2月23日の熊本市動植物園の動物たちと獣医さんのお話

懸賞 2019年 03月 23日 懸賞

2月23日、熊本市動植物園の続きです。
円山動物園生まれのエランド、サンタです。
b0014576_17113029.jpg

プッチョ(父)かと思ったよ。
貫禄ついたねぇ。
b0014576_17113663.jpg

エゾヒグマのヒメさんです。
b0014576_16575802.jpg
くまのあたりは檻がきつくてなかなか撮れません。
マレーグマも撮れませんでした。

アムールトラのチャチャ。
b0014576_16580588.jpg

ユキヒョウのスピカ。
b0014576_16580948.jpg

グラントシマウマのカイセイくん。りっぱなおいど。
b0014576_16581373.jpg

カバのモモコ(メス)とそら(メス)。
母子ではないようですが、ぴったりと寄り添って寝ていました。なかよしね。
b0014576_16581767.jpg

アフリカゾウのマリーさん(左)とエリさん(右)。
b0014576_16582595.jpg

以前はなかった?お店で昼食を買ってステージ前のベンチで食べました。
子供たちが鳩を追いかけまわして踏む(踏めてないけれども)遊びに興じていて、残酷だと思いました。
必死で逃げる鳩がわたくしギリギリをかすめて飛んでいきました。
b0014576_16583507.jpg

そのあと、動物資料館で催された獣医さんのお話を拝聴しに行きました。
熊本地震の時、たまたま動植物園内にいて仔山羊にミルクを与えていたそうです。
動植物園の中は液状化でたいへんだったとか。
ユキヒョウの檻がユキヒョウが脱走できるくらいの隙間ができていたそうです。
幸い、ユキヒョウは寝室にいる時間だったので、大事に至りませんでした。
ユキヒョウ舎を再建するにあたって、もっといい獣舎にしたかったのですが、
国の補助を受けたので、前と同じにしなければならなかったそうです。
国の補助だとしても、そういうところはもっと自由にさせてもらいたいですね。

地震の後始末で忙しいのに、例の「ライオン脱走デマ」のおかげでもっと忙しくなってしまったとか。
そういうデマは本当にやめてほしいですね。

水道が使えなくなったので、園内の湧水を汲みに行ったそうです。
何往復もしなければならなかったそうです。大変ですね。

いろいろ工事をしなくてはならなくても、業者が忙しくて遅々として進まず、
いろいろなことを職員さんがやってきたそうです。
JAZAと他の動物園のヘルプが迅速で、とてもありがたかったそうです。

お話が終わったあと、マルルのもとに戻ります。
つづく。

# by hamhaha | 2019-03-23 00:01 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(0)

2月23日の熊本市動植物園のマルル①

懸賞 2019年 03月 22日 懸賞

b0014576_16335632.jpg

2月23日、続きです。
市電に乗り、熊本市動植物園に向かいました。
昨年12月に全面開園したので、正門から入れます。
正門からはホッキョクグマ舎が近いです。
マルルに会いに行きます。
マルル、元気だった? 11か月ぶりだね。(細かい)
b0014576_16340392.jpg

b0014576_16341425.jpg

b0014576_16341971.jpg

窓から外をのぞきます。
b0014576_16342339.jpg

いいものが見えたかしら?
b0014576_16342756.jpg

おっちゃんこ。(おすわりのこと)
b0014576_16343443.jpg

b0014576_16344284.jpg

レディだから、おしゃれしなくちゃ。
b0014576_16344669.jpg

どう?かわいい?
可愛いに決まっているでしょう!
b0014576_16350823.jpg

窓下の穴に鼻を突っ込むマルル。
b0014576_16400058.jpg

子供が手を振ります。
b0014576_16400831.jpg

あっちに行きたいなぁ。
b0014576_16401507.jpg

いや、さすがにその穴には入れないよ、マルル。
b0014576_16402173.jpg

60~70代くらいの男性がやって来て、奇声をあげ、柵をたたき、騒ぎながら通路を何往復もしました。
あまりに狂気じみた行動に、わたくしは恐怖を覚えました。
その男性は騒いだ後、マルルをのぞき込み「まだだな」とか「もう少しだな」とかつぶやきながら
まだ奇声をあげ、柵をたたき、走り回りました。
マルルは不安そうに見上げていました。
わたくしはその走り回るルートを、柵をたたかれないように邪魔して立つのが精いっぱいでした。
何度も繰り返したので、マルルはとうとうプールに飛び込みました。
b0014576_16402853.jpg

b0014576_16403290.jpg

するとその男性は勝ち誇った顔でそこにいた人々を見回しました。
「どうだ。あの熊を操ってプールに飛び込ませたのは自分だ」と言わんばかりでした。
その男性は今までも何度もそういうことをしていたように感じました。
わたくしは悲しくなって「マルル、札幌に帰ろう」と言いました。
誰も賞賛しないからか、その男性は去っていきました。

