人気ブログランキング |

カテゴリ:熊本市動植物園( 19 )

懸賞 懸賞

熊本市動植物園のマルル、その後

懸賞 2019年 04月 01日 懸賞

b0014576_10172369.jpg

熊本市動植物園は昨日、HP上に「来園者の方々へのお願い」を発表しました。
それを見て思いました。
一か月も前にマルルのひどい状況の改善をお願いしたのに
その後一か月、何も変わらなかったのですね。
この一か月も、マルルはずっとつらい思いをしていたのですね・・・。

画像は
プールに落とされたトイレットペーパーの芯をかじる2月23日のマルル。

by hamhaha | 2019-04-01 00:58 | 熊本市動植物園

2月23日の熊本市動植物園のマルル③

懸賞 2019年 03月 25日 懸賞

b0014576_10165816.jpg

2月23日の熊本市動植物園の続きです。
しつこいしつこいしつこいしつこい飛び込めコールはまだ続いていましたが
マルルは陸を常同していました。
b0014576_10170914.jpg

b0014576_10171480.jpg

b0014576_10170348.jpg

わたくしが目を離した時、マルルは突然飛び込みました。
お客さんたちは大喜びです。

マルルは何かを食べていました。
わたくしは知らないうちに飼育員さんがきておやつを投入したのかと思いました。
b0014576_10171894.jpg

違うようです。
b0014576_10172369.jpg

異物が落とされ、マルルが食べ物だと思って飛び込んだのです。
b0014576_10173052.jpg

b0014576_10173455.jpg

b0014576_10174640.jpg

お客さんたちはマルルが飛び込んだことに大喜びで、
異物が落とされたことを気にする人はいませんでした。
あわてたのはわたくしだけです。

正門まで行ってマルルに異物が落とされたことを言いました。

マルルのもとに帰ってきたら、先ほどマルルがかじったもの(トイレットペーパーの芯のようです)、
そしてお菓子の包装フィルムのようなものもプールに浮いていました。
ゴミは増えていました。
b0014576_10174816.jpg

b0014576_10262783.jpg

割れガラスの法則で、汚れていたところはもっと汚してもいいと思うのでしょうか。
小学生くらいの少女がプールにゴミを落とそうとしたのでわたくしはその子をにらみつけました。
にらまずに諭せばよかったのですが、その時はショックのあまり、そういう余裕がありませんでした。
少女は気まずそうに去っていきました。
b0014576_10263190.jpg

b0014576_10263553.jpg

見回してみると、マルル周りには
「エサを与えないでください」
「檻をたたかないでください」
「物を落とさないでください」
「動物を驚かさないでください」
などの表示が一切ありません。
b0014576_10263931.jpg

b0014576_10264253.jpg

b0014576_10264697.jpg

やってきた職員さんに「動物が死ぬかもしれないから物を投げ込まないで」と表示してくださいとお願いしました。
また、帰札後、熊本市のメールフォームに事と次第を書き、改善をお願いしました。
すぐに熊本市動植物園の方から電話が来たようで、留守番電話に「また電話します」と2回メッセージが入っていたので、
「電話だと行き違いや勘違いが発生するので、メールで連絡願います。録音機能もありますが、録音再生は大変なので」とメールしました。
数日後、熊本市動植物園からメールで返事が来ました。

先日は札幌からお越しいただきありがとうございました。
また、マルルのことでご心配をおかけしましたこと、不快な思いをさせてしまいましたことをお詫びいたしますとともに、貴重なご意見を頂きましたことに感謝を申し上げます。

頂きましたご意見のうち、「物を落とさない」ということに関しましては、当園では来園者による飼育動物への物の投げ込みを禁止させていただいておりますことから、既に当日のうちにかんらんじょうに2か所、注意喚起の掲示をいたしました。

