探検!世界の動物園の舞台裏「アメリカ・ヘンリードーリー動物園」

懸賞 2019年 01月 02日 懸賞

昨日1月1日はお雑煮を食べました。
今日は北京風水餃子を食べました。
水餃子は中国北方のお正月料理です。
餡はひき肉と長ネギのみ。キャベツや白菜などの水分の多い野菜は使いません。
味付けは醤油・塩で、にんにくは使いません。
皮は作った方がいいのですが、難しいので、買ってきました。
いまは「水餃子の皮」と言うのが売っていて便利ですね。
いちおう餃子の皮を伸ばす用の短い綿棒は持っています。

自分で作らないと、なかなか食べられないのよね、北京風水餃子。
美味しゅうございました。

b0014576_20170290.jpg

1月1日放映のNHKの番組
探検!世界の動物園の舞台裏「アメリカ・ヘンリードーリー動物園」
を見ました。
アメリカ・ネブラスカ州オマハのヘンリードーリー動物園
広さは52ヘクタール、東京ドーム11個分です。
東京ドームといわれてもピンときません。行ったことないし。
円山動物園の2倍ちょっとですね。
釧路市動物園より少し大きいくらい。
津軽海峡と同じくらいの北緯だそうです。
そのくらいなら、道民は寒くても楽勝よね。

巨大なドームが目印です。
ドームはガラス張りで、中は砂漠を再現していて、砂漠の生き物がいます。
寒い地域なので、冬の砂漠ドームは市民の憩いの場所となっているそうです。

暖かい地域の動物に力を入れているのか、
砂漠・マダガスカル・ジャングルなどのゾーンが充実しています。

ジャングルではエサの時間にオオコウモリがお客さんをかすめて飛び回るのがびっくりですね。

アフリカエリアではサバンナシマウマがひっくり返って砂浴びしていました。
サバンナシマウマ・・・あれはたぶんグラントシマウマですね。

スカイファリという、スキーのリフトのようなものがアフリカエリアの上を通っていて
上から動物たちを見ることができます。
うーん、カメラとか落としそう。

ニシゴリラの放飼場に突き出したドーム、いいですね。
浜松市動物園のホッキョクグマのところにあるようなドームです。
あそこからゴリラを見てみたいわ。

体調を見るための行動トレーニングや環境エンリッチメントなどは
日本の動物園でもやっているわよねぇと思っていたら
ウミガメやエイのトレーニングもしていましたよ。
ウミガメ! エイ! トレーニングできるんだ~。
そう言えば、鯉も餌をねだるしね、意外と物覚えがいいかも。

プレ幼稚園から高校生までに授業を行うプログラムもあるそうですよ。
いいですね、生き物を大切にする子供が育ちそう。

絶滅危惧種の遺伝子バンクもあるそう。
69種219頭からの生殖細胞サンプルを保管しているそうですよ。
よこはま動物園ズーラシアにもそういう施設がありますよね。
種の保存にも力を入れているのですね。

今年オープン予定のアジアの高原エリア
アムールトラ、ユキヒョウ、ナマケグマ、ターキンなどを予定しているとか。
アムールトラ、見たいわねぇ。

面白い番組でした。

画像は円山動物園のアムールトラの美女・アイちゃんです。

by hamhaha | 2019-01-02 14:01 | 動物園 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://hamhaha.exblog.jp/tb/29061699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろき at 2019-01-05 06:48 x
水餃子、美味しそう。
わたしは2日にロシア風、蕎麦の実がゆ(カーシャ)を食べました。地味すぎ。
寒いところに砂漠施設は維持費がかかりそうですが、動物や自然に親しめるのはいいですね。
釧路市動物園てそんなに大きいんだ、いつか行ってみたいです。
Commented by hamhaha at 2019-01-05 07:49
ろきさん、おはようさんです。
水餃子、味付けはシンプルですが、美味しいですよ~。

蕎麦の実がゆ、美味しそう。
簡単なら、レシピ教えて~。

ヘンリードーリー動物園は寒い地域ですから
砂漠施設は維持費がかかりそうですね。
人気の動物園らしいから、入園料収入があるのかしら。
近くにあれば、わたくしも行ってみたいけれども
アメリカはちょっと・・・・。

釧路市動物園の木道散策路はお勧めですよ。
空気がね、清々しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 1月6日の円山動物園のアジアゾ...   あけましておめでとうございます。 >>