人気ブログランキング |

カテゴリ:たわごと( 334 )

懸賞 懸賞

釧路・帯広の旅

懸賞 2019年 05月 16日 懸賞

b0014576_23381001.jpg

14日、15日と釧路・帯広の旅に出ていました。
天気が、暖かかったり、寒かったり・・・。

森彦のコーヒーって、あのお店のですよね。
缶コーヒーになっているのを初めて見ました。

by hamhaha | 2019-05-16 23:42 | たわごと | Trackback | Comments(2)

中国テレビドラマいろいろ

懸賞 2019年 05月 14日 懸賞

ピリカのティッシュをやっとゲットできました。
b0014576_16454036.jpg
これでしばらく大丈夫。
よかった、よかった。


まだ中国語を勉強しています。
中国のテレビドラマを見ています。
去年もBS日テレでやっていた「蒼穹の昴」。
今年も放映していますので、また見ています。

他にはBS12トゥエルビで放映中の「花と将軍」を見ています。
どちらも歴史ものですが、時代が違います。
「蒼穹の昴」は清代。
「花と将軍」は宋代です。

「花と将軍」は去年放映していた「開封府~北宋を包む青い天~」と同じ仁宗の時代です。
とても強い女将軍と、ひ弱な皇族の郡王が結婚して・・・と言う話です。
オープニング映像で二人が見つめ合う場面が面白いです。
女将軍が夫を支えながら上から見つめ、
抱きとめられた夫の郡王が下から見上げているのです。
原題が「将軍在上我在下(将軍は上にいるわたしは下にいる)」
内容もコメディタッチで楽しいです。
ひ弱な郡王が次第にかっこよくなっていくのもいいですね。
鬼嫁の将軍が男女ともにモテモテで郡王が嫉妬するのも面白いです。
まわりに、いろいろ陰謀なもあるので、今後はどうなっていくのかしら。
「開封府~北宋を包む青い天~」にも出ていた范仲淹も出ていました。
当時の有名な政治家だったのですね。

他には唐代が舞台の「麗王別姫」も見ていましたが、
あまりわたくしにはあわないので、見るのはやめました。

歴史物はそれほど中国語の勉強にはなりませんね。
きらびやかな衣装や装飾、当時の風俗などが興味深いです。

台湾の現代恋愛ドラマも見ています。
BS11イレブンで放映中の「年下のオトコ」と「華麗なるスパイス」です。

青春恋愛ドラマはわたくしはあまり好きではありません。
でも、現代の日常会話の勉強になるので見ています。
歴史ものはゆっくり話しますが、現代ものだと早口ですね。
何度も聞き直してやっとわかります。
台湾と大陸では言葉が多少違うようですが、
このドラマで中国語を覚えると台湾風になってしまうのかしら。
イギリス英語とアメリカ英語を話す人たちが普通に話しているから
大陸の中国語と台湾の中国語もそのくらいのかんじなのかしら。
b0014576_16410880.jpg

by hamhaha | 2019-05-14 00:01 | たわごと | Trackback | Comments(2)

名物にうまいものあり

懸賞 2019年 05月 02日 懸賞

数日前、HTBの番組「おにぎりあたためますか」を見ていた時
北海道弁の話になりました。
「番兵」という言葉は北海道弁だったのですね。
「見張る」と言う意味で、
たとえば出先などで友達に「トイレ行ってくるから、荷物、番兵していてね」と言ったりします。
でも、最近、聞かないですね。
しつこく繰り返しますが、わたくしが一番好きな北海道弁は「じょっぴんかる(鍵をかける)」です。
日常では全く使いませんが。

令和になりましたね。
みなさん楽しまれているでしょうか。
昨日、スーパーに行ったら、これが売っていたので、うっかり買ってしまいました。
チョロイな、わたくし。
b0014576_12013015.jpg

GWはご旅行中の方々もいらっしゃるでしょう。

以前、「名古屋のいいところは?」と訊かれて
「名古屋いいよ~。(動物園もあるし)食べ物がおいしい~」と言い、
大阪に行くという方に「大阪大好き~。(動物園があるし)食べ物がおいしい~」と、言いました。

あれ? 同じセリフ?