「飛び込めコールをしない」、「奇声をあげない」などの注意喚起につきましては、可能な限り職員で巡回・監視を行い、そのようなことが起こらないよう努めてまいりたいと考えています。

また、動物の展示場所でゴミを見つけた場合には、今までも必要に応じ回収していましたが、今後はなるべく早く回収するよう努めたいと思います。

今回頂きましたご意見は、マルルが安心して楽しく過ごせるよう飼育に活かしていく所存です。
今後も、マルルに限らず、園内飼育動物が健康で安全に過ごせますよう職員一同取り組んで参りますので、引き続きご声援いただきますようお願いいたします。


----
経済観光局 観光交流部 動植物園
(原文のまま)

とのことです。

マルルは心のある一つの命です。
プールに飛び込むだけの存在ではないのです。
奇声をあげられたり、柵をガンガン叩かれたり、しつこく飛び込めコールをされたり、
トイレットペーパーの芯を投げ入れられたりすると、悲しく思うでしょう。
変なものを投げ入れられて食べてしまうと死んでしまうかもしれません。
命は失われてしまうと、二度と戻っては来ません。
熊本市動植物園に行く方々、どうかマルルにひどいことをしないでください。

誰も、マルルをマルルとして愛してくれないのでしょうか・・・。

もしかしたら、メディアが
「熊本市動植物園のシロクマはのべつまくなしに休憩もせずにただただ飛び込んでいる」と
誤解を与える誇張した映像でも流したのかもしれませんね。
ちょっと考えればありえないと分かるとは思いますが、
メディアの方々、マルルの命がかかっていますから、やめてくださいね。

後ろ髪をひかれる思いで、熊本市動植物園を後にしました。
どんなにかマルルを背負って札幌に戻りたかったことか。

マルル、来年無事に札幌に帰って来るのを心待ちにしているよ。
徳島の報道は「徳島市が札幌市にお願いしてポロロを預からせてもらっている」という書き方をして下さっているので、
いえいえこちらこそ、お世話になっていますと言いたくなりますが、
熊本の新聞は「円山の飼育スペースが狭いからマルルを預かっている(熊本はお願いしていない)」という感じで書かれています。
だから、行き場のないくまと侮られてマルルは雑に扱われるのかしら。
でも、部屋なら、パパの隣もママの隣も空いているからね、
円山動物園のホッキョクグマ舎は日本一広いからね。
マルル、熊本で肩身の狭い思いをすることはないんだよ。帰っておいで。
次は札幌で会おうね。
b0014576_10265124.jpg

by hamhaha | 2019-03-25 00:01 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(4)

2月23日の熊本市動植物園のマルル②

懸賞 2019年 03月 24日 懸賞

b0014576_09152194.jpg

2月23日の熊本市動植物園の続きです。
マルルのところに帰りました。
マルルは湯たんぽで遊んでいました。

マルルは常同し、時々プールに飛び込みました。
それ以上に、頻繁にプールに飛び込むふりをしました。
マルルは天真爛漫な子なので、そういうフェイントをするとは不思議だと思って見ていました。

b0014576_09153493.jpg

b0014576_09154018.jpg

マルルの周りにたくさんの子供たちがいました。
マルルの周りにやってくる子供たちは
「マルル、飛んで!」と叫びます。
「マルル、お願いだから飛んでください」
「お前は閉じ込められているんだぞ」
飛び込めコールが異常なほど続きました。
マルルがプールに飛び込むと満足して去っていきます。
b0014576_09154511.jpg

b0014576_09155090.jpg

そして別の子供が来て「飛び込まないね」と言うのです。
さっき飛び込んだばかりです。そしてまたもしつこい飛び込めコールです。
マルルは飛び込むことだけを要求されているのです。
飛び込まないマルルは価値がないとみなされているようでした。
だから、マルルはうんざりして、期待を裏切るためにフェイントをするのかと理解しました。
b0014576_09152792.jpg

