2月24日の釧路市動物園 その②

懸賞 2018年 04月 20日 懸賞

2月24日の釧路市動物園、続きです。
アムールトラのあさま。
なんとなく大人っぽくなりましたね。
b0014576_22173850.jpg

アムールトラのチョコおくさま。
b0014576_22175909.jpg
チョコはね、こちらに気づくとロックオンして近づいてくるトラなんですよ。
「ひえ~、食べられる~」と思っていましたが、
最近、人懐こいだけかもしれないと思い始めました。
眼光は鋭いけれども。

天使なココア。
b0014576_22180312.jpg

チンパンジーのテツ(のはず)。
b0014576_22181555.jpg

ゆうこ(のはず)。
b0014576_22181125.jpg

ゆずるの母リリー。
b0014576_22254055.jpg

やんちゃなゆずる、トリプルアクセル。(違うぞ~)
b0014576_22254792.jpg

大きくなったね~。
b0014576_22255220.jpg

ボルネオオランウータンのりなちゃん。
兄の弟路郎はイケメンだし、姉のひなちゃんも美少女。
りなちゃんも美少女ねぇ。
b0014576_22261533.jpg

弟路郎、ひなちゃん、りなちゃんの母ロリーさん。
多摩出身のロリーさん、多摩に行ってみて気づいたけれども、ロリーさんは多摩顏ね~。
b0014576_22262398.jpg

続く。

[PR]

# by hamhaha | 2018-04-20 00:01 | 釧路市動物園 | Trackback | Comments(0)

2月24日の釧路市動物園 その①

懸賞 2018年 04月 19日 懸賞

b0014576_21272505.jpg

激しく遅ればせながら、2月24日です。
釧路駅前のホテルをチェックアウトしてバスに乗りました。
目的地は釧路市動物園です。

ホッキョクグマの写真はまだ整理がついていないので、まず、コキンちゃんを。
円山動物園に生まれたレッサーパンダのキンが釧路市動物園で産んだ女の子のコキンちゃん。
キンは天国に行ってしまったので、飼育員さんに育てられました。
b0014576_21271033.jpg

かわいいねぇ。
b0014576_21272904.jpg

おとなしいですね。
b0014576_21273441.jpg

わたくしが知る限り、このくらい仔パンダはやんちゃで母や姉妹と一緒に暴れまわっているのですが
コキンちゃんは父シンゲンとも赤の他パンダのコーアイおばさんとも別居なので遊び相手がいません。
いとこの円実を投入したらいいかもしれませんが
円実はたぶん千葉の所有(かな?)、難しいですね。

飼育員さんの子育ては一段落です。
b0014576_21271946.jpg

b0014576_21274079.jpg

シンゲン、昼寝。
b0014576_21275168.jpg

コーアイも昼寝。
b0014576_21275780.jpg

コキンちゃんもお昼寝。
b0014576_21274658.jpg
コキンちゃん、キンの分まで長生きしてね。

トナカイたち。
この時期に角があるのはメス。
食所をしていると間違って角が絡んでしまっていました。
b0014576_21591498.jpg

オスはこっち。
b0014576_21592043.jpg

可愛い可愛いクロテンのテンちゃん。
実は結構凶暴とか。
でも、可愛いからいいか~。
b0014576_21593716.jpg

エゾヒグマのキチノスケ。
b0014576_21594182.jpg
ガラス面から微妙にずれているので、ガラス面からは見づらい位置です。
ヤマトならエゾヒグマ用に売っているくまペレットを欲しがって顔を出すのですが
この日はヤマトは治療のため出ていませんでした。
そしてヤマトは3月に天国に行ってしまいました。
キチノスケは広い放飼場に一頭になってしまいました。
寂しいね。

若いキリンのカップルはいつみても初々しいわ。
b0014576_21594592.jpg

木道散策路、通行止め。
夏になったら通れるかしら。
b0014576_22000063.jpg
続く。

[PR]

# by hamhaha | 2018-04-19 22:16 | 釧路市動物園 | Trackback | Comments(0)

またもご無沙汰いたしています

懸賞 2018年 04月 16日 懸賞

b0014576_21092321.jpg

ご無沙汰しています。
気が付いたらもう4月も半ば。
きっと宇宙人にさらわれて記憶を失っていたのかも。
(苦しすぎるいいわけ)