というのも、日本は各地に名物の美味しいものがあります。
その土地土地のえりすぐりのおいしいものを一番美味しく食べる方法を実践しています。

名物にうまいものなしと言う言葉もあります。
わたくしも以前はそう思っていました。
でも、考えてみれば、「名物」はこの世の物とは思えないくらい美味しいらしいという情報を
あらかじめインプットされています。
そして、いよいよ「この世の物とは思えないくらい美味しいもの」を食べてみたら、
「あれ? この世のものだ」(あたりまえ)
と、思ってがっかりします。
あらかじめ自分でハードルをあげているのですね。
予断なしに食べると美味しいんですよ。

わたくしは以前、死ぬほどおいしいと言われていたカルピスバターを買って食べたとき、
「あれ? 死なない(あたりまえ)、普通」と思いました。
そのしばらくあと、またカルピスバターをたべたら、大変おいしかったです。
期待をしなければ、本当の味がわかるのですね。

以後、わたくしはフラットな気持ちで名物を食べることにしています。
そうすると、美味しいものがたくさんあると分かってとても楽しいです。

by hamhaha | 2019-05-02 13:21 | たわごと | Trackback | Comments(0)

神戸の食事と買い物 ふたたび

懸賞 2019年 04月 05日 懸賞

2月25日の旅の続きです。

王子動動物園を後にして、三宮に戻りました。
みたらし小餅とどらやきを購入。
b0014576_19441780.jpg

b0014576_19442480.jpg

b0014576_19442043.jpg
お茶を出して下さろうとしましたが、先を急いでいたので遠慮しました。
いいお店はお茶を出してくださるわよねぇ。田舎者であわただしくてごめんなさい。

次に向かったのは元町。19日にも行きましたので、戻ってきたわ~という感じです。
食事をしたかったのですが、中途半端な時間帯で、昼営業は終わり、夕方営業はまだという時間帯。
19日にチーズケーキを食べたお店でえびドリアを食べました。
米が食べたかったので。
えびがぷりぷりして美味しゅうございました。
b0014576_19440651.jpg

19日も見ましたが、「春夏秋冬」というパン屋さんに行列ができていました。
常に行列のようです。

お土産にチョコレートを買おうと思いました。
ポーム・ダムールというチョコがよいとのことでしたので、お店を探しました。
元町のこのへん・・・とうろうろしましたが、見つかりません。
ちょっと入ったところのビルの3階でした。
初めて行くのにはわかりづらいかも。
いろいろな種類のチョコレートがある一番館というお店でした。
無事、ポーム・ダムールを購入いたしました。
b0014576_19443573.jpg

リンゴにチョコをかけているものでした。
リンゴの歯触りとさわやかさがよく引き立つチョコレートで、美味しゅうございます。
また買おうと思いました。
b0014576_19443800.jpg

19日も買った揚げ物(ミンチカツ・エビカツ・コロッケ)をまた買い、
b0014576_19441411.jpg

コインロッカーから荷物を取ってポートライナーで神戸空港へ。
神戸空港ではいつもケーニヒスクローネのパイを買います。
b0014576_19442861.jpg

ポーム・ダムールも空港で売っていたわ。
元町のお店にはいろいろチョコがあり、楽しいですが、
時間がないときは空港でも買えるのはいいですね。

ああ~! 三宮で赤福を買うのを忘れた~。空港に売ってない~。
551蓬莱を買うのは、三宮であきらめていましたよ。
歩くのがつらかったので。
あれもこれも、次回、次回。

帰りのエアドゥで、気になっていたコーヒー羊羹といつもの馬油を買って
b0014576_19444062.jpg

新千歳空港に無事到着。
最後の力を振り絞って帰宅しました。
なんだろうこの苦行感。
自宅は地震の痕跡か、いくつか軽いものが落ちていましたが大事なかったです。
その夜は心置きなく爆睡。うちはいいなぁ。

この旅では、ポロロもユウキもハヤトも大切にしていただいていて、うれしく思いました。

マルルは・・・心配でたまりません・・・。
でも、円山動物園からも再発防止のための対策をお願いしたということですし、
他の方々のご尽力もあり、
今度こそ改善されると思います。
ご尽力いただいた方々に感謝いたします。

by hamhaha | 2019-04-05 00:01 | たわごと | Trackback | Comments(0)