湯たんぽかぶり。
b0014576_09155748.jpg

次はね。
b0014576_09160523.jpg

背泳ぎ~。
b0014576_09161085.jpg

湯たんぽ、楽しい。
b0014576_09161761.jpg

位置について。
b0014576_09214796.jpg

する~。
b0014576_09215390.jpg

壁~。
b0014576_09215872.jpg

にこっ。
b0014576_09221809.jpg

ひょっこり。
b0014576_09222106.jpg
つづく。

by hamhaha | 2019-03-24 00:01 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(0)

2月23日の熊本市動植物園の動物たちと獣医さんのお話

懸賞 2019年 03月 23日 懸賞

2月23日、熊本市動植物園の続きです。
円山動物園生まれのエランド、サンタです。
b0014576_17113029.jpg

プッチョ(父)かと思ったよ。
貫禄ついたねぇ。
b0014576_17113663.jpg

エゾヒグマのヒメさんです。
b0014576_16575802.jpg
くまのあたりは檻がきつくてなかなか撮れません。
マレーグマも撮れませんでした。

アムールトラのチャチャ。
b0014576_16580588.jpg

ユキヒョウのスピカ。
b0014576_16580948.jpg

グラントシマウマのカイセイくん。りっぱなおいど。
b0014576_16581373.jpg

カバのモモコ(メス)とそら(メス)。
母子ではないようですが、ぴったりと寄り添って寝ていました。なかよしね。
b0014576_16581767.jpg

アフリカゾウのマリーさん(左)とエリさん(右)。
b0014576_16582595.jpg

以前はなかった?お店で昼食を買ってステージ前のベンチで食べました。
子供たちが鳩を追いかけまわして踏む(踏めてないけれども)遊びに興じていて、残酷だと思いました。
必死で逃げる鳩がわたくしギリギリをかすめて飛んでいきました。
b0014576_16583507.jpg

そのあと、動物資料館で催された獣医さんのお話を拝聴しに行きました。
熊本地震の時、たまたま動植物園内にいて仔山羊にミルクを与えていたそうです。
動植物園の中は液状化でたいへんだったとか。
ユキヒョウの檻がユキヒョウが脱走できるくらいの隙間ができていたそうです。
幸い、ユキヒョウは寝室にいる時間だったので、大事に至りませんでした。
ユキヒョウ舎を再建するにあたって、もっといい獣舎にしたかったのですが、
国の補助を受けたので、前と同じにしなければならなかったそうです。
国の補助だとしても、そういうところはもっと自由にさせてもらいたいですね。

地震の後始末で忙しいのに、例の「ライオン脱走デマ」のおかげでもっと忙しくなってしまったとか。
そういうデマは本当にやめてほしいですね。

水道が使えなくなったので、園内の湧水を汲みに行ったそうです。
何往復もしなければならなかったそうです。大変ですね。

いろいろ工事をしなくてはならなくても、業者が忙しくて遅々として進まず、
いろいろなことを職員さんがやってきたそうです。
JAZAと他の動物園のヘルプが迅速で、とてもありがたかったそうです。

お話が終わったあと、マルルのもとに戻ります。
つづく。

by hamhaha | 2019-03-23 00:01 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(0)

2月23日の熊本市動植物園のマルル①

懸賞 2019年 03月 22日 懸賞

b0014576_16335632.jpg

2月23日、続きです。
市電に乗り、熊本市動植物園に向かいました。
昨年12月に全面開園したので、正門から入れます。
正門からはホッキョクグマ舎が近いです。
マルルに会いに行きます。
マルル、元気だった? 11か月ぶりだね。(細かい)
b0014576_16340392.jpg

