アイちゃん リーベ 僕のララ

懸賞 2018年 02月 03日 懸賞

b0014576_21552694.jpg

寄る年波には勝てず、昨日は病院のはしごでした。
たぶん、大したことはないと思うけれども。

病院の予約の合間に少しだけ円山動物園に行きました。
持って行ったのは小さなコンデジ。
動物園のガラス面では使えないわ、このカメラ。

平日の昼間だから、人が少なかったですね。
トップはレッサーパンダのホクト坊ちゃん。

アムールトラのアイちゃん、奥の寝室にいました。
b0014576_21554038.jpg

寝室に藁が敷いてあって、壁側を暖房で温めているので
そこにずっといるそうです。
最近は少しずつ食べていて、吐き戻しもないとのこと。
アイちゃんは底力のある、野生的美女ですね。
アイちゃん、大好きだよ。

ユキヒョウのシジム。
b0014576_21554379.jpg

リーベ。
ブリーディングローンで浜松市動物園に移動する予定です。
b0014576_21554597.jpg
リーベはずっと円山動物園にいるものだと思っていました。
3頭の子供たちを立派に育て上げたのだから、このまま住み慣れた円山で最期を迎えさせてあげたかったです。
新血統の相手ならまだ納得いくところもありますが
シンギス系なら、アクバルでいいじゃないと思いますよ。

浜松市動物園は2日ほど緊急工事をしたそうですが、
ユキヒョウ舎を工事してくれたのでしょうか。
もしユキヒョウ舎工事であったとしても、2日ではそれほど変わりませんね。
暑さ対策はしてください、お願いします。

マレークグマのウメキチ。
b0014576_21553115.jpg

世界のクマ館ではキャンディが寝室で休んでいたので、デナリだけに会えました。
隣にできた新ホッキョグマ施設に、現在ララとリラがいます。
デナリは新施設を気にしていましたので、ララがいると分かっているのかもしれません。
デナリは本当にララが好きだものね。
b0014576_21553656.jpg

円山動物園が「ホッキョクグマの今とこれから ~私たちにできること~」というシンポジウムを開くそうです。
演者は
マニトバ大学 環境科学 教授
アシニボイン動物園 園長
マニトバ州政府 生物多様性保全担当
の方々。

円山動物園はホッキョクグマ導入の対象をカナダにシフトチェンジしたのかしら。
ララの息子たちはパートナーが決まったけれども
娘たちのパートナーはなかなか大変な状況ですものね。
野生児を4頭ほど婿にもらってください。

[PR]

by hamhaha | 2018-02-03 00:01 | 円山動物園 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://hamhaha.exblog.jp/tb/28064265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2018-02-05 07:08 x
病院へ行くのは嫌ですね。何でもないといいですね。
アイちゃんがんばっているんだ、偉いわ。
リーベ、本州の暑さは大丈夫かな~。人事(?)異動はなるべく動物たちの負担が少ないように決めてほしいですよね。
Commented by hamhaha at 2018-02-05 20:54
ろきさん、こんばんは~。
命に係わるほどではないけれども
地味に不調というのが一番困りますね。
たぶんたいしたことないですけれども。

アイちゃんの横顔を見ることができました。
アイちゃんの生命力は力強いです。
リーベ、年も年だから環境が変わると心配です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シロノワールふたたび   タケちゃん >>