カテゴリ:旭山動物園( 46 )

懸賞 懸賞

6月11日のホッキョクグマのピリカその②

懸賞 2018年 06月 15日 懸賞

b0014576_10494225.jpg
トップは若々しいサツキです。

以前、わたくしは自らを「道内4園の年パスを持つ女」と称していましたが、
その動物園に行く時期によって年パスが切れていたりして、最近まで4園そろっていなかったのですが、
今回旭山動物園の年パスを手に入れて、久しぶりに4園そろいました。
だからなに?ってことですが、自己満足です!(えっへん)

6月11日のピリカ、続きです。
膠着状態でしたので、食事に行って、カラスと格闘したのち、ホッキョクグマ館に帰ってきました。
まだこの状態です。
b0014576_10515689.jpg

プール側でサツキの「もぐもぐタイム」が始まりました。
b0014576_10522638.jpg

それどころではないピリカは現実逃避。
見えないからイワンはいないの。
b0014576_11020692.jpg

って、目を開けたらいるし。
b0014576_11023263.jpg

サツキはマイペース。
小柄だけれども、強い自我を持ったサツキ、うらやましいです。
b0014576_11023916.jpg

溶けていくピリカおもち。
b0014576_11051055.jpg

イワンがプールで遊び始めたので、ちょっと動くことができたピリカ。
b0014576_11051678.jpg

口をとがらせるポーズは、口の内側に匂いを感じる器官があるので、
それも駆使して全力で匂いを嗅いでいるのです。
b0014576_11052006.jpg

イワンが近づいたので、緊張するピリカ。
b0014576_11092092.jpg

それでも、間合いを詰めるイワン。
b0014576_11092691.jpg

「来ないで~!」と拒否するピリカ。
b0014576_11093076.jpg

仕方がないので、イワンはひきますが、全身をこわばらせて頑張るピリカ。
b0014576_11093426.jpg

この状態で待ち続けるイワン。緊縛した場面が続きます。
b0014576_11093830.jpg

もう、本当にいや。
b0014576_11094309.jpg

耳が緊張していますね。
b0014576_11095053.jpg

緊張をしずめるためのあくび。
b0014576_11095926.jpg

ずっとこの状態。
b0014576_11100449.jpg
あまりの寒さに、わたくしはここで離脱。
16時くらいでした。

さて、ここから素人意見を爆発させますよ~。

野生のホッキョクグマの繁殖行動があるシーズンは冬から春にかけてです。
夏はおなかが空いてそれどころじゃないですよね。
動物園でも、野生に倣って、ペアリングは冬から春にかけてです。
6月11日にペアリングを試みるというのはギリギリアウトではないですかね。

もちろん、動物園のホッキョグマはおなかをすかせていませんから、余裕があります。
実際、釧路市動物園の故タロと故コロの夫婦は夏でも繁殖行動がありました。
くまは着床遅延があり、受精卵が着床するのは秋ごろのようで、
春のペアリングでも夏のペアリングでもおなじように生まれてきます。
クルミもそれで生まれてきたのですよね。

でもね、夏のペアリングというのは特殊な例です。
タロとコロは相性がいいから成り立ったので、
現在、釧路市動物園でも、もう繁殖シーズンは終わらせています。

ピリカを見ても、ストレスになっているのは明白で、可哀想です。

旭山動物園はイワンに拘泥するのはやめたほうがいいですよ。
サツキはもう26歳なので、出産は無理だと思いますが、
(サツキ自身、産む気がないように見えます)ルルはまだ出産可能だと思います。
ルルを円山に移動してデナリとのペアを考えたらどうでしょう。
もしくは繁殖能力が証明されているくまを借りてきて、
ルルとピリカとで繁殖を試みるといいと思いますよ。
借りてくるのはゴーゴかホクトですね。
そうしないと、旭山動物園所有のホッキョクグマがいなくなります。
今、ホッキョクグマは高価だし、しかも、お金を払ってもなかなか手に入りません。

素人考えですから、素人は黙っていろ、でおしまいでしょうがね。

[PR]

by hamhaha | 2018-06-15 00:01 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(0)