b0014576_16341425.jpg

b0014576_16341971.jpg

窓から外をのぞきます。
b0014576_16342339.jpg

いいものが見えたかしら?
b0014576_16342756.jpg

おっちゃんこ。(おすわりのこと)
b0014576_16343443.jpg

b0014576_16344284.jpg

レディだから、おしゃれしなくちゃ。
b0014576_16344669.jpg

どう?かわいい?
可愛いに決まっているでしょう!
b0014576_16350823.jpg

窓下の穴に鼻を突っ込むマルル。
b0014576_16400058.jpg

子供が手を振ります。
b0014576_16400831.jpg

あっちに行きたいなぁ。
b0014576_16401507.jpg

いや、さすがにその穴には入れないよ、マルル。
b0014576_16402173.jpg

60~70代くらいの男性がやって来て、奇声をあげ、柵をたたき、騒ぎながら通路を何往復もしました。
あまりに狂気じみた行動に、わたくしは恐怖を覚えました。
その男性は騒いだ後、マルルをのぞき込み「まだだな」とか「もう少しだな」とかつぶやきながら
まだ奇声をあげ、柵をたたき、走り回りました。
マルルは不安そうに見上げていました。
わたくしはその走り回るルートを、柵をたたかれないように邪魔して立つのが精いっぱいでした。
何度も繰り返したので、マルルはとうとうプールに飛び込みました。
b0014576_16402853.jpg

b0014576_16403290.jpg

するとその男性は勝ち誇った顔でそこにいた人々を見回しました。
「どうだ。あの熊を操ってプールに飛び込ませたのは自分だ」と言わんばかりでした。
その男性は今までも何度もそういうことをしていたように感じました。
わたくしは悲しくなって「マルル、札幌に帰ろう」と言いました。
誰も賞賛しないからか、その男性は去っていきました。

なんてひどいことをする人がいるのだろうと思いました。
その男性が帰ってこないようなので、わたくしは一端他の動物のところに行きました。

つづく。

by hamhaha | 2019-03-22 00:01 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(4)

4月7日の熊本市動植物園のホッキョクグマのマルル②

懸賞 2018年 05月 15日 懸賞

b0014576_17571340.jpg

4月7日の熊本市動植物園のホッキョクグマのマルルの続きです。

熊本市動植物園の売店でマルルのグッズを物色していると、店員さんに
「マルルに会いに来たんですか」と訊かれました。
「はい、札幌から」と答えると、「札幌から!?」と、とても驚かれました。
札幌からマルルに会いに来る人はわたくしだけではないと思いますよ。
b0014576_18284681.jpg

マルルの幕が場所を変えて張ってありました。
以前は正門に向いてましたからね。
b0014576_17570049.jpg

どうしてそこに座っているの?
b0014576_17571810.jpg

飼育員さんを待っているの。
b0014576_17572216.jpg

まだかなあ。
b0014576_17572727.jpg

あくび~。
b0014576_17573238.jpg

するりんと静かにプールへ。
b0014576_17574187.jpg

もらったリンゴをうまうま。
b0014576_17574555.jpg

美味しいよ。
b0014576_17575068.jpg

優雅に泳いでいました。
b0014576_17575461.jpg

ぷかぷかとおしり。
b0014576_18185039.jpg

その後、常同。
b0014576_18192027.jpg

ぺろりん。
b0014576_18202214.jpg

飼育員さんにお話を伺いたいなと思いましたが、お忙しそうだったのであきらめました。
でも、マルルはとても落ち着いて見えました。
職員の方たちが大切にケアしてくださっているのですね。
ありがとうございます。

観光誌の表紙を飾るマルル。
可愛いわ。
b0014576_18203783.jpg

by hamhaha | 2018-05-15 00:01 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(2)

4月7日の熊本市動植物園のホッキョクグマのマルル①

懸賞 2018年 05月 14日 懸賞

b0014576_17273135.jpg

4月7日、熊本市動植物園の続きです。
ホッキョクグマ舎は正門から入るとすぐですが、西門から入るとどう行くのかと悩んでいましたら
案内がありました。
b0014576_17273910.jpg

