<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

8月15日の円山動物園

懸賞 2017年 10月 09日 懸賞

またも激しく遅ればせながら8月15日の円山動物園です。

美しいユキヒョウのリーベ、孫あり。
b0014576_22351180.jpg

可愛い顔に写ったユキヒョウのアクバル、孫あり。
b0014576_22351474.jpg

不機嫌そうなシジム、どうしたの?
b0014576_22351799.jpg

眠っているアムールトラのアイちゃん。
b0014576_22350968.jpg

可愛いあんよ。
b0014576_22350512.jpg

ヒマラヤクマの・・・たぶんトモ。
b0014576_22352110.jpg

エランドのプッチョとオペル、檻越しの恋。
b0014576_22352420.jpg

シンリンオオカミのジェイ。
かっこいいバージョン。
b0014576_22352706.jpg

ルーク。
いつもかわいいわ。
b0014576_22354619.jpg

ショウ。
見づらい~。
b0014576_22362680.jpg

ホッキョクグマの偉大な母ララ。
b0014576_22440300.jpg

その娘、今のところ末っ子のリラ。
黙っていれば美少女。
b0014576_22440751.jpg

ボルネオオランウータンのレンボー。
物言いたげな瞳。
b0014576_22441629.jpg

その息子、ハヤト。
パパをのぞき中。
男としてパパは立派なオランウータンだものね。
b0014576_22442168.jpg

ガビアルモドキ姐さん。
好きだわ、この脱力感。
b0014576_22442538.jpg

グラントシマウマのDJくん。
立派な縞模様ねぇ。
b0014576_22442837.jpg

幸せそうに眠るカバのザン。
b0014576_22443634.jpg

外の空気が気持ちよさそうな高齢サーバルのポッキー。
長生きしてね。
b0014576_22443908.jpg

[PR]

by hamhaha | 2017-10-09 00:01 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)

8月5日の円山動物園

懸賞 2017年 10月 08日 懸賞

b0014576_19350201.jpg

激しく時期を逸していますが、8月5日の円山動物園です。
トップは目力自慢だったシロフクロウのアンナ、菩薩様のような顏になっています。

ちょうど「外来生物展」をやっていて、一番インパクトがあったマダラコウラナメクジ。
b0014576_19351202.jpg

ドブネズミの哀愁漂う表情。
好きで外来生物になったわけじゃないしね。
b0014576_19351799.jpg

北海道にはもともとカメはいないそうで、カメはすべて北海道にとっての外来生物だそうです。
ミシシッピアカミミガメ、道庁の池などにたくさんいるわよ。
大きくなるのよねぇ。

園内のスズメ。
何か食べていますね。
b0014576_19352076.jpg

サーバルキャットのポッキーじいちゃん。
長生きしてね。
b0014576_19352431.jpg

ブチハイエナのカミ、幸せそう。
b0014576_19352741.jpg

新入りグラントシマウマのDJくん。
まだ慣れていないので、キャンキャン鳴いていました。
小型犬のような声でした。
b0014576_19353334.jpg

カバの・・・ザンかな?
可愛い後ろ足。
b0014576_19353603.jpg

アムールトラのアイちゃん。
最近体調が悪いそうで・・・・、元気になってね。
b0014576_19354508.jpg

シンリンオオカミのジェイ。
「まぁだだよ」と言っていそう。
b0014576_19354867.jpg

ルーク。
エゾヒグマ側で骨をしゃぶっていました。
もう呼んでも振り返ってくれないけれども、
わたくしの愛は変わりありません。
b0014576_19430943.jpg

ホッキョクグマのララかな?
室内で寝ていました。
b0014576_19431361.jpg

ホッキョクグマのデナリ。
b0014576_19431851.jpg
室内で寝ていても、ちゃんとファンのために顔だけは出してくれている
気遣いの男。さすがだわ。

ボルネオオランウータンのていちゃん。
檻がきつくて、うまく撮れませんが、つぶらな瞳がすてき。
b0014576_19432181.jpg

[PR]

by hamhaha | 2017-10-08 19:50 | 円山動物園 | Trackback | Comments(0)

ノーベル文学賞

懸賞 2017年 10月 06日 懸賞

ノーベル文学賞に、
日本で生まれ、日本人の両親にイギリスで育てられたという
日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏が選出されましたね。
おめでとうございます。

毎年のように村上春樹氏のファンが
「今年こそノーベル賞」と集まってパブリックビューイングまでしていますが、
なぜファンはそこまでノーベル賞に拘泥するのでしょうか。
他の国の村上ファンは集まってパブリックビューイングをしているのでしょうか。
または、ほかの作家のファンは?

ノーベル賞を取らなくても、
ファンにとっては、自分が好きな作家、自分が最高だと思う作家であることは変わりないと思うのですが。

もしかしたら、そうやって集まることによって、ノーベル賞の選考委員の心象を悪くしている可能性もあるのではと思います。

[PR]

by hamhaha | 2017-10-06 01:36 | たわごと | Trackback | Comments(0)