じいさま突入のハムスター

懸賞 2011年 09月 16日 懸賞

秋風が吹いて朝晩冷え込むようになりました。
マロンくんが苦手な夏を乗り越えたね。
よかったよかった。
「今日は暑さがぶり返したぞ~」
b0014576_21372893.jpg
室温の最高温度は25度だったでしょ。暑くはないわよ。ちょっと湿気が多かったけれども。

マロンくん、来週1歳6か月。
うちで一番短命だったのがナーザの1歳5か月だったから、
最下位は免れたわけだ。
ゴールデンハムスターは1歳半でオスメスともにだいだい繁殖させないようになります。
「え?そうなの?」
b0014576_21394312.jpg

元気ななじいさまとしてこれからも元気に過ごしてください。
「じいさまは余計だ。僕はまだまだ若い」
b0014576_2139285.jpg
はいはい。
[PR]

by hamhaha | 2011-09-16 21:43 | マロン | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://hamhaha.exblog.jp/tb/16295641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2011-09-17 05:40 x
暑かった夏もやっと去り、若い若いと思っていたマロンくんも1歳半ですか~。
でもじいさまにはまだ早いよね。毛並みもツヤツヤだし。
万年青年で、長生きしてね。
Commented by hamhaha at 2011-09-17 06:42
ろきさん、おはようさんです。
なんとか夏を乗り切りました。
若いと思っていたマロンくんも、もうリタイヤの歳です。
あとは老後を矍鑠と生きてほしいですね。
あ、赤いちゃんちゃんこ、いる?
「いらん!」byマロンくん。
Commented by ぷくたま at 2011-09-18 00:55 x
マロンくんがシニア・・・?
や、そんな感じは全然しませんよ~(^^)
これからも元気に過ごしていただかなくては。

まえにお話した六の宮の姫君を知ったマンガは、
山岸涼子の「朱雀門」です。
六の宮の姫君のストーリーを軸にして、
主人公が自分の生き方を見つめて語るというカンジの漫画でした。
Commented by hamhaha at 2011-09-18 06:22
ぷくたまさん、おはようさんです。
若さピチピチのマロンくんが
いつの間にか童顔のオヤジに。
(ハムスターはみなん童顔)
ハムスターはオヤジになってからがいい味出しますからね、
マロンくんも伝説に残るハムオヤジになってほしいわ~。

おお、山岸涼子でしたか。
わざわざ教えていただいて、ありがとうございます。
山岸涼子なら、きっとシビアな内容に違いないわ。
今度読んでみますね。
Commented by からこ at 2011-09-18 18:51 x
あら、キュートなマロン君もシニア世代になっちゃいましたか
平蔵も来年はシニア世代に突入ですよ
♂ハムはシニアになってからがまたかわいいんですよねー(*´ω`*)
ゆるゆるまったり長生きしようね♪
Commented by hamhaha at 2011-09-18 20:17
からこさん、こんばんは。
マロンくんのハム生はこれからが楽しいのよね~。
可愛い顔しておじさん臭いというギャップがたまりません。
ゆるく長生きしてもらいたいものです。

平蔵さんもシニア世代?
平蔵さんは引き締まったお尻してるから、長生きよね~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 雨の円山動物園   ご機嫌斜めの弟路郎とゆかいな面々 >>