンが室内に入る扉を気にします。
ピリカはルルおばさんが出で来るはずの扉の前でスタンバイ。
b0014576_06280603.jpg

でも、扉が開かなくて、イワンが「ピリカちゃん、そっちはどう」と近づくと
ピリカは大声で威嚇してイワンを下がらせます。
ピリカとイワンを初めて見るらしいお客さんも
「あの白いの(ピリカ)が大きいの(イワン)から逃げて動いているんだ」とお連れさんに説明していましたので、
誰が見ても明らかにピリカはイワンを避けていました。
1時半に扉があいて、イワン退場。
b0014576_06281060.jpg

奥の扉からルルおばさんが出てくると、ピリカ大喜び。
b0014576_06281521.jpg

ピリカはイワンがいなくなったので、心置きなくプールでボビンで遊んだり、
b0014576_06290441.jpg

床スリスリをしたりしていました。
b0014576_06291364.jpg


ルルものびのび。
b0014576_06285945.jpg

ルルおばさんに見守られてプール遊びをするピリカ。
b0014576_06292830.jpg

でも、わたくしはタイムアップでここで離脱。
ピリカが楽しそうに遊ぶのをほとんど見ることができませんでした。
イワンのバカ~!(byトルストイ)

ピリカが気になってあまりサツキのほうに行けませんでしたが、さっちゃんももちろん可愛かったですよ。
b0014576_06293331.jpg

なんだか、子供のような表情ですね。
さっちゃんに幸あれ。
b0014576_06290983.jpg

アドベンの有望カップルに繁殖行動があったそうですね。
期待できますね。
生まれるのはゴーゴ・ジュニア(オス)か
オホト・ジュニア(メス)か、楽しみ~。

[PR]

by hamhaha | 2016-03-24 06:36 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(4)

帯広のお食事と北海道新幹線グッズ

懸賞 2016年 03月 15日 懸賞

3月12日、帯広に向かう特急の中で駅弁を食べました。
北海道新幹線のお弁当です。
b0014576_17425680.jpg

昆布が北海道の形をしています。
細かいですね。
b0014576_17430182.jpg

裏側探検隊のイベントが終わってから、おびひろ動物園からタクシーに乗りました。
「藤丸さんの近くの、二階が喫茶室になっている六花亭に行ってください」と言うと、
ドライバーさん、困惑していました。
六花亭の帯広本店だったようです。
わたくしが帯広の町を歩くときはぼんやり歩いているので
あのへんに六花亭あったな~と思っていましたが本店かどうかは見ていませんでした。
でも、藤丸デパートの近くで二階に喫茶室あるから、間違いじゃないわよ~。

季節ものらしいので春キャベツのピザ。
b0014576_17430409.jpg

マルセイバターアイスサンド。
b0014576_17430742.jpg
椅子に置いてあるクッションが六花亭の包み紙の模様なのが凝ってますね。

六花亭から出ると、商店街に人だかりができているお店がありました。
位置的にラーメンのみすゞさんかな。
人気なのですね。
次に来たときは食べたいわ。

もちろん、帯広でマストで買うのはますやさんの白あんパン。
メロンパンのラスクも買いました。
b0014576_17431094.jpg
他のパンは食べてしまったので、画像なしです。
ますやさんは東京にお店を出す予定だとか。
札幌にも、1店でいいから出してほしいわ。
できれば札幌駅や大通りに。

そういえば、大阪に行ったとき、天王寺の地下に北欧パンのお店がありました。
北欧パンって、札幌のパン屋さんですよね。
全国展開しているのですね。

JRの駅は札幌駅も帯広駅も北海道新幹線の広告がいっぱい。
北海道新幹線はまだここまで来ませんから。
広い広い北海道の玄関口までですから。
全道隅々まで新幹線が通るといいなぁ。

札幌駅で買った北海道新幹線のお菓子。
b0014576_17431486.jpg
全てJR北海道商品化許諾済と書いてありました。
月寒アンパンまで・・・。
記念に買っちゃったじゃない~。

北海道新幹線の予約は初日以外は空席でガラガラだそうですよ。
今年中には乗りに行こうと思います。

[PR]

by hamhaha | 2016-03-15 00:01 | グルマン・レポート | Trackback | Comments(4)