新門司港から神戸港へ

懸賞 2019年 04月 01日 懸賞

b0014576_09594844.jpg

2月24日、続きです。
大牟田駅にたどり着いた後、西鉄の特急で福岡(天神)に向かいます。
余裕があればここで「福岡市動物園」か「太宰府天満宮」に行きたかったのですが、
疲れてヨレヨレなのでやめました。
旅はあと1日あります。余力を残さないと。

天神から博多に移動し、博多で食事をしました。
餃子定食。
また餃子を食べてしまったわ。
美味しゅうございました。
b0014576_09584918.jpg

博多からJRの快速で小倉に向かいます。
チロルチョコを買いました。
九州限定だそうです。「限定」に弱いわたくし。
b0014576_09595788.jpg

この夜も「寝ながら移動」です。
新門司港から神戸までフェリーです。
「♪長崎から船に乗って神戸に着いた~♪」という歌がありましたので
長崎から神戸までフェリーに乗れるのかと思いましたが、見当たらなかったので、新門司発にしました。
小倉駅に新門司港までの無料送迎バスが来ます。
他のフェリーの送迎バスも来るので間違いがないように運転手さんが声掛けしていました。

日曜日のダイヤは20:00新門司発で翌朝8:30神戸着。(平日のダイヤは違うようです)
距離が長いので松山・小倉よりも時間に余裕がありますね。
今回は個室です。
1等には個室がないのに2等指定Bという個室があるのですね。
1畳半くらいの個室にベッドと机っぽい台と荷物置きとハンガーなどコンパクトに収めています。
b0014576_09592429.jpg

とにかく個室がうれしいわ。部屋は鍵付きだし、コンセントもあるし。荷物も広げられるし。
b0014576_09593615.jpg

浴衣はついているけれども、タオルはついていないのね。
もちろんタオルもバスタオルも歯磨きセットも持ってきたから問題なし。(売店でも売っているし)
まず大浴場に行き、お風呂に入ります。
シャワーの水圧がすこし弱いけれども、ふつうの大浴場。ドライヤーもあって快適。

売店で買い物をしてしまったわ。
ホット&アイスのアイマスク。ホットでもアイスでも使えるなんて、すぐれものね。
b0014576_09590151.jpg

堅パンを見るとつい買ってしまうけれども、歯にはデンジャラスです。気を付けて食べましょう。
b0014576_09591146.jpg

ベッドの寝心地はよかったのですが、朝起きると首肩背中がバキバキでした。
どうしてかしら、枕かしら。
マッサージチェアを使いました。
100円で7.5分(何故中途半端)のを数回。
なんとか復活。

それにしても、フェリーは思ったより楽しかったです。
船酔いを心配しましたが、大半は寝ているし、平気でした。
またフェリーの旅をしたいわ。
「♪新門司から船に乗って神戸に着いた~♪」
b0014576_15544057.jpg

神戸港に着き、バスで阪神御影駅へ。
阪神御影駅から阪神三宮駅に向かいました。
コインロッカーに荷物を預け、三宮で朝食を取ってから阪急で王子公園に向かいます。
目的地は神戸市王子動物園です。

by hamhaha | 2019-04-01 00:01 | たわごと | Trackback | Comments(2)

熊本のおみやげ。大牟田へ

懸賞 2019年 03月 26日 懸賞

b0014576_11325614.jpg
トップは熊本駅のくまもん。

2月23日、熊本市動植物園を後にして、路面電車で熊本駅に向かいました。
途中、鶴屋で蜂楽饅頭を買いました。
名前通り、はちみつの味がしました。
b0014576_11330313.jpg

熊本駅でいつもの誉の陣太鼓、武者返し。
b0014576_11330865.jpg

いつもの風雅巻き。御飯の友。
b0014576_11331485.jpg

いつものドーナツ棒。
b0014576_11331990.jpg
朝も買ったけれども、長寿庵のいきなり団子も購入。

その日は熊本市内で宿が取れなかったので、JRの快速に1時間ほど乗り、大牟田に移動しました。
大牟田のホテルに着き、ホテルのコインランドリーで洗濯をしました。
大牟田泊。