6月11日のホッキョクグマのピリカその①

懸賞 2018年 06月 14日 懸賞

6月11日の旭山動物園の続きです。
ホッキョクグマ館で、ルルが室内に去ってからピリカが出てきました。
b0014576_21563649.jpg

可愛い可愛いピリカ。久しぶり~。
b0014576_21565976.jpg

お得意の柔軟ターン。
b0014576_21565456.jpg

と、急に警戒のポーズ。
b0014576_21570607.jpg

イワンも出てきたのです。
繁殖目的ですね。
b0014576_21571125.jpg

ピリカは室内への出入り口のある隅に避難しました。
b0014576_21571515.jpg

ピリカをうかがうイワン。
b0014576_21571872.jpg

口をとがらせるピリカ。
b0014576_21573558.jpg

警戒バリバリ。
b0014576_21573895.jpg

近づくイワンにうなります。
b0014576_22142242.jpg

ああ、もう、いやだわ~。
b0014576_22144472.jpg

隠れなくちゃ。
b0014576_22145884.jpg

ピリカは表情が豊かなので、
わかりやすくしょっぱい顏。
b0014576_22213273.jpg

イワンがこんなところに座るから、
ピリカは動けなくなって、雪隠づめ。
b0014576_22214390.jpg

「イワン、じゃま~!」と言うと、
イワンは「なに?ぼくのファン?」と、振り返る勘違い男。
b0014576_22232964.jpg

困るピリカ。
b0014576_22245682.jpg

長期戦にそなえ、あざとく「かわいい~」のポーズをとるイワン。
b0014576_22250194.jpg

困り果てるピリカ。
b0014576_22250504.jpg

[PR]

by hamhaha | 2018-06-14 00:01 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(2)

旭山動物園のオオカミたちや猫たちなど&ルル

懸賞 2018年 06月 13日 懸賞

寒いわ~。
石北峠では雪が降ったんですってよ。
札幌は雪は降りませんでしたが、それでも、寒かったです。
気温が上がったり下がったり、大変ですね。

さて、6月11日の旭山動物園です。
ホッキョクグマの写真は2000枚くらい撮りました。
その理由はまた明日。

わたくしが旭山動物園で行くのは、ホッキョクグマ館とオオカミの森と
もうじゅう館とその周辺。
あまり上にはいきません。

オオカミの森、もう誰が誰なのかわかりません。
b0014576_18521241.jpg

かろうじてわかるのはマースです。
他に白いオオカミがいなくなっちゃったから。
b0014576_18522062.jpg

外に出ているのはケンとマースとその子供たち4頭。
b0014576_18522497.jpg

ヌプリは別飼いで、非公開です。
わたくしが旭山に行ったその日、名古屋市東山動植物園からアオイが来園したそうです。
アオイはヌプリの嫁となるようで、アオイも非公開だそうです。
アオイは日本に血縁がいないし、旭山動物園のオオカミたちも、血統としては独立しています。
(平川動物公園に行ったミナが子供を産んだので、全くの独立ではないけれども)
アオイはもう10歳。年の差姉さん女房オオカミというと、キナコを思い出すわ。

ねこです。
アムールトラの
ザリアとナージャの母子、どちらがどちらかは・・・わかりません。
b0014576_18514468.jpg

b0014576_18514700.jpg

ザリアの夫でソーンとナージャの父、キリル。
威厳があるわ~。
b0014576_18515426.jpg

ユキヒョウのジーマ。
ヤマトとジーマの息子、リヒトはもう移動してしまったので会えずじまいでした。
b0014576_18520248.jpg

アムールヒョウの子供たち・・・のはず。
b0014576_18520912.jpg

エゾヒグマのとんこさん。
b0014576_18515854.jpg

この日の旭山動物園も寒かったわ~。
b0014576_18513763.jpg

ホッキョクグマのルル。ドアップ。
b0014576_20153906.jpg

わたくしが行ったときは13時頃。
室内に入りたくて、走り回っていました。
b0014576_20154482.jpg

楽しそう。13時半ころ室内に入りました。
b0014576_20154882.jpg

キリンの結。
b0014576_20162216.jpg

ゲンキ。同居していました。
b0014576_20162849.jpg

カバの百吉と旭子も同居でいい感じ。
b0014576_20163826.jpg

[PR]

by hamhaha | 2018-06-13 20:23 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(0)