この日はスケッチ大会があったようで、子供たちが敷物を広げて動物たちの絵を描いていました。
ホッキョクグマに行くには細い通路のところもあり、ここを通ってもいいのかしらと思うくらいでした。
ホッキョクグマ舎のすぐ横は通行止めで、
ホッキョクグマ舎の二か所ある階段も1か所は通行止めです。
b0014576_17332955.jpg

使えるもう一方の階段も狭くなっていました。
b0014576_17342475.jpg

マルルに会えるように頑張って公開してくださったのですね。

マルルのところにもたくさんの子供たちがいて、絵を描いていました。
可愛く描いてあげてね。

マルルがいました。
b0014576_17282514.jpg

マルル~、久しぶり~、元気だった~?
b0014576_17283022.jpg

すいすい。
b0014576_17283774.jpg

横泳ぎ~。
b0014576_17284255.jpg

くるりんぱ。
b0014576_17284534.jpg

これはね、大切な湯たんぽなのよ~。
b0014576_17352507.jpg

お立ち台の上でスリスリ。
b0014576_17353690.jpg

スリスリ。
b0014576_17354187.jpg

ごろんごろん。
b0014576_17382518.jpg

そんなに見ないで~、てれちゃうな~。
b0014576_17383252.jpg

てれてれ、ごろりん。
b0014576_17415658.jpg

腹だし~。
b0014576_17420073.jpg

起き上がり。
b0014576_17420417.jpg

ホッキョクグマ舎の周りは工事しているところばかりで、
マルルのところにいたら、突然大きな工事音がして
わたくしは驚きましたが、マルルは平気でした。
きっといままでそういう工事音がしていたので慣れたのですね。
他の動物たちも工事に慣れたようですが、
マルルも気にしていないようでした。
さすがララの娘だわ、頼もしいわ。

つづく。

by hamhaha | 2018-05-14 17:50 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(2)

4月7日の熊本市動植物園

懸賞 2018年 05月 13日 懸賞

b0014576_16382661.jpg

トップは熊本市動植物園の赤色野鶏です。凛々しいわ。

別府・熊本の旅、続きです。
熊本駅前に泊まったので、4月7日朝、路面電車で交通センターまで行きました。
交通センターからバスに乗ります。
目的地は熊本市動植物園です。

熊本市動植物園は熊本地震から休園していて、現在は週末だけ部分開園しています。
正門は開いていなくて、入園するには西門に行かなければなりません。
西門に行くバスがよく判らなかったので、いつも通り正門に行くバスに乗りました。
バスを降りて正門前で右に曲がり、道沿いに歩いていくと西門に着きました。
b0014576_16444807.jpg

入園する前に西門からのバスを確認しました。
土曜日だから、15時55分のに乗ることにします。
b0014576_16413492.jpg

b0014576_16404616.jpg

確認が終わって、入園。
b0014576_16400112.jpg

まずはマルル以外を。

アフリカゾウのエリさんとマリーさん。
b0014576_16421748.jpg

エリさん、囲いの外の新芽をつまみ食いしています。
b0014576_16422252.jpg

あ~、美味しかった~。
b0014576_16424548.jpg

もう飼育園館が少なくなったマサイキリン。
この食べ方、熊本出身の、今は亡きナナコもやっていたわ。
熊本スタイルだったのね。
b0014576_16425756.jpg

キリンには近寄れません。
b0014576_16430291.jpg

円山動物園出身のエランドのサンタ。
元気そう。くつろいでいますね。
b0014576_16432711.jpg

シフゾウのメイさん。
b0014576_16433151.jpg

メイさんの息子のチョッパー。
シフゾウは珍しい動物ですね。
b0014576_16433696.jpg

まだまだ園内工事中のところばかりで、全面開園はまだかかりそうですね。
b0014576_16460993.jpg

b0014576_16441357.jpg

b0014576_16441838.jpg

b0014576_16442520.jpg

b0014576_16443673.jpg

マレーグマのところには行けません。
ウメキチの弟フジとお嫁さんのマーネが暮らしています。
b0014576_16460095.jpg

園内、花がとてもきれいでした。
b0014576_16465756.jpg

b0014576_16470459.jpg

次はホッキョクグマのマルルです。

by hamhaha | 2018-05-13 00:01 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(2)

