6月11日のホッキョクグマのピリカその②

懸賞 2018年 06月 15日 懸賞

b0014576_10494225.jpg
トップは若々しいサツキです。

以前、わたくしは自らを「道内4園の年パスを持つ女」と称していましたが、
その動物園に行く時期によって年パスが切れていたりして、最近まで4園そろっていなかったのですが、
今回旭山動物園の年パスを手に入れて、久しぶりに4園そろいました。
だからなに?ってことですが、自己満足です!(えっへん)

6月11日のピリカ、続きです。
膠着状態でしたので、食事に行って、カラスと格闘したのち、ホッキョクグマ館に帰ってきました。
まだこの状態です。
b0014576_10515689.jpg

プール側でサツキの「もぐもぐタイム」が始まりました。
b0014576_10522638.jpg

それどころではないピリカは現実逃避。
見えないからイワンはいないの。
b0014576_11020692.jpg

って、目を開けたらいるし。
b0014576_11023263.jpg

サツキはマイペース。
小柄だけれども、強い自我を持ったサツキ、うらやましいです。
b0014576_11023916.jpg

溶けていくピリカおもち。
b0014576_11051055.jpg

イワンがプールで遊び始めたので、ちょっと動くことができたピリカ。
b0014576_11051678.jpg

口をとがらせるポーズは、口の内側に匂いを感じる器官があるので、
それも駆使して全力で匂いを嗅いでいるのです。
b0014576_11052006.jpg

イワンが近づいたので、緊張するピリカ。
b0014576_11092092.jpg

それでも、間合いを詰めるイワン。
b0014576_11092691.jpg

「来ないで~!」と拒否するピリカ。
b0014576_11093076.jpg

仕方がないので、イワンはひきますが、全身をこわばらせて頑張るピリカ。
b0014576_11093426.jpg

この状態で待ち続けるイワン。緊縛した場面が続きます。
b0014576_11093830.jpg

もう、本当にいや。
b0014576_11094309.jpg

耳が緊張していますね。
b0014576_11095053.jpg

緊張をしずめるためのあくび。
b0014576_11095926.jpg

ずっとこの状態。
b0014576_11100449.jpg
あまりの寒さに、わたくしはここで離脱。
16時くらいでした。

さて、ここから素人意見を爆発させますよ~。

野生のホッキョクグマの繁殖行動があるシーズンは冬から春にかけてです。
夏はおなかが空いてそれどころじゃないですよね。
動物園でも、野生に倣って、ペアリングは冬から春にかけてです。
6月11日にペアリングを試みるというのはギリギリアウトではないですかね。

もちろん、動物園のホッキョグマはおなかをすかせていませんから、余裕があります。
実際、釧路市動物園の故タロと故コロの夫婦は夏でも繁殖行動がありました。
くまは着床遅延があり、受精卵が着床するのは秋ごろのようで、
春のペアリングでも夏のペアリングでもおなじように生まれてきます。
クルミもそれで生まれてきたのですよね。

でもね、夏のペアリングというのは特殊な例です。
タロとコロは相性がいいから成り立ったので、
現在、釧路市動物園でも、もう繁殖シーズンは終わらせています。

ピリカを見ても、ストレスになっているのは明白で、可哀想です。

旭山動物園はイワンに拘泥するのはやめたほうがいいですよ。
サツキはもう26歳なので、出産は無理だと思いますが、
(サツキ自身、産む気がないように見えます)ルルはまだ出産可能だと思います。
ルルを円山に移動してデナリとのペアを考えたらどうでしょう。
もしくは繁殖能力が証明されているくまを借りてきて、
ルルとピリカとで繁殖を試みるといいと思いますよ。
借りてくるのはゴーゴかホクトですね。
そうしないと、旭山動物園所有のホッキョクグマがいなくなります。
今、ホッキョクグマは高価だし、しかも、お金を払ってもなかなか手に入りません。

素人考えですから、素人は黙っていろ、でおしまいでしょうがね。

[PR]

by hamhaha | 2018-06-15 00:01 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hamhaha.exblog.jp/tb/28366446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 帯広へバス旅   6月11日のホッキョクグマのピ... >>