旭山動物園の昼食とカラス

懸賞 2018年 06月 12日 懸賞

b0014576_06412673.jpg

「シロクマ園長・命の事件簿」と「シロクマ園長・命の事件簿2」というドラマが
先月BSジャパンで放映されていてました。
旭山動物園の園長が殺人事件を解決するというドラマで、
園長を演じたのは西郷輝彦氏でした。
動物のラインナップが今と違うと思いましたら、
10年くらい前のドラマの再放送でした。
当時の実際の園長は小菅参与ですね。

ちょっとずつ動物情報を織り交ぜながら、
その動物情報をヒントに事件を解決するというドラマでした。
イワンは肝油が好きなのね。ふむふむ。
「そんなことより、本業(動物園園長)に専念しなさいよ」と突っ込みながら見ていました。
2作とも動物病院のシーンで現園長が出演していました。
クレジットなどには出ていませんでしたが。

当時は旭山動物園ブームでしたが、ミステリー・ドラマまで作っていたとは。

その旭川市旭山動物園に昨日行ってきました。
前回行ったのは1年以上前です。
札幌以外の道内3園の中で一番札幌に近いので、
かえってタイミングを外すといけなくなりますね。

朝、のそのそと支度をし、中央バスターミナルに行って
旭山動物園往復バスセット券4080円(入場券なし)を購入しました。
札幌~旭川の往復高速バスと旭川駅~旭山動物園の往復バスが利用できます。
乗り込んだのは9時半のバス、旭山動物園に着いたのは13時ちょっと前。

すぐにホッキョクグマ館に行ったのですが、その後、園内で昼食。
わたくしが好きなのは西門近くのファームZOO。お米がおいしい。
今回はこうじ甘酒ラーメンと言うのが珍しくて注文してしまいました。
でも、ご飯も食べたくてネギ味噌おむすびも追加。
b0014576_06414450.jpg

さて食べようとすると、ハシブトカラスが襲来。
わたくしのラーメンを強奪しようとします。
近くに待機して、ちょっと目を離すと飛んできます。
b0014576_06413988.jpg

ラーメンだよ、ラーメン。
きみ、ラーメンを食べられるの?
でも、カラスは学習能力が高い鳥ですから、
もしかしてラーメンを食べたことがあって、その美味しさにやみつきになったとか?

ラーメンをすするカラスというシュールな映像を想像しながらも、
わたくしの昼食を渡すわけにはいかないので、死守しました。

円山動物園ではわたくしはカラスに襲われたことがありません。
円山のカラスは普通に話しかけると「こいつ、変な人間」と近寄ってこなくなります。
旭山動物園のカラスにはまだ顏を売ってなかったわ。
旭川には頻繁には行かないので、気をつけなければ。

[PR]

by hamhaha | 2018-06-12 07:12 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(2)

3月11日の旭山動物園と動物園の役割

懸賞 2017年 04月 11日 懸賞

b0014576_23584186.jpg

まだ3月11日の旭山動物園ですよ。
トップはアムールトラのザリアかな?

寝る子供たち。
b0014576_23585467.jpg

ソーンとナージャ。
b0014576_23590101.jpg

エゾヒグマのとんこさん。近い、近い。
b0014576_23590621.jpg

・・・どっち?
b0014576_00022721.jpg

b0014576_00023776.jpg


この子が女の子かな?愛らしいし。
b0014576_00023251.jpg

クロヒョウのパック。
b0014576_00034536.jpg

そうそう、孫のリヒトに会いに来たのよ。
b0014576_00034978.jpg

でも、上方に広がっているのは、子供の父ヤマトでした。
リヒトはまた今度。
b0014576_00035498.jpg
リヒトはどこ所有でしょうね。
ブリーディングローンでヤマトが旭山に移動したのだから
通常は最初の子は移動していった方の動物園のもの、
つまり円山動物園所有となるのですが、
契約で決まるので、どちらかな?