なんてひどいことをする人がいるのだろうと思いました。
その男性が帰ってこないようなので、わたくしは一端他の動物のところに行きました。

つづく。

# by hamhaha | 2019-03-22 00:01 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(2)

松山から九州へ

懸賞 2019年 03月 21日 懸賞

2月22日の続きです。
遅い昼食はとべ動物園のレストランで食べました。
ここのメニューは充実していますね。
メニューに「鯛めし」があったので頼みたかったのですが、その日はやっていないとのこと。
残念。
ミニからあげ丼とじゃこ天にしました。
美味しゅうございました。
b0014576_00092392.jpg

ゾウ一家を眺めながら食べることができて、いい場所です。

わたくしは消え物以外はなるべく買わないというゆるすぎる断捨離をしていますが、
マフラーを持ってこなかったので、とべ動物園でタオルマフラーを購入。
b0014576_00092812.jpg

しっぽつき。
今治タオルです。
b0014576_00093169.jpg

バスで松山市駅まで戻りました。
松山と言えば坊ちゃんだんごと
b0014576_00093462.jpg

タルト。
b0014576_00094350.jpg

b0014576_00095410.jpg

忘れずに購入しました。
さて、移動です。

この旅は移動距離が長いので、「寝ながら移動」を取り入れることにしました。
「寝ながら移動」で思いつくのは「深夜バス」と「寝台列車」ですね。
「寝台列車」はわたくしの旅のコースにはありませんでした。
「深夜バス」は横になることができないのでちょっと考えてしまいます。
ということで、フェリーで「寝ながら移動」をすることにしました。

愛媛の松山観光港から九州小倉港までのフェリーです。
夜21:55に松山観光港を出て、小倉港に翌朝5:00に着きます。
個室がいいなあと思いましたが、
個室にするには特等A室のシングルユースで2万円以上になるのであきらめました。
女性専用1等室6人部屋にしました。

フェリーには大浴場もありますが、すぐに寝たかったのでフェリー前にはお風呂を済ませました。
そのために、今回の旅には旅行用バスタオルとフェイスタオルを徳島のホテルに送って用意していました。
これらはフェリー前の銭湯で使いました。

ベッドは上段でしたが、セキュリティ的には上段のベッドのほうがいいですね。
コンセントがないといううわさでしたが、ちゃんと個別のコンセントがありました。
よかった、よかった。
旅に出るとスマホの充電がぐんぐんなくなるので、どうしても充電しなくてはなりません。
スマホとリチウムイオンバッテリーを充電しました。

浴衣とフェイスタオルと歯磨きセットもついていました。
ベッドの寝心地はよかったです。足が充分伸ばせるし、快適。
寝て起きたら小倉港です。
5:00九州上陸。
この旅で日本列島(北海道・本州・四国・九州)すべて(の一部)に行きましたよ。

降りる方々には金剛杖をお持ちの方も多かったですね。
お遍路さんに行ったのですね。
うらやましいわ。

小倉港からは徒歩15分でJR小倉駅だそうですが、
わたくしは5:30小倉港発の西鉄バスの高速バス「なかたに号」に乗って福岡・天神バスターミナルに向かいます。
天神バスターミナルに着くと、天神の地下街をてれてれ歩いて地下鉄天神駅に。
空港線に乗って博多にむかいます。
博多からは新幹線で熊本へ。
新幹線の中で朝食。んまい。
b0014576_00155020.jpg

b0014576_00155405.jpg

熊本駅で荷物をコインロッカーに預け、大好きな長寿庵のいきなり団子を購入してから
b0014576_00155806.jpg

路面電車で熊本市動植物園に向かいました。

つづく。

# by hamhaha | 2019-03-21 00:01 | たわごと | Trackback | Comments(2)

2月22日のとべ動物園のいろいろな動物たち

懸賞 2019年 03月 20日 懸賞

b0014576_22372177.jpg

2月22日、とべ動物園の続きです。

ジャガーの卯月佐助。
天王寺動物園以来だねぇ。
b0014576_22373991.jpg

卯月佐助は隣のピューマ母子が気になるようです。
卯月佐助にはしっぽがありません。
ルース母さんの母の愛によるけがでしっぽを失いました。
動物園在住だから、しっぽがなくても大丈夫。
b0014576_22371194.jpg