おびひろ動物園・裏側探検隊 ご長寿さんたち

懸賞 2016年 03月 14日 懸賞

3月12日のおびひろ動物園続きです。
アイラの元を後にして、次に行ったのはカリフォルニアアシカのタケルのところです。
タケちゃんは本名は別にあるそうですが、聞き取れませんでした。
何て名前なのかしら。
b0014576_17242902.jpg

タケちゃんはかなりの高齢アシカです。
おとなしいたちなので、参加者がおさかなを与えることもできました。
b0014576_17243427.jpg

タケちゃんの次はカバのダイちゃんです。
最初は潜っていて全く顔を出さなかったのですが
最後のほうで顔を出しました。
久々のダイちゃんのアップです。
b0014576_17244085.jpg

ダイちゃんは日本で2番目に長寿なカバで、
オスとしては最高齢です。
b0014576_17244461.jpg

さいごにインドゾウのナナさまです。
ナナさまもかなりのご高齢。
以前日本で7番目と聞いたことがあります。
b0014576_17245336.jpg

参加者にお子さんが多かったせいか、ナナさまご満悦(に見えました)。
ナナは子供が好きですからね(と、わたくしが感じています)。
b0014576_17244891.jpg

タケちゃん、ダイちゃん、ナナさまを見るとイエローさんを思い出します。

「高齢動物ばかりですが」と担当の方がおっしゃっていましたが
ライオンのヤマトやアムールトラのマオは若くて元気すぎて裏側探検には向かないかもしれませんね。
以前、レッド隊長がライオン舎のバックヤードの動画を映していたことがありますが
アムールトラのバックヤードは見たことがないので、見たい気がします。

また暖かくなったら帯広に行きたいと思います。
b0014576_17242585.jpg

[PR]

by hamhaha | 2016-03-14 00:01 | おびひろ動物園 | Trackback | Comments(0)

おびひろ動物園・裏側探検隊 アイラ

懸賞 2016年 03月 13日 懸賞

b0014576_11423314.jpg

昨日は帯広に行きました。
おびひろ動物園の「春の裏側探検隊」の当選したからです。
以前応募したときは落選だったので、以前の落選者を優先してくれたのでしょうか。
現在冬期閉園中のおびひろ動物園に入ることができました。
来園者たちは3班に分かれて、獣舎のバックヤードを見学して回ります。

わたくしの班は、まずはホッキョクグマのアイラです。
アイラ~、久しぶり~。
b0014576_11404110.jpg
暗いので、動画を録りまして、画像を切り抜いたのがあります。
間近のアイラ。
バックヤードにたくさん人がいるから、警戒していました。
くまペレも食べません。
時々とびかかってきたり、伏せたりしていました。
b0014576_11404416.jpg

ララの子供たちで一番の美少女はアイラかもしれません。
もう5歳だし、結婚してもいい年頃です。
b0014576_11423937.jpg

アイラの食べる肉は一日平均3キロだそうです。
アイラは何でも食べますが、果物やヨーグルトは、お腹ががゆるくなってしまうので、あまり与えないそうです。
今は肉・廃鶏・魚・クマペレットを与えているそうです。
それは困ったわ、差し入れを考えないと。
今度差し入れするときは、藤丸さんで肉を買って行こうかしら。

イコロがいた獣舎は老朽化が激しくて、アイラのいるところはイコロのよりは幾分ましということでこちらを使っているそうです。
来年度は片方ずつ両方の獣舎の改修がされるそうです。
完成するとアイラの住まいは広くなるのですね。

(アイラは)借り物だから、いつかはどこかへ返すということでしたが。
どこか、って、円山以外にはいかないでほしいわ。

アイラのバックヤードは冬だからそれほどにおわないけれども、程よくクマ臭く、
「ああ、アイラの匂いだわ~」と堪能いたしました。
クマ臭さを喜ぶのは一部のマニアだけかもしれませんが、
わたくしはうれしゅうございました。
b0014576_11403617.jpg

アイラの婿が問題よね~。
今年から来年にかけて日本のどこかでアイラと血縁のないオスのホッキョクグマが生まれたとしても
その子が大きくなるまで時間がかかるから、アイラの婿というより、ポロロとマルルの婿。
アイラの婿は外国から連れてくるのが望ましいと思うわ。
どう、ハイランドのウォーカーちゃん、ヘルメット2ダースつけるから。(まだあきらめていないのか~)

[PR]

by hamhaha | 2016-03-13 12:01 | おびひろ動物園 | Trackback | Comments(4)