寄り添うライオン夫婦。
b0014576_00040115.jpg

シンリンオオカミたち。
b0014576_00041736.jpg

わたくしが行く時はいつも皆寝ています。
b0014576_00042171.jpg
起きている姿を随分見ていませんね。
わたくしがピリカ優先で動くから、
オオカミの活動時間を見逃しているのでしょう。

アミメキリンの結
b0014576_00094511.jpg

ゲンキ。
b0014576_00095089.jpg

カバの百吉。
あんなに可愛かったのに、いつの間にどっしりと貫禄が・・・・。
b0014576_00095852.jpg

まだ愛らしい旭子。
b0014576_00100423.jpg

札幌の円山動物園は市の環境局扱いです。
おびひろ動物園も釧路市動物園も市の教育施設扱いのようです。
道外の公営動物園は、公園としての扱いのところが多いようです。

旭川市の旭山動物園は、経済観光部です。

動物園と経済観光部と言うのは、
そぐわないような気がしますが、納得する部分もあります。

全盛期の旭山動物園は、年間300万人以上の入園者がいました。
道外の方は、旭川は知らなくても旭山動物園は知っている、
もしくは旭川は旭山動物園しか知らないという方も少なくないと思います。
まさに、旭川市の経済と観光を一手に引き受けて
引っ張っていたと言っても過言ではないでしょう。

前年度の旭山動物園の入園者は140万人ほどだそうです。
全盛期の半分以下ですね。
でも、旭山動物園の規模から見ると、まだ多いと思います。
100万人くらいだと、ゆっくり快適に過ごせると思いますよ。
わたくしの旭山動物園の印象は、とにかく人が多すぎる、ですから。

旭川市をけん引しなければならないという使命で
いままで、旭山動物園は無理をし続けてきたと思います。
旭川市は、旭山動物園を「経済」からも「観光」からも解放して
普通の動物園に戻してあげたらいいと思いますよ。

[PR]

by hamhaha | 2017-04-11 23:59 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(0)

3月11日の旭山動物園のルルとイワン

懸賞 2017年 04月 11日 懸賞

まだまだ3月11日の旭山動物園のホッキョクグマです。
ピリカのおば(ピリカの母ララの双子の姉妹)のルルは、とてもやせていました。
このくま誰?と思うくらい痩せていました。
産室おこもりで飲まず食わずだったとしても、
例年は3月ではこれほど痩せていないと思います。
b0014576_21040355.jpg

元気もないように見えました。
b0014576_21041880.jpg

ピリカはルルのウォーキングルートを邪魔するように何度もまとわりついて行きました。
b0014576_21041199.jpg

邪魔されたルルは「ピリカちゃん、どうしたの、驚くじゃない」とばかりになんとかよけていきました。
ピリカはルルに攻撃するというわけではなく、ただくっつきたいという感じで、
ルルも邪魔されても怒るという感じではなかったです。
ピリカも痩せたルルが心配だったのかしら。
b0014576_21042698.jpg

これはホッキョクグマ館の名札を入れるフレーム。
b0014576_21044141.jpg

どこのフレームにも名前が入っていませんでした。
今まではずっと入っていたのに、なぜこの日は名札が入っていなかったのかしら。
もしかして、代番さんだったのかしら。
b0014576_21044361.jpg

このくまは、旭山動物園唯一のオスグマのイワン。
b0014576_21042981.jpg

今年も旭山動物園のメスたちは子供を産まなかったのですね。
イワンは少しお休みしてもらって、よその繁殖実績があるオスを借りてくるのがいいと思うのですが
たぶんしないでしょうね。
ルルもだんだん年を取って来るし、
このままでは旭山動物園所有のくまがいなくなってしまいますよ。
ゴーゴを2年くらい借りたらいいと思うのですが。
それと、メスたちが産室おこもりしているときは、
ホッキョグマ館を立ち入り禁止にしたほうがいいと思いますよ。
たぶんやらないだろうけれども。