次の日、お土産や不要になったものを宅急便で札幌に送り、少し身軽になりました。
あと一泊です。
大牟田駅のコインロッカーにトロリーバッグを預けて、観光案内の方に大牟田市動物園行きのバスを教えていただきました。
「歩いても行けますよ」とのことでしたが、もうね、旅も6日目、足ががくがくでちょっとでもバスに乗りたかったの。

教えていただいたバスに乗り、なんとか大牟田市動物園にたどり着きました。
b0014576_12040916.jpg

つづく。



by hamhaha | 2019-03-26 00:01 | たわごと | Trackback | Comments(0)

松山から九州へ

懸賞 2019年 03月 21日 懸賞

2月22日の続きです。
遅い昼食はとべ動物園のレストランで食べました。
ここのメニューは充実していますね。
メニューに「鯛めし」があったので頼みたかったのですが、その日はやっていないとのこと。
残念。
ミニからあげ丼とじゃこ天にしました。
美味しゅうございました。
b0014576_00092392.jpg

ゾウ一家を眺めながら食べることができて、いい場所です。

わたくしは消え物以外はなるべく買わないというゆるすぎる断捨離をしていますが、
マフラーを持ってこなかったので、とべ動物園でタオルマフラーを購入。
b0014576_00092812.jpg

しっぽつき。
今治タオルです。
b0014576_00093169.jpg

バスで松山市駅まで戻りました。
松山と言えば坊ちゃんだんごと
b0014576_00093462.jpg

タルト。
b0014576_00094350.jpg

b0014576_00095410.jpg

忘れずに購入しました。
さて、移動です。

この旅は移動距離が長いので、「寝ながら移動」を取り入れることにしました。
「寝ながら移動」で思いつくのは「深夜バス」と「寝台列車」ですね。
「寝台列車」はわたくしの旅のコースにはありませんでした。
「深夜バス」は横になることができないのでちょっと考えてしまいます。
ということで、フェリーで「寝ながら移動」をすることにしました。

愛媛の松山観光港から九州小倉港までのフェリーです。
夜21:55に松山観光港を出て、小倉港に翌朝5:00に着きます。
個室がいいなあと思いましたが、
個室にするには特等A室のシングルユースで2万円以上になるのであきらめました。
女性専用1等室6人部屋にしました。

フェリーには大浴場もありますが、すぐに寝たかったのでフェリー前にはお風呂を済ませました。
そのために、今回の旅には旅行用バスタオルとフェイスタオルを徳島のホテルに送って用意していました。
これらはフェリー前の銭湯で使いました。

ベッドは上段でしたが、セキュリティ的には上段のベッドのほうがいいですね。
コンセントがないといううわさでしたが、ちゃんと個別のコンセントがありました。
よかった、よかった。
旅に出るとスマホの充電がぐんぐんなくなるので、どうしても充電しなくてはなりません。
スマホとリチウムイオンバッテリーを充電しました。

浴衣とフェイスタオルと歯磨きセットもついていました。
ベッドの寝心地はよかったです。足が充分伸ばせるし、快適。
寝て起きたら小倉港です。
5:00九州上陸。
この旅で日本列島(北海道・本州・四国・九州)すべて(の一部)に行きましたよ。

降りる方々には金剛杖をお持ちの方も多かったですね。
お遍路さんに行ったのですね。
うらやましいわ。

小倉港からは徒歩15分でJR小倉駅だそうですが、
わたくしは5:30小倉港発の西鉄バスの高速バス「なかたに号」に乗って福岡・天神バスターミナルに向かいます。
天神バスターミナルに着くと、天神の地下街をてれてれ歩いて地下鉄天神駅に。
空港線に乗って博多にむかいます。
博多からは新幹線で熊本へ。
新幹線の中で朝食。んまい。
b0014576_00155020.jpg

b0014576_00155405.jpg

熊本駅で荷物をコインロッカーに預け、大好きな長寿庵のいきなり団子を購入してから
b0014576_00155806.jpg

路面電車で熊本市動植物園に向かいました。

つづく。

by hamhaha | 2019-03-21 00:01 | たわごと | Trackback | Comments(2)