そういえば、円山動物園のオナシオオカミも母の愛の結果でしたね。
「オナシじゃない。ちょっとはある!」byルーク。
b0014576_23521563.jpg


ピューマのラフさん。
b0014576_22403903.jpg

息子のタフくん。
父はとくしま動物園から移動してきたビュータです。
b0014576_22404686.jpg

マレーガビアル(ガビアルモドキ)、大きいわ~、迫力ですね。
b0014576_22415625.jpg

アメリカバク。
b0014576_22420149.jpg

マレーバク。
b0014576_22493267.jpg

アフリカのサバンナっぽいわ。
b0014576_22485097.jpg

アフリカハゲコウ。
最近、なぜか気になって仕方がないのがアフリカハゲコウ。
b0014576_22485424.jpg

ジャガーではなく、ヒョウ。
b0014576_22485955.jpg

トラさんたち。
b0014576_22490324.jpg

クロザル。
b0014576_22490888.jpg
わたくしがクロザル挨拶をすると、
「なに、この人間、キモッ」と言う顔をして戸惑っていました。
ごめん、クロザル挨拶をしたら喜んでくれると思ったのよ。

ブラッザグェノン。
どこの動物園のブラッザグェノンもうまく撮れないのだけれども、
比較的うまく撮れた方。
b0014576_22491656.jpg

パプアヒクイドリ、珍しい鳥だそうです。
b0014576_22492368.jpg

ホンドタヌキ。
わたくしが慣れ親しんでいるのはエゾタヌキなので
道外の動物園ではホンドタヌキとかホンドキツネとかがレアで楽しいです。
b0014576_22495439.jpg
つづく。

# by hamhaha | 2019-03-20 00:01 | 動物園 | Trackback | Comments(0)

2月22日のとべ動物園のハヤトとピース

懸賞 2019年 03月 19日 懸賞

b0014576_11375541.jpg

2月22日のとべ動物園のつづきです。
円山動物園に生まれ育ったボルネオオランウータンのハヤトが、とべ動物園に移動しました。
ひとりだちです。
ハヤトに会いに行きました。
ハヤトは室内にいました。
ずっとキーパー扉に張り付いてこちらに背を向けていました。
突然、室内をブンブン飛び回りました。
早すぎて写真が撮れません。
b0014576_11373967.jpg

b0014576_11374513.jpg

b0014576_11375080.jpg

顔つきが変わったような気がします。
両親から離れて、気持ちも大人になったのかしら。
b0014576_11380792.jpg

室内は円山よりも狭いけれども、とべ動物園は札幌よりかなり暖かいので外放飼場メインだと思います。
室内は寝室扱いかな?

飼育員さんに構ってもらっていました。
b0014576_11381313.jpg

そのあと、キーパー扉ごしに隣を見つめていました。
高いところから見下ろしています。
b0014576_11380313.jpg

おとなりはスマトラオランウータンのディディさん。
b0014576_11382299.jpg

ディディさんも気になるのか、見ていました。
同性同士だから気になりますね。
b0014576_11382748.jpg

ディディさんのように立派なフランジがあるオランがそばにいると
ハヤトにフランジができるのは難しいかも。
でも、アンフランジでもモテる奴はモテるのよ。
ハヤト、可愛いお嫁さんをもらって可愛い孫を見せてね。

ホッキョクグマです。
ピースの母、バリーバ。
日本最高齢のホッキョクグマは34歳の八木山のナナさんです。
その次はみゆき・バリーバ・サスカッチの28歳トリオです。
高齢と思えないほどバリーバは元気に常同していました。
足取りはしっかりしています。
b0014576_11463490.jpg

バリーバの娘のピースです。
おやつをもらっていました。
b0014576_11464086.jpg

ピースは独特の雰囲気があります。
b0014576_11464497.jpg

天使ですね。
b0014576_11464896.jpg

天使の母。矍鑠としています。
b0014576_11465180.jpg

天使のまどろみ。
b0014576_11465563.jpg

かわいい肉球。
b0014576_11470061.jpg

ピースのところに張ってあった日本のホッキョクグマ図。
チャッピーとクルミの死が左隅に追加してありました。
b0014576_11462523.jpg

つづく。

# by hamhaha | 2019-03-19 00:01 | 動物園 | Trackback | Comments(0)