[PR]

by hamhaha | 2017-04-11 00:01 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(0)

3月11日の旭山動物園のピリカ

懸賞 2017年 04月 10日 懸賞

b0014576_20181283.jpg

3月11日の旭山動物園の続きです。
私は旭山動物園には開園と同時に入ることが多いです。
まっすぐホッキョクグマ館に行き、
プール側にピリカがいない場合はすぐにシールズアイ(カプセル)に行きます。
時間が経ってから行くと、並んでいますが、朝一だとすぐに入れます。
そしてカプセルから心行くまでピリカを眺めます。
可愛いわ。
b0014576_20210804.jpg

この後ろ頭がたまりません。
b0014576_20211242.jpg

キロルっぽい顏。
b0014576_20211793.jpg

ピリカにうっとりとしていると、後ろに人が並んだ気配を感じますので、後ろの人に譲ります。
b0014576_20212251.jpg

そして、今度は室内の檻の部分に行きます。
ここが一番ピリカに近づくことができますし、匂いや息遣いを感じることができ、
なんならくま汁(プールの飛沫)までかぶれます。
「ピリカ~!」と呼ぶと、来てくれます。
b0014576_20365756.jpg

ピリカは「この人間、見たことある、なんだっけ」としばし考えます。
そして、「あ、ただのストーカーおばさんだった」と踵を返します。
ピ、ピリカ~。
b0014576_20350993.jpg

プール側ではもぐもぐタイムが午前と午後の二回あり、プール側のくまはお魚がもらえますが、
カプセル側のピリカたちはもぐもぐタイムがありません。

もぐもぐタイムが始まると、ピリカはそわそわ。
おすそ分けがあるかもしれないからです。
b0014576_20213923.jpg

午前のもぐもぐタイムではないだろうなとは思いましたが
午後はあるかもと思っていましたら。
ありました。
b0014576_20225261.jpg

女性の飼育員さんが、ピリカとルルにけんかしないように
上手に分けて投げ入れていてました。
b0014576_20225959.jpg

ピリカはお立ち台の岩に投げられたお魚を食べていました。
b0014576_20230879.jpg

若いから動かされますねぇ。
b0014576_20460236.jpg

お魚を食べることができて、可愛いピリカ。
b0014576_20473889.jpg

足取りも軽くなります。
b0014576_20454850.jpg

ピリカが楽しければ、わたくしも楽しくなります。
ピリカの幸せはわたくしの幸せよ。
b0014576_20474571.jpg

[PR]

by hamhaha | 2017-04-10 20:52 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(2)

3月11日の旭山動物園のサツキ

懸賞 2017年 04月 08日 懸賞

b0014576_00083550.jpg

春休みにauで動物園に行こうというキャンペーンがありまして、
auスマートパスなどを利用している人は
いくつかの動物園に無料で入れるというものでした。
わたくしは道内4園の年パスを持っているので利用できないと思っていましたが、
旭山動物園の年パスが切れていることに気づきました。

もともと行くつもりだった旭山動物園でそのキャンペーンを利用しました。
b0014576_00082159.jpg
ということで、3月11日、旭山動物園に行ってきました。

いままではJRで、エル特急スーパーカムイでしたが、
時刻表が変わったのか、エル特急スーパーカムイがなくなっていました。
乗ったのは特急宗谷です。
特急宗谷は稚内まで行く列車です。
行ってみたいな、稚内。
稚内に行くことなく、旭川で降り、バスで旭山動物園に向かいました。

西門から入って、いつもまっすぐにほっきょくぐま館に行きます。
入るとすぐ、プール側放飼場でサツキが遊んでいました。

b0014576_00074786.jpg

実に楽しそうにガス管で遊んでいました。
b0014576_00075324.jpg

大人になるとそれほど遊ばなくなるホッキョグマもいますが、
サツキは25歳。日本で6番目に高齢なホッキョクグマですが、若々しくてよく動きます。

その後、大きな音を立てていたので見に行くと、
お気に入りの青いドラム缶がくぼみにあるのを引き上げてました。
ちょっとしたサツキ祭りでした。
b0014576_00095478.jpg