2月はあのあともちろん釧路市動物園に行きましたし
3月は恩賜上野動物園とよこはま動物園ズーラシアに行きました。
ブリューゲル展にもいきました。
4月は別府と熊本に行きました。
(全然宇宙人にさらわれていないじゃないか~)

順次アップしていきたいと思います。

古い話題になりましたが、わたくしは自分の口癖が
「そだね~」だという事に気づきました。
カーリングの日本代表の会話に出てきた北海道弁です。
「北海道のひと、そだね~なんて言わないよね」と言っている人もいましたが
その人も「そだね~」を使っていました。
あまりに自然に使っているので、皆、「そだね~」を使っている自覚がないようです。
意識すると使いづらくなってしまった「そだね~」です。

画像は2年半ぶりに会えた熊本市動植物園のホッキョクグマのマルルです。

[PR]

# by hamhaha | 2018-04-16 21:12 | たわごと | Trackback | Comments(2)

標茶グルメとSL冬の湿原号

懸賞 2018年 02月 26日 懸賞

b0014576_23091325.jpg

b0014576_23094346.jpg

b0014576_23101347.jpg
2月23日の旅の続きです。
JR北海道は釧路・標茶間にSL冬の湿原号を一往復走らせています。
標茶から釧路への復路の予約をしていました。

復路の発車時間は14時なので、標茶でお食事をします。
湯めぐり&グルメ号という標茶駅前発巡回車が標茶の美味しいお店に無料送迎してくれますので
教えてもらったお蕎麦屋さんに送ってもらいました。
摩周産そばの「道産百合根のかき揚げせいろ」です。
辛味大根蕎麦や厚岸産かき蕎麦も捨てがたいけれども
お腹は一つしかないから、全部はむりだし。
美味しゅうございました。
わさびもおいしい。
b0014576_23400907.jpg

自家製そば茶アイスです。
b0014576_23404303.jpg

無料巡回車で標茶駅に戻ります。

上から見るとこんな感じ。
b0014576_23403992.jpg

わたくし、高校時代にSLのD51に乗って通っていたことがありますよ。
その当時でも「いまどきSL?」と思っていましたが、今となってはいい思い出です。

中に入るとだるまストーブ。
b0014576_23502860.jpg
b0014576_23503327.jpg
わたくしが乗っていたD51にはだるまストーブはなかったですよ、さすがに。
売店でするめを買ってきたお客さんたちがだるまストーブで炙る炙る。
車内にいいにおいが漂います。

煙が多いですね~。
b0014576_23503764.jpg

景色がいいです。
b0014576_23510555.jpg

煙で何も見えない~。
D51の時はこんなに煙出てたかしら。
b0014576_23511168.jpg

途中、弟子屈の大鵬というおせんべいをプレゼントしていただきました。
わたくしは釧路でよく買います。

売店でアイスを買ってきて食べました。
b0014576_23505113.jpg

アイスを食べながら外を見ると、
見返りエゾシカの集団が「さあ撮りなさい」と言わんばかりにポーズをとっていましたが
アイスを食べているので撮れません。

木の上に大型の猛禽類(オジロワシかオオワシ)が2羽止まっていましたが、
アイスを食べていたので撮れません。

広範囲にヤチボウズ(ヤチボウズとは何かはネットで調べてね)がたくさんあったところがありましたが
アイスを食べていたので撮れません。

わたくしがアイスを食べているときにどうしていい場面がたくさんあるのか。

何とか一個撮ったヤチボウズ。
b0014576_23511583.jpg

SL冬の湿原号は力強く釧路に到達いたしました。
久しぶりのSLは楽しかったです。

SL冬の湿原号にも中国から来たと思われる外国人観光客がたくさんいました。
彼らは日本では見ないような巨大なスーツケースを持ち歩いています。
この日わたくしが行った駅、
網走駅にも知床斜里駅にも標茶駅にもエレベーターやエスカレーターがなかったような気がします。
彼らはあの大きなスーツケースを持って階段を上り下りしたのね。
大変ね。パワフルね。
釧路駅にはエスカレーターがありました。