はじけるマルル

懸賞 2015年 11月 01日 懸賞

b0014576_00303393.jpg

10月24日 熊本市動植物園つづきです。

一度はじけたら元気に遊ぶマルルです。
上から見下ろす形の放飼場なので、キロルお兄ちゃんに似て見えますね。

高速背泳ぎです。
b0014576_18140023.jpg

バックドロップ(違)。
b0014576_18142093.jpg

この湯たんぽのメーカーはくまおもちゃを作ったら売れるかも。(一部のくまファンに)
b0014576_18143023.jpg

湯たんぽを設置。
b0014576_18143671.jpg

いくよ。
b0014576_18144150.jpg

湯たんぽを飛ばして
b0014576_18144489.jpg

自分も飛ぶ。
b0014576_18145196.jpg

そして切れる。(泣)
b0014576_18145489.jpg

そうれいっ。
b0014576_18145779.jpg

ブン。
b0014576_18150497.jpg

今度はラグビーか。(違)
b0014576_18150951.jpg

ボールを飛ばして
b0014576_18151251.jpg

飛ぶ。
b0014576_18151753.jpg

そして切れる。
b0014576_18152142.jpg

マルルは休みなく遊んでいました。
体調が悪いかもと心配しましたが、もしかして夜更かしして眠かったのかしら。

熊本は暑くて、わたくしが熱中症になるかもと辛くなってきました。
何度も言いますが、北海道民、軟弱です。(わたくしだけ?)

じゃあ、マルル、はむははおばさんはそろそろ行くから、
担当さんの言うことをよく聞いて、元気に暮らしてね。
また会おうね。

13時過ぎのバスで熊本市動植物園を後にしました。

by hamhaha | 2015-11-01 18:35 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(4)

眠たいマルル

懸賞 2015年 10月 31日 懸賞

円山動物園の「ウッチ―の死亡事案に係る改善計画に対する市民提案」を10月27日に提出しました。
とっ散らかっている提案かもしれないけれども、情熱だけは・・・。

b0014576_00024288.jpg

さて、遅くなりましたが、10月24日、熊本市動植物園の続きです。
マルルの写真がたくさんあって、なかなか選べませんでした。
そして、札幌と熊本の気温差にやられたのか、わたくしは寝てばかりいました。
体力がほしいわ~。

カメラが復活しましたが、マルルはエンジンがかからないままでした。
b0014576_00003176.jpg


まったり。
b0014576_00032318.jpg


まったり。
b0014576_00032755.jpg

まったり。
b0014576_00033450.jpg


まったり。
b0014576_00034466.jpg


常同行動もこの狭い台の上だけ。
b0014576_00040956.jpg

b0014576_00055607.jpg

あまりに動かないので、何処か体の具合が悪いのかと心配しましたが、
11時10分、マルルに突然スイッチが入りました。
b0014576_00034896.jpg

プールに飛び込んだのです。
突然のことに飛び込む瞬間はキャッチできず。

赤いボールを大切そうに抱えています。
b0014576_00071811.jpg

b0014576_00072396.jpg


魚のようにすいすい泳ぎます。
b0014576_00080921.jpg


なぜかくま心をつかむ円盤型の湯たんぽ。
b0014576_00081469.jpg


マルルも大切にしています。
b0014576_00082398.jpg


ざばーん。
b0014576_00085363.jpg


一人シンクロ。
b0014576_00132847.jpg
つづく。

by hamhaha | 2015-10-31 23:59 | 熊本市動植物園 | Trackback | Comments(4)