[PR]

by hamhaha | 2017-04-08 23:56 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(0)

旭山動物園のオオカミとねこなど

懸賞 2016年 03月 26日 懸賞

まだ3月20日の旭山動物園ですよ。
ホッキョクグマのピリカとイワンの常同行動がしばらく続きそうなすきに、
他の動物にもちょっと挨拶しましたよ。

ホッキョクグマのお隣のホッキョクギツネ。
わたくしが行ったときはおとなしく眠っていましたが
b0014576_22392850.jpg

この梯子の内側を駆け上がったそうですよ。
b0014576_22393208.jpg

その先のシンリンオオカミ一家。
一番上で落ちそうになっている黒っぽいのがパパのケンで、一番下の白いのがママのマース。
b0014576_22415677.jpg
ケンの隣はヌプリっぽいけれども、ヌプリはいないはずなのでワッカかしら?
子供たちはよくわからないわ。

奥にも2頭。
b0014576_22420182.jpg

パパ・ケンは落ちそうになって目が覚めました。
b0014576_22420971.jpg

ママなのに、順位が低くなっているらしいマース。
b0014576_22420544.jpg

今、メインの放飼場にいるのは7頭、残りのヌプリ・カント・ミナの3頭は
非公開の別の場所に移動しているそうですよ。

オオカミを群れで飼うと闘争が起きる危険性があります。
旭山のチュプは闘争で命を落としました。
闘争の危険性があると隔離しなければなりませんが、放飼場が一つだと隔離されたオオカミたちは狭い場所で我慢しなければならなくなります。
オオカミを群れで飼う場合、東山動植物園のように複数の放飼場が必要になりますね。
とりあえず、カントかミナは徳島のユウキの嫁になって下さい。

ライオンのライラ、わずかに土が出ているところを選んでくつろいでいます。
b0014576_22502232.jpg

隣りの若きアムールトラ、オスのキリルがライラが気になって仕方がないようです。
b0014576_22502662.jpg

オスの大きいネコがいる~、オスネコトップは俺だ~とキリルはアピールしているのかも。
キリルや、相手は大先輩だよ。
b0014576_22504450.jpg

ユキヒョウ夫妻のシンクロ。
b0014576_22503158.jpg

エゾヒグマのとんこさん、幸せそうに雪の上で寝ていました。
b0014576_22503791.jpg

帰り側、ちらっと手見たキリン。
ゲンキ、首が引っかかって大変だったね、気を付けてね。
b0014576_22504847.jpg

イボイノシシ・・・・、の、おいど。
b0014576_22505227.jpg

[PR]

by hamhaha | 2016-03-26 00:01 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(4)

旭山動物園のピリカ2016年3月

懸賞 2016年 03月 24日 懸賞

よこはま動物園ズーラシアで、
ホッキョクグマのツヨシが無事元気な姿を見せてくれたようです。
ツヨシの報道に「メスなのにツヨシ」や「メスだけどツヨシ」というフレーズが飛び交っていて、
よほど違和感があるのねと思いましたよ。
最初は男の子だと思われていたのですよね。
妹のピリカも最初は男の子と思われていましたが
姉ツヨシ同様メスと確認されました。

3月20日は久しぶりに旭山動物園に行きましたよ。
冬はね、大雪でJRが止まるかもしれないので、なかなか旭川に行く勇気がないのですよ。
今年はそれほど雪は降らなかったけれども。
3月でもう雪で列車が止まる心配がないと思いますので、行きました。

お客さんが多かったわ~。
開園前に西門にお客さんがとぐろを巻いていましたからね。
正門を待つお客さんより多かったように見えましたよ。
どこかのガイドブックが書いたのかもしれませんね、
冬はととりの村が開いていないので、正門から入ると動物まで遠いから
西門から入った方が長く歩かなくていいと。
かなり遅れて西門から入園。
ホッキョクグマ館に行っても先にたくさんのお客さんがいました。