釧路泊。


[PR]

# by hamhaha | 2018-02-26 00:37 | たわごと | Trackback | Comments(2)

流氷物語1号

懸賞 2018年 02月 25日 懸賞

b0014576_14265194.jpg

2月23日朝、JR札幌駅から6時02分発・新千歳空港行き普通列車に乗り込みました。
旅の始まりです。
今年一年の旅のテーマはふたつ。
「ララの子供たちに年一回は会いに行こう」は通常営業ですが
「北海道を知ろう」がもうひとつの今年のテーマです。

以前、徳島に行ったとき、「流氷を見たことがない」と言ったら
徳島の人に大変驚かれました。
「北海道なのに?」
北海道民、寒いときにわざわざ寒いところに行かないよ~、ねえ。
帰札後、その話をして、「行かないよねぇ」と同意を求めたら、
「オレ、去年、行った」と得意げに言われてしまいました。
う~ん。
でも、その方はわたくしより年上なのに去年。(もうおととし)
と言うことは、今わたくしがまだ見てなくてもセーフ。(何基準?)
北海道は広いのよ、でっかいどうほっかいどうなのよ。
とはいえ、わたくしは北海道を知らなすぎ。
という事で、流氷を見に行きました。

7時35発のJALで女満別空港へ。飛んだらすぐ降りた感じで早かったわ。
バスでJR網走駅へ向かいます。

9時頃網走駅に到着。
初オホーツク、初網走。
駅? 流氷砕氷船じゃなくて?と、お思いでしょうが
流氷クルーズでも、流氷ウォークでもありません。寒いもん。
JRの観光列車「流氷物語1号」で海岸線ぞいに流氷見学をします。

トップは網走駅にあった顔出し看板。
博物館網走監獄は有名ですが、今回は行けなかったわ。
流氷物語の出発時間は9時45分。すでに乗客がもう並んでいました。
全席自由席だからかしら。
お弁当を買ってからわたくしも並びました。

駅には「流氷に乗るのは危険です!
海に落ちたら助かりません!!
風向きが変われば流氷は沖に流されます!」とのポスターが貼ってありました。
流氷に乗る人がいるんですか・・・。
流氷ウォークはくれぐれも専門家の引率でお願いしますね。

海側の席をゲットして出発前にお弁当。
b0014576_14273652.jpg

うーん、うまい。
b0014576_14282533.jpg

出発前にたくさんの中国人らしき観光客が入ってきて、出発しました。
b0014576_14272180.jpg

ボランティアのお姉さんが日本語と英語で流氷の説明をしてくれました。
網走近くの流氷は2種類あって、
海岸線近くは海岸線の海が凍ったなだらかな氷、その奥には流れてきた山々になった流氷だそうです。
b0014576_20360218.jpg

b0014576_20363101.jpg

b0014576_20370196.jpg

斜里近くになると、海岸線の氷が流れてきた流氷に押しつぶされるので、海岸線近くでも凸凹になっている氷とか。
b0014576_20373106.jpg

流氷は6/7は海の中で、見える部分は1/7だけだそうです。
昔の流氷は分厚い氷でしたが、最近の流氷は昔より小さく、
南風が吹いたらすぐに沖に流されて海岸線にはなくなってしまうそうです。
地球温暖化のせいなのかしらね。
b0014576_14291477.jpg

b0014576_20353188.jpg

途中北浜駅で10分停車、ホームの展望台に上がることができますが、寒いからパス。
北浜駅で一気に人が少なくなりました。
10時40分、知床斜里駅に到着。
b0014576_21420295.jpg

b0014576_21420265.jpg

流氷見たよ~。
見たのよ、海岸線から。
地元の人は砕氷船には乗らないから。(たぶん)

知床斜里駅にも大荷物を引いたたくさんの外国人観光客がいました。
目的を果たしたわたくし、知床斜里駅から標茶駅に向かう列車に乗ります。
12時39分、標茶駅に到着。
次の観光列車が待っています。
続く。

[PR]

# by hamhaha | 2018-02-25 22:08 | たわごと | Trackback | Comments(0)