待ち遠しいホッキョクグマベビー

懸賞 2010年 12月 17日 懸賞

それほど動物に興味ない人にも「円山動物園のトラ、移動だって?」と言われるわたくし。
なぜそんなことを言われるのかしら。
会社のパソコンの壁紙が円山動物園のエゾモモンガのタロウだったからかしら。
(今の壁紙はビリカ)

先日円山動物園からララ通信のメールが来ましたが
飼育員さんは産室お籠りのララのおかげで大変悩ましい状態らしいです。
ララは落ち着いているのですが。
飼育員さん、体調を崩さないでくださいね。
b0014576_0565885.jpg


もうかなり経ってしまった情報ですが
12月5日に、姫路市立動物園のホッキョクグマ・ユキが
放飼場でお客さんの前で双子を産んだそうです。
ユキは初めての出産で、2日後に双子は天国に行ってしまいました。
ホッキョクグマはふつう産室にこもって子供を産むので、
放飼場で産むのはかなり特殊な例です。

旭山動物園の元園長・小菅さんの本によると
日本で初めてホッキョクグマの繁殖を成功させたシロウとユキのカップルの最初の子も
放飼場で生まれたそうです。
しかも、ユキはオスのシロウと同居していたそうです。
ホッキョクグマのオスは、生まれた子がわが子という認識がありません。
餌としてみます。
ユキはシロウにわが子を渡すまいと、子供を食べてしまったそうです。
ホッキョクグマのメスは子育てできない状態のとき、しばしば子供を食べてしまいます。

そのユキも、その後、子だくさん母さんとして子供たちを立派に育て上げました。

名前と最初の子供を産んだ状況が同じなので
姫路市立動物園のユキもきっと子だくさん母さんになるのではないでしょうか。
そうあってほしいと思います。

今年はビリカの兄弟やいとこが生まれてくれるはず。
待ち遠しいね。
果報は寝て待て。
b0014576_0573092.jpg

[PR]

by hamhaha | 2010-12-17 00:59 | 動物 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://hamhaha.exblog.jp/tb/14597057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぷくたま at 2010-12-20 23:46 x
子どもを食べちゃうなんて、ハムちゃんと一緒ですね(^^;
一緒にすんなって・・・!?

1番下の寝っぷりが見事(笑)
後ろ足がいいわぁ。
Commented by hamhaha at 2010-12-21 06:19
ぷくたまさん、おはようさんです。
ハムちゃんも食べますね。
子供を食べてしまう動物はいろいろいますね。
動物の子育てが大変なんだとわかります。

ビリカの寝姿、見事でしょ。
肉球がたまりません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ミニコーンとの戦い   マロン ミーツ ストロベリー >>