神戸~大阪~徳島~愛媛~小倉・博多~熊本~大牟田~博多・小倉~神戸の旅

懸賞 2019年 02月 26日 懸賞

b0014576_08060492.jpg

2月19日から2月25日・昨日まで、旅に出ていました。
途中、北海道で地震があり、
石狩地方震度5と速報があったので、帰らなきゃ~とあわてましたが、
その後の報道でわたくしの家のあたりは震度3だったようなので旅をつづけました。
久しぶりの道外、久しぶりの長旅。(わたくし的には長旅)
よれよれになりながら昨夜何とか帰ってきました。
うちに帰るまでが遠足。無事帰宅しました。
自宅は地震の痕跡か、軽いものがいくつか落ちていました。

旅のルートは、
神戸どうぶつ王国→(南京町・元町)→大阪市美術館→天王寺動物園→とくしま動物園→とべ動物園→(小倉・博多)→熊本市動植物園→大牟田市動物園→(博多・小倉)→神戸市王子動物園→(元町)
です。

画像は神戸どうぶつ王国のレッサーパンダ・レモンくん。
この根性のすわった面構え、好きだわ~。ファンになりました。



by hamhaha | 2019-02-26 08:12 | たわごと | Trackback | Comments(2)

シン・ゴジラ

懸賞 2019年 02月 17日 懸賞

b0014576_22581334.jpg

「アンギャー!アンギャー!」


昨年テレビで「シン・ゴジラ」が放映されたのを録画しました。
面白くて、何度も見直しました。

東京湾に浮かぶ無人の船。
靴が揃えておいてあるところから、入水自殺したことを示唆しています。

アクアライン近くで地震があり、アクアラインにいた人々は徒歩で避難することになります。
SNSの時代ですから、ネットには避難の実況が多く投稿されます。
内閣はその対処を相談しますが、形式にとらわれていて、
「総理レクは先に結論ありきが規定路線」とか「(対策指示を)どこの役所に言っているんですか」とか
どうでもいいことにこだわります。
見ている方は「相手はゴジラだよ、そんなに悠長なことしている暇はないよ」とやきもきしますが
映画中の人々にはわかりません。
想定内の日常に落とし込もうとします。

やがて海中からしっぽが現れ、巨大未確認生物が川をさかのぼってきます。

政府はあわてます。
角付き合って小田原評定。なかなか議論が進みません。
自衛隊を出動させるにしても、どういう名目で出動させるかという
またもどうでもいいことに時間を費やします。
この会議のどうでもよさ加減がいかにも日本っぽくて、リアリティがありますね。

自衛隊出動は内閣にとって慎重にしなければならない案件です。
首相は意を決してゴジラを攻撃させることにしますが、
寸前で、手前に老人を背負った逃げ遅れた市民がいたので、攻撃を中止します。
自衛隊はどんなときにも国民を攻撃してはならないのです。

最初は形式にとらわれて右往左往していた政府ですが、
どんどん研ぎ澄まされてきてゴジラから日本を守るという目的に突き進んでいきます。

アメリカは 実はゴジラの存在を知っていました。
ゴジラ研究者の牧教授は、自分の出身地・大戸島の伝説の「呉爾羅」からこの未確認巨大生物に「ゴジラ」という名前を付けていたのです。
妻を放射性物質で失った牧教授は、ゴジラの研究をわざと不完全な形で残して失踪します。
冒頭で入水自殺をしたらしい人物はこの牧教授なのです。
ゴジラは生き延びた古代生物ですが、過去の各国の放射性物質の海洋投棄で
その放射能を体内に取り込むことで生き延びる生物に進化しました。

その情報を日本にもたらしたのは、アメリカ政府のカヨコ・アン・パターソン。
母方の祖母が広島で被爆した、日本人の血を引く女性。
パターソン家はアメリカ政界の名門。
ケネディ家のようなものかしら?