ホッキョクグマの期待のペア

懸賞 2016年 03月 10日 懸賞

b0014576_00092444.jpg
トップはキャンディのいとこのオホトさん。

先日の数年に一度の暴風雪と言われた悪天候の時、
わたくしが「こんな時に会社に行きたくない~」と文句を言いながら車で走っていると
前方に仮免許の路上教習の車が。
よりによって、こんなに荒れているときに路上教習かと驚きました。
考えてみれば、入社するまでの間、運転免許を取っておこうとする学生さんたちが自動車学校にがひしめいている時期ですね。
あれだけの悪天候を乗り越えられたら、きっとどこへでも運転してゆけるよ、きみたち。

アドベンチャーワールドのホッキョクグマ、オホトさんと11歳大人のオス(ゴーゴ)が
b0014576_00091504.jpg
いい感じたと風のうわさに聞きましたが、その後どうでしょう。
このペアには期待しているのですよ。
いままで繁殖のために移動してペアになったホッキョクグマは、片方が繁殖経験ありか、双方繁殖経験がないというペアでしたが
このペアは違います。
双方子持ちです。子供は健在です。
これ以上ないほどの強力ペアですね。

今現在日本に生存しているホッキョクグマの中で、繁殖成功例が一番多いのはもちろんララとデナリですが
実は2位は2頭繁殖成功したオホトさんです。(長女は死んでしまいましたが)
オホトさんとゴーゴに子供が生まれるとララとデナリの子供とは全く血縁がありませんので
婿が生まれてくれればいいなと希望します。

ズーラシアに移動したツヨシは非展示エリアのプールで遊んでいるようですね。
皆さんに可愛がっていただいているようで、よかったわ。

今年の移動はもう終わりかしら。
キロルはこのままかしら。
早く知りたいわ。(飛行機のチケットを買わなくちゃならないので)

昨年から今年にかけてのシーズンでは、ホッキョクグマの赤ちゃんは育ちませんでしたが
次のシーズンはたくさんの赤ちゃんが生まれ育ってほしいですね。

土鍋で料理をして、100均で買った鍋つかみでつかむと、鍋つかみが焦げてしまいました。
わたくしが外出した後、この鍋つかみの焦げたところから火が付いたら困るわと思い、
キッチン用品を売っているお店で鍋つかみを買いました。
b0014576_00104079.jpg
非常に快適に使えています。

[PR]

by hamhaha | 2016-03-10 00:14 | 動物園 | Trackback | Comments(8)

全国うまいもの大会2016その2

懸賞 2016年 03月 04日 懸賞

ずっと以前に買った絆創膏(北海道弁では、ガーゼ付き絆創膏はどのメーカーでもすべてサビオ)の粘着部分がだめになっていたので捨てました。
それで、以前にお友達からいただいて、大切にしまいこんでいた「チッチキチー」の絆創膏を使うことにしました。
使わないうちにダメになってしまうのはもったいないですからね。

丸井今井で開催されていた(もう終わった)全国うまいもの大会で追加で買ったものですよ。
いわしのほっかぶりずし(これはサーモン半分バージョン)
b0014576_06251337.jpg

b0014576_06251920.jpg

釧路で有名な駅弁です。
「マツコデラックスさん絶賛」と書いてありましたが
マツコデラックスさんよりずっと前からはむははおばさん大絶賛でしたよ。
(張りあえる相手じゃないぞ~)

デニッシュたい焼き。
デニッシュ皮がおいしくないわけがありません。
b0014576_06252279.jpg

いちご大福とスイートポテト。
b0014576_06252963.jpg
いちご大福というよりは、大福にいちごが刺さっている状態ですね。
クランベリーのスイートポテトがレギュラーサイズと思っているわたくしには
このサイズのスイートポテトはミニです。
(基準が間違っているぞ~)

たちかま!
b0014576_06252531.jpg
三越で買うのを忘れたので焦っていたら、丸井今井で売ってました!
よかった!
「たち」というのはタラの白子のことで、
それをかまぼこにしているものです。
刺身でよし、焼いてよし、ポン酢もいけそう。

東京銘菓ひよ子の黒糖バージョン。
b0014576_06253382.jpg

前が普通バージョンで奥が黒糖バージョンですが、外見からは解りません。
黒糖のほうが好きかも。
b0014576_06253655.jpg

[PR]

by hamhaha | 2016-03-04 06:53 | グルマン・レポート | Trackback | Comments(2)