わたくしの目的はもちろん世界一可愛いピリカですよ。
いました、可愛いピリカです。
b0014576_06263039.jpg

b0014576_06261300.jpg

何かを気にしています。
b0014576_06262138.jpg

しょっぱい顔。
b0014576_06262415.jpg

原因はこのイワンです。
ピリカはイワンと同居させられていました。
イワンはガラス窓や檻やプールのある方を常同で歩いていまして、
ピリカをそれをさけるように外側を歩いていました。

イワンは檻の前にぐ~っと近づき、お客さんたち(わたくし以外)が
「おお~っ!」「大きい~っ!」と、感嘆する様子を確かめていました。
b0014576_06263437.jpg
時折プールに飛び込んで、水しぶきを浴びた(または浴びそうになった)お客さんがキャーキャー騒ぐのを満足げに見ていました。

オスのホッキョクグマは相手が人間でもいいから認められたいという気持ちがあるのかもしれません。
浜松のキロルは何かするたびにいちいちお客さんの反応を確認しますし、
アドベンの11歳大人のオス(ゴーゴ)も人間を驚かせて遊んでいました。
本来ならメスをめぐって他のオスと争わなければならない立場のオスですから、
もしかして、人間で代用しているのかもしれません。
イワンは「見て見てピリカちゃん、オレ、最強でしょ~」とアピールしているのかも。

ピリカはあからさまにイワンを避けていまして、イワンと逆方向に常同歩きをしていました。
b0014576_06275642.jpg

時折、イワンが立ち止まって、ピリカが歩いてくるのを待つのですが、
それに気づいたピリカは口をとがらせて威嚇の声を出し、逃げます。
イワンがいるので、プールにも行けないし、ピンクのボビンで遊ぶこともできません。
常同の合間に少しずつボビンを自分のほうに引き寄せるピリカ。
b0014576_06275973.jpg

それに気づいたイワンがボビンを取り上げます。
b0014576_06280270.jpg

もう気が気じゃなくて、わたくしは、ほとんど他の場所に行くことができませんでしたよ。
1時、室内で何か音がしたのか、イワンが室内に入る扉を気にします。
ピリカはルルおばさんが出で来るはずの扉の前でスタンバイ。
b0014576_06280603.jpg

でも、扉が開かなくて、イワンが「ピリカちゃん、そっちはどう」と近づくと
ピリカは大声で威嚇してイワンを下がらせます。
ピリカとイワンを初めて見るらしいお客さんも
「あの白いの(ピリカ)が大きいの(イワン)から逃げて動いているんだ」とお連れさんに説明していましたので、
誰が見ても明らかにピリカはイワンを避けていました。
1時半に扉があいて、イワン退場。
b0014576_06281060.jpg

奥の扉からルルおばさんが出てくると、ピリカ大喜び。
b0014576_06281521.jpg

ピリカはイワンがいなくなったので、心置きなくプールでボビンで遊んだり、
b0014576_06290441.jpg

床スリスリをしたりしていました。
b0014576_06291364.jpg


ルルものびのび。
b0014576_06285945.jpg

ルルおばさんに見守られてプール遊びをするピリカ。
b0014576_06292830.jpg

でも、わたくしはタイムアップでここで離脱。
ピリカが楽しそうに遊ぶのをほとんど見ることができませんでした。
イワンのバカ~!(byトルストイ)

ピリカが気になってあまりサツキのほうに行けませんでしたが、さっちゃんももちろん可愛かったですよ。
b0014576_06293331.jpg

なんだか、子供のような表情ですね。
さっちゃんに幸あれ。
b0014576_06290983.jpg

アドベンの有望カップルに繁殖行動があったそうですね。
期待できますね。
生まれるのはゴーゴ・ジュニア(オス)か
オホト・ジュニア(メス)か、楽しみ~。

[PR]

by hamhaha | 2016-03-24 06:36 | 旭山動物園 | Trackback | Comments(4)