未確認巨大生物は東京で暴れまくり、東京湾に一度去りますが、またやってきます。
この間もどんどん進化していって体の大きさも形態も変わっていきます。
今回は自衛隊も容赦なくゴジラを攻撃しますが、
歯が立たないばかりか、ゴジラの発する熱線で壊滅状態になります。
首相や主要閣僚が乗ったヘリコプターも、ゴジラが無差別に発射した熱線にたまたまあたってしまって、あっさり撃ち落されてしまうのよ。
あっさり過ぎるわ。
ハリウッド映画ならアメリカ大統領は最後まで生きていて
最後に瓦礫を前に演説したりするのにね。
日本の首相の扱いはひどすぎるわねぇ。
ただ、ゴジラにとっては首相だろうがなんだろうが関係ないので、リアル感が増しますね。
あのかっこいい防衛大臣も一緒に命を落とします。
彼女だけでも残してほしかったわ。(個人の感想です)

主要閣僚が失われて、派閥の順送りで農政大臣になった里見氏が
たまたま外遊していて存命だったので首相代理になります。
だれも期待していない首相。
本人も最初は自信もなくてやる気もなかったのですが
最後はさすが首相と言う感じでかっこよかったわ。
立場が人を作るというのはこのことですね。

エネルギー切れで活動停止したゴジラが
再び放射能をため込んで活動するまで二週間ほどと算出され、
国連安保理はゴジラに核攻撃するを決議します。
いくら映画だと言っても、これはきついわ・・・。
「これがニューヨークであったとしても、国連安保理は同様の決議をするそうです」
うそつけ~!

東京都民は360万人もの人が違う地域に避難します。バスで船で自衛隊機で。
それでも、2/3以上の都民は東京に残っている計算よね。
西日本の土地は高騰します。
北海道にもおいでよ。北海道は日本の1/5もあるのよ~。

ゴジラの血液を凝固させることでゴジラを倒すことを考えた日本側。
日本中のこの凝固剤を作れるプラントにフル回転で作ってもらい、
国連安保理の核攻撃予定も遅らせるよう手を尽くします。

ゴジラの熱線を使い果たさせるために無人の攻撃機がバンバンゴジラを攻撃して
熱線の無駄遣いをさせます。
熱線が尽きたと思ったら、近くのビルを爆破してゴジラの上に倒壊させ、
ゴジラを横たわらせます。

ゴジラ攻撃に使われるのが電車。
まず無人新幹線爆弾がゴジラを攻撃し、
そのあとで無人在来線爆弾が攻撃するというシーンがありまして、
わざわざ電車を爆弾にする必要はないとは思うのですが
きっと鉄道オタクは喜んだろうなぁと思いましたよ。
倒れたゴジラに血液凝固剤を経口投与するときです。
コマツのホイールローダーが走って行ったわよ。
なにするのかしらね。
これもマニア向けかしらね。
ポンプ車も走って行ったわ。
ポンプ車の本来の使い方は生コンを遠くに打つものだけれども、
ゴジラに血液凝固剤を投入するのにつかわれていましたよ。

血液凝固剤を口から投与していましたがね、
血管注射しないと、血液凝固しないんじゃないの~?
などと、思いつつ見ていましたが、
めでたくゴジラは凝固しました。

要所要所で「ゴジラ」の音楽が使われているのがいいですね。
ゴジラを攻撃する場面で使われたゴジラの曲(マーチ)。
ああ、ゴジラだなぁとしみじみ思いました。
自衛隊に演奏してもらいたいわ~。

とにかく日本を助けるのだと一丸となっていく様子が素晴らしく、
お茶を淹れてくれるおばさんまで決意に満ちていてかっこよかったです。
ヤシオリ作戦ですって。
エヴァンゲリオンの「ヤシマ作戦」を思い出させるためのネーミングよね。

経済的損失とか、株価暴落とか
ゴジラのコントロール権とか、各国の思惑とか
ゴジラによる東京の放射能汚染とその除染など
いままでゴジラ映画で言及されなかったことも出てきてリアルですね。

モニュメントのように東京にそそり立つゴジラ。
日本はゴジラさえも取り込んで再建していくのか。

とても日本的な映画でした。
てとも面白うございました。

追記
書き忘れていたわ。
市川実日子氏が存在感があって最高でした。
「三度目の殺人」も「DESTINY 鎌倉ものがたり」もとても素敵です。

by hamhaha | 2019-02-17 11:32 | たわごと | Trackback | Comments(2)

江戸あばんぎゃるど

懸賞 2019年 01月 29日 懸賞

b0014576_18563889.jpg

NHKの「江戸あばんきゃるど」という番組を見ました。
アメリカに渡った江戸時代の絵画についての考察です。
アメリカ各美術館にある日本の江戸時代の美術品は10万点とも言われています。
国宝レベルの美術品が多く海を渡っています。

アメリカに日本の美術品が渡ったのは
明治期、西洋の物の考え方が入ってきて、日本美術に自信を失った時代。
次は第二次世界大戦後、経済的に困窮しで手放された日本の美術品。
アメリカ各地の美術館に収蔵されている日本絵画の傑作の数々。
テレビの画面から見ても、いい絵だなぁと思う絵がたくさんアメリカに行ってますね。
うわぁ、この円山応挙の鯉、いいなぁ。個人所有なの・・・。

動物や植物を描いた絵が多く紹介されていました。
遠近法を無視した、視点もどこなのかわからない絵画はアメリカ人には衝撃のようでした。
円山応挙の鳥図屏風(これは日本にあるようです)。
「(地面を省略しているから)宙に浮いているんですよね」というアメリカ人。
日本人のわたくしには宙に浮いているとは見えないのですが、
アメリカ人にはガッツリ地面が描いていない絵は違和感があるようですね。
日本の絵には「余白」と「省略」が多用されていますが
その当時の西洋美術は空間恐怖症かと思えるほどこまごまと描きこんでいますよね。
日本の研究者がいいます。
「西洋の絵は基本的に人間の目から見た自然を描いていますが、
日本の絵の考え方は人間は自然の一部であり、神の目で見た自然を描こうとしている」
「見えているものをそのまま再現するのだったら、絵なんか描く必要なんかない」
アメリカ人、驚愕。
そうよねぇ。

「江戸の絵画の動物たちは表情豊かで、魂があります。
西洋では動物には魂がないとされていますので、西洋の絵の動物は精密だが解剖図的です」
そうですね、キリスト教では一番偉いのが神様、次が人間、人間は動物たちを管理、支配する、動物たちより偉い存在です。

欧米の動物園でも、「彼の尊厳を守るため」とかいうわけのわからない理由で簡単に動物を安楽死させてしまうのは、人間は動物を命を支配する立場であるという考えが根本にあります。

たとえば日本犬は、飼い主との結びつきが強く、盲導犬などの使役犬には向かないそうです。
洋犬は徹底的に支配されてきた犬種なので、人間に頼る気持ちが強く、使役犬に向くそうです。

仏教にはこういう話があります。
仏陀の前世の王が鷹に追われて王の懐に逃げてきた鳩を保護したところ、
鷹がそれは自分の獲物だから返すように王に言います。
王が自分に保護を求めてきた鳩を渡すわけにはいかないというと
鷹は自分の子供がお腹を空かせて死んでもいいのかと迫ります。
王は鳩と同じ重さの自分の肉を鷹に与えると天秤ばかりを持って来させ、
鳩を天秤の片方に乗せてもう片方に切り取った自分の肉を乗せます。
ところが、どれほど肉を乗せても鳩のほうが重いのです。
アッと気づいた王は自ら天秤に乗ります。
そうすると天秤が釣り合ったのです。
王の命も鳩の命も同じ価値だというお話です。

アジアでは、仏陀の前世がお腹を空かせたトラにわが身を与えたりするのです。
仏教では命の重さは人間も動物も変わりません。

話がそれてしまったわ。
だから、江戸の絵師たちが描いた動物はそれぞれ表情と個性があるのです。

屏風は美術館でトップからライトを当てられて見るより、
畳の部屋に置いて、外の自然光で座ってみると畳に反射した光が当たって映えるそうです。
そうか~、それは考えたことがなかったわ。
屏風は家具ですからね。

大変面白い番組でしたが、
あんなにも素晴らしい日本の美術品がたくさんアメリカにあるのですねぇ。
わたくしはアメリカはちょっと行けないわねぇ。

画像は熊本市動植物園の鶏「天草大王」(だったかしら)

by hamhaha | 2019-01-29 19:01 | たわごと | Trackback | Comments(0)